経営者になって母に楽をさせてあげたかった。株式会社レベルオキナワ・奥村社長の起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第101弾。今回は、株式会社レベルオキナワの奥村社長をご紹介します。

不動産売買や住宅リフォーム、リノベーションなどを中心に、店舗やオフィスの内装工事、デジタル化推進サポート、カフェバーやミュージックバーなどの飲食店経営まで幅広く事業を展開する株式会社レベルオキナワ。

これから日本全土、世界に誇れるような沖縄を代表する企業になっていきたいという奥村社長に起業のきっかけから今後のビジョン、起業したい方へのメッセージまで伺ってきました。

母に楽をさせてあげたいという想いから起業した

取材班:まずは起業したきっかけから伺ってもよろしいでしょうか?

奥村社長:経営者になってお金を稼いで、母に楽をさせてあげたかったのがきっかけです。
もともと大阪で生まれ育ったのですが、私が中学生の時に両親が離婚しまして母と妹2人で母の故郷である沖縄に引っ越してきました。

ただ沖縄に来てからは母が昼も夜も働いているような状態で…。それを見て色々と感じる事があり、経営者になってお金をたくさん稼ぎ、近い将来母の面倒を見てあげれるようになろうと決めました。

取材班:きっかけはご家族のためだったのですね。では、割と早い段階で起業されたのでしょうか?

奥村社長:起業するためにもお金が必要だと思い、まずは愛知県の自動車工場で2年間ほど勤めました。
その後、10代の頃にお世話になっていた先輩の紹介で外装塗装や防水加工の会社に勤めて。その経験がリフォーム事業を始めるきっかけとなりました。

取材班:そこが現在の事業のルーツなのですね。レベルオキナワ様は内装工事などの他に飲食業も手掛けられているかと思うのですが、そちらについてはどのような経緯で始められましたか?

奥村社長:今思えば安易な考えでお恥ずかしいですが、店舗内装工事は実績がない中、店舗内装工事をどんどんやっていきたいと思った時に自分たちで店舗を作ればモデルルーム的な活用も可能だし一石二鳥だと考えました。

取材班:なるほど!飲食業もやりつつ店舗内装工事の宣伝にもなるということですね。実際に集客はどのように進められましたか?

奥村社長:人との繋がりが少ないと軌道に乗らないと考えていたので、人の繋がりをつくったりする為にイベント業を数年やり集客のノウハウを学びました。
イベント業を経て飲食店を出店した後、それまで個人事業主として3年間行っていた事業を法人化して、1つにしたという感じになります。

取材班:本当にいろいろな事業を手掛けられていますよね。改めて現在の事業内容について伺ってもよろしいでしょうか?

奥村社長:当初はリフォーム事業部と飲食事業部、そして不動産事業部を1つの会社で行っていたんですが、それらがある程度の規模になってきたタイミングで事業部ごとに分社化しました。
現在は株式会社レベルオキナワを親会社とし、飲食業を株式会社RL、不動産業を株式会社オキスマで行っています。

取材班:リフォーム業と飲食業については先ほどもお話に出ていましたね!不動産業はどのようなきっかけで始められましたか?

奥村社長:飲食店を出店し店舗内装の受注も段々と増えてきて数年たち、逆に住宅リフォームの比重が減ってきていました。住宅リフォームももっと受注したいなというところから考え、中古住宅再販、住宅リノベーションを専門とした不動産事業を立ち上げました。

取材班:不動産業の内容についても少し伺ってよろしいでしょうか?

奥村社長:オキスマはよくある不動産とは少し違っていて、中古住宅再販や売買仲介をメインに住宅リフォームやリノベーション専門店です。
築20年~35年くらいの中古の戸建てやマンションを中心にリノベーションした後に販売したり、リフォームの提案を混ぜながら幅広い中古物件の売買仲介をしたりしています。

日本全土、世界に誇れるような沖縄を代表する企業を目指して

取材班:様々な事業を手掛ける株式会社レベルオキナワ様ですが、どのようなコンセプトを掲げているのでしょう?

奥村社長:「レベルグループが沖縄の老若男女の皆様に愛されることを第一に考えながらも、私たちを見て仕事に夢中になって生き生きできるような沖縄の若者が増えて欲しい」というのがグループとしての理念としてあります。

取材班:自分達の働き方を見て楽しく働ける若い人が増えると嬉しいですよね!社員の方々にもそういった想いを伝えられていますか?

奥村社長:数年前から社内でも、毎年総会を年末に行っていてそこで伝えたり、企業理念などが掲載された会社のガイドブックも配布しています。
私は沖縄が大好きで感謝していますので、地域に根ざした事業活動を中心として、日本全土や世界に誇れる沖縄を代表する企業になる為に今後もやっていこうという思いも社員の皆様にも日々伝えています。

若さゆえに認めてもらえないと感じることもあった

取材班:起業後、大変だった出来事についてもお伺いしたいです。

奥村社長:結局どのフェーズになっても大変なことはゼロにはならないですし、基本的に大変な事があるのは経営していると当たり前でそれが普通だと思っています。
ただ強いて言えば、初めの頃は若いということで中々認めて貰えないなと思ったことはありましたね。

取材班:若くして起業すると、どうしても難しいところがあるのかもしれませんね…。

奥村社長:しかしそれも今振り返るとすごく他責な考えで間違っていました。ただの実力不足でした。

取材班:なるほど、奥村社長は他責になさらないところが素晴らしいですね!
続いて、何か御社独自の取り組みや福利厚生、面白い制度がありましたら教えて下さい。

奥村社長:提携している美容院で社員は髪切り放題です。それは珍しいかもしれません。

取材班:え!それは男性も女性も嬉しい制度ですね。

奥村社長:やはり清潔感は大事なので。私自身も2週間に1回髪を切るようにしています。
なので社員にも手軽に身だしなみを整えられるよう、こうした制度を取り入れています。

取材班:確かに見た目は大事だと思います。皆さんの利用率はいかがですか?

奥村社長:利用している人は私と同じように2週間に1回程度通っているようです。伸びたら切るのではなくメンテナンス感覚ですね。

DXを推進しながらいろんな事業にチャレンジしていきたい

取材班:今後の事業展開やビジョンについてはいかがでしょうか?

奥村社長:既存事業を軸としてやっていきながら、時代の流れに目を向けてDXやIT化を推進していきたいと考えています。
今私たちは時代の変化の最中にいると思うので、そこには常に柔軟に対応しつつ、デジタルを活用することで、日本全土や世界へ出て勝負できる可能性も十分広がっていくと思っています。

取材班:仰る通り、デジタル化はこれからますます必要になっていくと思います。事業自体幅を広げたりといったお考えはありますか?

奥村社長:可能性があり既存事業に相乗効果があるものはどんどん挑戦していきたいです。人の為になった対価としてお金をいただいていると思っているので、誰かの為になる仕事であればどうしてもやりたくない分野以外はどんどんやりたいなと思いますね。

失敗しても死ぬわけじゃない!やりたいなら挑戦するべき!

取材班:最後に起業したい方へのメッセージをお願いします。

奥村社長:やってみて経験してみないと分からないことが大半だと思います。やりたいのであればどんどん挑戦してやってみるべきだと思います。
日本はとても環境的に恵まれていると思います。企業で失敗しても命をおとすわけではありませんし、自身で責任を取れる範囲であれば挑戦していくべきだと思います。

取材班:奥村社長は起業に関して割とスムーズだったと感じていますか?

奥村社長:私ももちろん大変な時もありましたし、今でもありますが、仲間にも恵まれどうにかやり続ける事ができています。
失敗してやめた事業もありましたが、それでも挑戦は続けています。先が見えない時や心が折れそうな事もありましたが走り続けることでまた道が開けて、分かってくることやチャンスを掴めることもありました。

取材班:やってみて初めて分かることはたくさんありますよね。逃げ出したいと思ったことはありませんでしたか?

奥村社長:最初から覚悟を決めてやっているので逃げ出したいと思ったことはないです。
ただ根性論だけではどうにもならないところもあるので、しんどい時は正直に周りの人に相談できた方が良いと思います。

取材班:周りの方々の力はやはり大事ですよね。

奥村社長:本当に周りに恵まれてきましたので感謝です。たとえ失敗したり信頼を失ったりしたとしても、誠心誠意謝ったりその後の行動次第で十分取り返すことはいつでもできますよ。

特に若い人は経験は少ないかもしれませんが挑戦しやすいという優位性を使ってとにかく行動して欲しいですね。

取材班:失敗を恐れずに挑戦するということですね。奥村社長、本日は貴重なお話をありがとうございました。

株式会社レベルオキナワの情報はこちら

「失敗しても死ぬわけではないし挑戦することが大事」と語る奥村社長。

世界に誇れるような企業を目指して失敗を恐れずに走り続ける姿からは、起業家としての精神力と行動力を感じました。

そんな奥村社長が代表を務める株式会社レベルオキナワ様の事業所情報は下記よりご確認いただけます。

事業所名 株式会社レベルオキナワ
アクセス
住所 〒902-0077
沖縄県那覇市長田1-23-1
電話番号 098-987-6534
公式HP https://www.rebel-okinawa.com/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら