沖縄復興開発金融公庫から出た「新型コロナウイルス感染症特別貸付」とは?

最近の話題と言えば、もっぱら「新型コロナウイルス」のことばかり。
外出を自粛するように要請を受けたり、海外からの入国が規制されたりと、観光都市沖縄が被る被害は、かなり大きいものとなっています。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業所に向けて、政府は様々な補助金や助成金、融資対策を講じていますので、ぜひ申請できるものは活用していきましょう。

そんな今回は、沖縄起業ショップにもちょこちょこお問い合わせ頂く、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」についてご紹介いたします。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」とは金利0%(実質3年間)で融資を受けられる制度


写真:沖縄復興開発金融公庫HPより

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」とは、日本政策金融公庫(沖縄は沖縄復興開発金融公庫)による融資制度のことです。
条件等はもちろんありますが、簡単に説明しますと・・・

新型コロナウイルス感染症の影響で来客が激減した店舗や、営業そのものが停止している事業者などは、実質3年間、金利0%で融資が受けられますよ!という内容です。

フリーランスも対象で、信用力や担保に関わらず活用できるという点が、この特別貸付の特徴となっています。
概要はこんな感じです。

参照:経済産業省 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ

融資対象者は・・・?

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的に業況が悪化している、そして次のいずれかに該当する方。

最近1ヶ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少した方
・・・これは多分、沖縄の多くの事業主が当てはまると思います。

業歴3ヶ月以上1年1ヶ月未満の場合等は、最近1ヶ月の売上高が、次のいずれかと比較して5%以上減少している方
a 過去3ヶ月(最近1ヶ月を含む。)の平均売上高
b 令和元年12月の売上高
c 令和元年10月~12月の売上高平均額

・・・起業したばかりの方は、残念ながら対象外となりますのでご注意ください。
その代わり、沖縄創業者等支援貸付など、お客さまに応じたご融資制度をご案内しています。

ただし、しつこいようですが、この融資はフリーランスを含む個人事業主も対象としていますので、まずは相談してみる価値はありますよ!

資金使途は・・・?

運転資金、設備資金

貸付期間は・・・?

設備20年以内、運転15年以内
(うち据置期間5年以内)

融資限度額(別額)は・・・?

中小企業3億円、国民事業6,000万円

担保は・・・?

無担保

金利は・・・?

当初3年間:基準利率-0.9%
3年経過後:基準利率
※一部の対象者については、基準利率-0.9%の部分に対して別途決定される実施機関から利子補給が実施され、当初3年間が実質無利子となる予定

申込期限は・・・?

申込期限なし
※十分な融資規模に対応できる予算が手当てされているため、申込受付枠もなし

お問い合わせ先は・・・?

沖縄復興開発金融公庫

沖縄起業ショップは補助金などの無料相談・コスト削減・集客などで皆様をサポート!


多くのイベントを中止に陥らせたばかりか、2020年のビッグイベントである東京オリンピックすら延期にさせた、厄介な新型コロナウイルス。

今、私たちができることとすれば、感染を予防するための行動はもちろん、この困難を乗り越えるための様々な情報を仕入れること。

資金面では、申請できるものは活用し、実践できるコスト削減はすぐにでも行っていくことだと思います。

そのために沖縄起業ショップでは、沖縄に特化した補助金や助成金情報の発信、専門家とオンラインで無料相談ができる場の提供、そして、コスト削減や集客につながる様々な商材のご提案を行います。

特に補助金の窓口というサービスは、起業チョイスの記事を見てお問い合わせされる方が増えてきました。

皆様が抱える資金面での不安や、補助金、助成金申請にまつわるお悩みは、どうぞお気軽にご相談ください。
まずは相談の予約をお取りいただくと、スムーズにご案内ができますよ。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

 

◆◇各SNSも随時更新中です◆◇