多忙で救急搬送された過去から、人生に後悔したくないと思い起業。Salon de Charme・小橋川社長の起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第50弾。今回は、Salon de Charmeの小橋川社長をご紹介します。

フェイシャルケアやボディケアをはじめ、食事や運動などのセルフケアアドバイスまで心身ともに健康的に美しくなるためのトータルサポートを提供しているSalon de Charme。

ご自身が身体を壊されたことで事業を始められたという小橋川社長に、どのような経緯で起業に至ったのか、またどのような姿勢で事業に取り組まれているのかについて伺ってきました。

仕事で身体を壊して救急搬送、後悔しないように生きようと思った

取材班:まずは起業したきっかけから伺ってもよろしいでしょうか?

小橋川社長:もともと美容が好きで美容業界で働いていたんですが、実は子育てのこともあって一度は諦めていました。
そこから事務職を8年ほどやっていたんですが、ストレスで体調を崩してしまって2、3ヶ月家から出られなくなっていたことがあったんですね。

そんな時に母からの勧めでジムに通い始めたんですが、トレーニングをして自分の身体が変わっていくのを見て「やっぱり好きな美容をやりたい」と思ったのがきっかけです。

取材班:なるほど、それは大変でしたね…。そう思われてから起業されるまではどれくらいの期間準備されたんでしょうか?

小橋川社長:思い立ってから起業までは1ヶ月くらいでしたね。その時に改めて技術を本格的に学びたいと考えて、勉強のために東京や大阪に飛び回っていました。

取材班:1ヶ月ですか!?起業するとなると普通どうしても覚悟や勇気が必要になってくると思うんですが、それを乗り越える決断力はどのように身に付くんでしょうか?

小橋川社長:やっぱり健康ですね。私の場合は心と身体の健康を優先した時に「やりたい仕事をやろう」「後悔しないように生きよう」と思えました。

コロナの影響は大きいが、お客さんの戻ってくる場所を確保するために

取材班:実際に起業されてから大変だったことはありましたか?

小橋川社長:やはりコロナウイルスの影響は大きいので、今が一番大変かもしれないですね。
自粛期間中に実際にお店を閉めておく必要があったり、お客さんも外出を控えないといけないのでキャンセルになったりということがあって、単純に客足が減ってしまったということはあります。

取材班:コロナの影響はどうしても大きいですよね。その事態には今どのようにご対応されていますか?

小橋川社長:コロナ禍でもお客さんとの連絡は密に行ったり、SNSなどで常にお客さんに向けて発信してお客さんの戻ってこられる場所を確保しているということはあります。
うちの場合はオープン当初から通い続けてくれているお客さんも多かったりするんですが、そうして続けていることもあってかお客さんからも「コロナが落ち着いたら必ず行きます!」と言って頂けているので、特別何か対応したという感じではないですね。

健康的な美しさを提供するために

取材班:御社のコンセプトや大切にしていることがあれば伺ってよろしいでしょうか?

小橋川社長:エステティシャンの出来ることは美しくなりたい方に対して専門知識や近道を教えてあげることだと思っているので、お客さんに対して正直であることは大切にしていますね。
うちは紹介が主なんですが、お客さんに誠実に向き合っているので皆さんご家族など本当に大切な方をご紹介してくださいます。中には3世代で通って下さるご家庭もあったり。
例えば女性だとブライダルから妊活、出産後のダイエットまで、人生に寄り添っていくことができるのでそこも良いなと感じていますね。

取材班:素敵ですね!具体的に接客で気を付けられていることなどはありますか?

小橋川社長:サプリメントに頼ったりコースに当てはめたりするのではなくて、お客さん一人一人のその時の状態に合わせた施術を行ったり、健康的な美しさを提供できるように心掛けています。お客さんの中には他所で無理なダイエットを行って健康に支障をきたしてしまった方もいらっしゃるので、正しく美しくなる知識をお伝えしていくようにしています。

取材班:なるほど…先ほど起業のきっかけで一度体調を崩されたというお話がありましたが、そういった経験も含めて「健康的な美しさ」というところに辿り着いたという感じでしょうか?

小橋川社長:そうですね。それを提供していく上でもエステティシャンが健康的な美しさを体現できていないと説得力が無いので、私自身も食事と身体作りは徹底しています。そうやって自分自身で体現しながら、SNSでも普段の食事を毎日発信したりして皆さんが健康的な美しさを得るためのサポートを行うように努めています。

取材班:施術してくれる方が体現されていると説得力が違いますよね!お客さんに対して正直にというお話でしたが、結構厳しいこともお伝えしている感じなんでしょうか…?

小橋川社長:厳しいと言われることもありますが、お客さんに言うために自分は10倍でも20倍でもやりますね。やってない人に言われたくないと思うので、そこは徹底してやろうと思っています。

取材班:ストイックですね…!ただお客さんと正直な関係でいられることで、接客を行っていく上でも良好な環境を築けますよね。リピーターの方が多いというのも納得です。

小橋川社長:お客さんとは本当に良い関係が築けていると思いますね。
お客さんの中には看護師の方も多いんですが、コロナの状況を考えて自主的に来店を遠慮してくださったり。私としてはぜひ来て欲しいと思うんですが、そういった気遣いをしていただけるのも本当にありがたいですよね。

綺麗になるための正しい知識を伝えていきたい

取材班:今後のビジョンについても伺っていきたいと思うのですが、例えば事業拡大など何かご予定はございますか?

小橋川社長:よく聞かれるんですが、あまり拡大は考えてないんですよね(笑)
事業を大きくしたいというよりは、今いるお客さんのお子さんやお孫さんまで関われるようにしたいですね。
大学生から通い始めたお客さんから「老後までお願いします」と言っていただけたりするので、できる限り現場で皆さんが健康的に美しくなれるお手伝いができればと考えています。

取材班:今いらっしゃるお客様とその身近な方々をより大切にされていきたいという事ですね。素敵です。

小橋川社長:そうですね。そのためにも「綺麗になるための正しい知識」を伝えていきたいと考えています。すでにSNSなどで発信している部分もありますが、睡眠や食事や運動などの基本的なことがどれだけ大切かということをもっと伝えていきたいと思っていますね。
やっぱり楽して綺麗になるということはできないので。

取材班:小橋川社長ご自身が実践されていることでもあって、とても説得力があります…!そのために従業員を増やしたりというお考えはありますか?

小橋川社長:視野には入れていますが、人材育成はとても難しいと思っているのでそこは課題でもありますね。この仕事は自分自身が心身ともに健康である必要があると思っているんですが、従業員のことまで抱えるとなると中々難しいんですよね。

お客さん一人一人のその時々で最適な施術に努めているのでマニュアル化することも難しいですし、人員に関しては今のところ良いタイミングで良い人がいればという感じですね。

自分の心と身体の声に正直に、楽しいことを選ぶこと

取材班:最後に起業したい方へ向けてメッセージをお願いします。

小橋川社長:自分の心と身体の声に正直に生きることですね!
思考は現実化するなんて言いますが、実際に嫌だと思いながら仕事をすれば嫌なことしか起きないと思いますし、楽しいと思いながらやっていれば楽しいことしか起きないと思います。
なのでやっぱり健やかなのが第一ですし、一度きりの人生なので楽しいことを選んでやった方が良いと思います。

取材班:「自分の心と身体に正直に」、私も肝に銘じておこうと思います…!小橋川社長、本日はお忙しい中素敵なお話をありがとうございました。

Salon de Charmeの情報はこちら

「お客さんに健康的に美しくなって欲しい」と、しきりにお話されていた小橋川社長。
健康的な美しさをご自身で体現されながら、事業拡大よりも顧客にとって良いものを徹底的に追求するなど、何事にもストイックな姿勢が印象的でした。

そんな小橋川社長から健康的に美しくなるサポートを直接受けられるSalon de Charme様の事業所情報は、下記よりご確認いただけます。

事業所名 Salon de Charme
アクセス
住所 〒901-2122
沖縄県浦添市勢理客2-15-24
電話番号 098-876-6733
公式Instagram https://instagram.com/okinawa.salon.charme?igshid=2yls635mc3ca

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら