ママさんが本当に来院しやすい整骨院として、確かな技術を提供したい。ひかり整骨院・湧川社長の起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第106弾。今回は、豊見城市にあるひかり整骨院の湧川洋邦社長をご紹介します。

患部の痛みを緩和させる施術はもちろん、体を支える骨格や筋肉のバランス矯正など、痛みの根本を取り除くことに尽力されているひかり整骨院。

ママさんをはじめ、体の不調に悩む方を助けたいと語る湧川社長へ、どのようにこの事業を始められたのかを伺ってきました。

親の背中が起業のきっかけ。18歳で整骨業界に

取材班:早速ですが、湧川社長が起業されたきっかけから教えていただけますか?

湧川社長:僕が整骨業界に入ったのは18歳の時になります。高校卒業後、福岡にある整骨の専門学校に入学しました。
その当時から、実はざっくりと起業して社長になりたいという考えを持っていたんです。
どの業種で起業しようかは特に決めてはいなかったのですが…。

取材班:そうなのですね。起業したいと思われていたのには何かきっかけがあったのでしょうか。

湧川社長:僕の親が自営業をしていたので、その影響も大きかったと思います。専門学校に入学した後は、3年目で国家資格も取得しました。
本当は国家資格を取得した後でないと整骨院では働けないのですが、特別に専門1年生の時から修行として整骨院で働かせてもらっていて。卒業後は正式に整骨院に就職しました。

当時は整骨業界への志が決して高いわけではなかったのですが、働くうちに整骨院を開業したいという強い気持ちが生まれましたね。

取材班:社長になりたいという想いがあったのは、ご家族の影響もあったのですね!

「丁稚奉公」1か月で給料7万円の下積み期間でも楽しく仕事ができた

取材班:湧川社長が起業されてから、今までで一番大変だった出来事を教えていただけますか?

湧川社長:起業に対して、大変だったことは特にないですね。強いて言うなら専門学校時代かもしれません。
専門学校の時に修行していた整骨院では、いわゆる丁稚奉公だったので、どれだけ働いても給料が7万円だったんですよ。

取材班:7万円ですか!

湧川社長:そうですよ。1か月で280時間程働いていましたが、それでも給料は7万円でした。
交通費はもちろん、保証や保険も何もありません。それでも国家資格を取るまでの3年間、給料7万円でなんとか頑張りました(笑)

取材班:とても大変なご経験をされてこられたのですね…。

湧川社長:でも、実は僕自身そんなに大変だったとは思っていなくて、むしろ楽しんで仕事をしていました。本当に辛かったら、整骨業界に入ることもなかったと思います。
福岡で8年程そのまま働いた後、故郷である沖縄で仕事をしたいという思いがあったので、2015年に結婚を機に帰ってきました。

取材班:素晴らしいですね!お金よりもやりがいや楽しさが勝っていたんでしょうね。

県外にいたからこそ感じる沖縄とのギャップ

取材班:起業に関しては特に大変な思いはなかったということですが、何かやりづらさなどを感じた出来事はありませんでしたか?

湧川社長:強いて言えば、沖縄に帰ってきた時に、何とも言えない違和感を覚えましたね。

取材班:違和感ですか?

湧川社長:ずっと県外で働いていたので感覚が少し変わってしまっていて、沖縄にいる人たちと仕事やお金に対する捉え方にギャップを感じるようになってしまったんです。
ちょっとした文化の違い、カルチャーショックのような…。

このままの状態で起業してしまったら、もしかするとすごく中途半端で終わってしまうのではないかと思いました。
なので、まず最初は新都心で3年間雇われ店長として経験を積むことにしたんです。

取材班:確かに、県ごとに考え方や雰囲気もかなり違いますからね。

湧川社長:そうですよね。僕の話し方も博多弁になっているものですから、お客様との会話にギャップが生じてしまったんですよね。上手くコミュニケーションも取れないので、仕事でもなかなか成果がでなくて。

このままじゃダメだと感じ、福岡での成功体験をベースにして、沖縄風のやり方を模索していく方針に変えてみました。
すると、やっと2.3年目になって結果が目に見えるようになったんですよ。そうした経験を経て2018年に整骨院を開業しました。

取材班:その県ごとに事業への取り組み方を変えるのはとても大切ですよね。もちろん難しいことだとは思うのですが、そこを臨機応変に変えられた湧川社長は素晴らしいですね!

子連れのママさんが来院しやすい整骨院

取材班:ひかり整骨院様のコンセプトやアピールポイントがありましたら教えて頂けますか?

湧川社長:そうですね…。僕らの整骨院のお客様は、ママさんが多いんです。そこで、子連れの方でも気軽に来院できるように工夫をしています。
でも同じようにキッズスペースを設けたり、子連れOKを謳っている整骨院さんは実際多いんですよね。そこでママさんの率直な意見を聞いてみたのですが、それが意外な答えでした。
「子連れでも来院しやすい。と言われても、なかなか連れていけない…」という思いを持っている方がとても多かったんです。

僕らの整骨院では、そうしたママさんの意見をどんどん取り入れるようにして、技術の向上はもちろん、子連れのママさんが本当に来院しやすい環境づくりに特化しているんですよ。

取材班:素晴らしいですね!具体的には、どのような工夫をされているのでしょうか。

湧川社長:例えば、院内に授乳室を完備して、施術中に赤ちゃんが泣いてもサッと対応できるようにしたり。駐車場スペースも広くとって、車で来やすくしたり。
来院ハードルを下げることで、ママさんも集中して施術を受けられますし、施術のパフォーマンスも自ずと高まってきますしね。
良い意味で整骨院っぽくない整骨院を作り出しています。

取材班:確かに、それだけお子さん連れの方に配慮した環境なら、リラックスした状態で施術を受けられますね。私も実際に来院してみたくなりました。

湧川社長:嬉しい限りです(笑)実は事業を始める前から女性をターゲットに整骨院を作ると決めていたので、構想が上手くいってくれて僕自身とても安心しています。

スピーディな店舗展開と新事業を始めたい

取材班:湧川社長が持つ今後のビジョンについてお伺いしたいです。

湧川社長:今後は、整骨院を3店舗に増やそうと考えています。スピーディーに展開していきますが、膨張ではなくあくまで拡張を目指しているんです。
ただ店舗を増やすだけでは意味がありません。人を育てて強い人材を作り出してから、店舗を拡大してきたいと思っています。
そうすることで、お客様の悩みを確実に解消できる強い店舗が増えるはずなので。

取材班:とても良いビジョンですね!確かに、ただ店舗をやみくもに増やすだけではお客様も利益も満足いかない結果になりかねませんしね。

湧川社長:そうですよね。また、実は2つほど別の事業を始めたいなと。
1つは、僕の知識や経験を活かしたコンサルや動画サービス、オンラインサロン。
もう1つは、不動産や物販などの物を販売する事業です。この2つの事業はなるべく人を使わずに進めようと計画中です。

僕たちはあくまで整骨院がメインなので、人が減るとお客様との関わりもなくなってしまいます。そうなると、自ずと事業内容も薄くなってしまう。
そこには十分気を付けながら、別事業を徐々に進めていきたいと考えています。

取材班:具体的なビジョンをありがとうございます!湧川社長の新しい挑戦、実現する日が来るのが私自身とても楽しみです!

「すぐにやれ!思い立ったときが吉日!」

取材班:最後に起業したい方へ向けてメッセージをお願いします。

湧川社長:とにかく「すぐにやれ!」と言いたい(笑)この一言に尽きると思います。
今の時代、起業は難しいよと言われることが多いと思いますが、それは今に限らず5年前10年前でも同じように言われていたことです。それなのにずっとくすぶっていても成功しないと思います。

例えば、野球が上手くなりたいと思っている人がいたとしましょう。その人がずっと野球の本ばかり読んでいても、それではいつまで経っても上手くならない。
そんなことしている暇があったら、バットを握ったら良いのにって思いますよね?

取材班:挑戦することで得られる経験が一番成長に繋がりますしね。

湧川社長:そうですよね。起業は「思い立ったときが吉日」だと思うんですよ。
とにかくやりたいならすぐにやった方が良いんです。逆に何でやらないのか知りたいぐらいですね(笑)

取材班:確かに…!とても腑に落ちる例えですね。「思い立ったときが吉日」はまさにその通りだと思いますし、起業するために必要な精神について改めて学ぶことができました。
本日は良いお話をたくさんお聞きすることができてとても嬉しいです!湧川社長、貴重なお話をありがとうございました。

ひかり整骨院の情報はこちら

子連れのママさんが気軽に来院できる整骨院を目指して、多数の工夫と確かな技術を用い日々施術に勤しむひかり整骨院様。

「すぐにやれ!思い立ったときが吉日!」と語る湧川社長の姿を見ることで、起業に至るまでに持つべき精神や心構えについて再認識できました。

熱いパッションを持つ湧川社長が代表を務める、ひかり整骨院様の事業所情報は下記よりご確認いただけます。

事業所名 ひかり整骨院
アクセス
住所 〒901-0244
沖縄県豊見城市宜保3丁目5-8 ひまわりハウス101
電話番号 098-9871-870
公式HP https://www.tomishiro-hikari-seikotsu.com/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら