「女性が輝ける社会を作りたい。」ママさんのために、産前産後の施術や育児・事業サポートを行う。株式会社FUFUYA・山中社長の起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第120弾。今回は沖縄市にあります、株式会社FUFUYAの山中錠一社長をご紹介します。

産前産後の整体や骨盤矯正を行う整体院運営をはじめ、他にも骨盤ケア講座などを行う株式会社FUFUYA。

「ふうふや」という可愛らしい響きの会社を設立した山中社長へ、どのようなきっかけや想いでこの事業を始められたのかを伺ってきました。

妻の病気をきっかけに、北海道から沖縄へ移住


(整体スタッフと一緒に。)

取材班:株式会社FUFUYA様は現在創業6年目とお伺いしていますが、素敵な社名の由来や、起業されたきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

山中社長:起業する前に、夫婦でいろいろな体験をしてきましたので、そこからお話しますね。
実は僕の地元は北海道で、妻が沖縄出身なんですよ。妻は北海道の大学を卒業していまして、僕が北海道で理学療法士をしている時に、同じ配属先の同僚が妻と同じ大学出身だったんです。
それで、同僚に妻を紹介してもらったのが2人の出会いになります。

取材班:北海道で結ばれたご縁なのですね。沖縄で起業されたのは、やはり奥様の地元だったからでしょうか。

山中社長:そうですね。ただ出会って2年目になる時に、妻がうつ病を発症してしまいました。
そこから自宅療法がスタートして、僕も仕事をセーブしながらサポートをしていましたが、北海道では周りに頼れる家族もいなかったので、妻の地元である沖縄で療養した方がいいと思いました。

その時点で、「僕はこの人と結婚するんだろうな」という確信があったので、「僕が3年間病院に勤めたら、4年目に沖縄へ行くよ」という約束をしたんです。
なので、沖縄で起業をしたきっかけというのは、妻がうつ病になって沖縄に戻った後、僕が妻を追いかけて沖縄に行ったことが理由ですね。

取材班:つらいご経験をされていたのですね。

山中社長:約束通り沖縄に来ましたが、まだ妻の病気は完治していませんでした。さすがに「今後もこんな感じなのかな…」と不安になりましたね。
病院の仕事も、ある程度の昇給も知れていて天井も見えていたので、「もし、このままずっと同じ状態だったら…?」「子どもも欲しいし…」など、いろいろ考えました。

そうすると、「僕の給料では、現実的に考えて家族を養っていけない」もっと豊かな暮らしを家族に提供するために「理学療法士の資格を活かして、自分で開業するしかない!」と決意したんです。

取材班:なるほど、ご家族との幸せな暮らしを実現するために起業を志したのですね。産前産後の女性を中心とした整体院にしたのは、どのような理由がありますか?

山中社長:事業を始めるにあたって、どういったお客様をターゲットにしていくか考えていた時、ちょうど妻と入籍して子どもを考えていたタイミングで、妻の不妊が発覚しました。
事業よりも先に「妻のことを助けてあげないといけない」と思い、そこから、女性の体や妊娠について勉強するようになりました。
これが、今の事業を始めたスタートラインですね。

取材班:女性や夫婦間のデリケートな悩みを実体験した経験が、新しいアイデアを生んだのですね。

24時間勉強の日々、集客の大変さ


(左:オープン当時の古民家店舗 右:北中城店の内観)

取材班:山中社長が起業されてから、大変だった出来事を教えていただけますか?

山中社長:仕事をしながら色々なことを同時にこなす必要があり、体力・精神的に苦しい時期はありました。
朝早く起きて勉強をすることから1日が始まり、仕事をしながら昼間にブログを書いて。夜は19時ぐらいから、勉強のためにモニター施術を行い、土日は勉強のために県外へ行っていました。
はじめの頃は、ほとんど自宅にいる時間はありませんでしたね。

取材班:勉強とはいえ、やはり大変ですね…。

山中社長:あとは、北海道から沖縄に来たこともあって、人脈が一切なかったんですよ。なので、集客の面でもかなり苦労しました。

「ブログが結んだ集客」継続することの大切さ


(北中城店の内観)

取材班:そのような壁を山中社長はどのようにして乗り越えられたのですか?

山中社長:忙しくても、ずっと書き続けていたブログから集客に繋がることもありました。ひたすらブログを書き続けて、FaceBookなども用いて情報発信を行っていましたね。
でも、すぐに成果が出るわけではないので、事業を始めて半年間程は、お客様が来ないストレスとドキドキ感はずっと感じていましたよ(笑)

取材班:ブログやSNSの集客力はやはり大きいですよね。

山中社長:やればやるほど成果に繋がりますからね。地道に続けていたら、口コミやブログを見てお店に来る方も増えてきました。
「一度ご夫婦に会ってみたい」と言って、来られる方もいましたよ。

取材班:ブログは書き手の人柄も分かりやすく読者に伝わるので、きっと山中社長のお人柄に興味を抱く読者が多かったのでしょうね!

女性が輝ける社会を目指して

取材班:株式会社FUFUYA様のコンセプトやアピールポイントをお伺いしてもよろしいでしょうか。

山中社長:僕たちの会社は、女性の雇用に価値を置いていますね。実は僕の会社で働いているスタッフは、僕以外ほとんどママさんなんです。

取材班:そうなのですか!整体・整骨院の業界は、どうしても男性のイメージが強いですが…。

山中社長:そうなんです。働きたいし活躍したいけど、育児にも力を注ぎたい女性は多いと思います。そうした女性に話を聞いてみると、育児が理由で満足に仕事ができていない方が多くいらっしゃいました。
だから僕たちの会社は、女性のために育児もこなせてキャリアも積み上げられるような環境をどんどん作り出していきたいと考えています。
規則やルールに捉われない色々な働き方を考えて、女性が輝ける社会にしたいですね。

取材班:素敵ですね!仕事と育児の両立で悩むママさんは多いと思うので、少しでも山中社長のような考えが広がると嬉しいですね。

「FUFUYAや幼児教育、オンラインサロン」女性のサポート体制を構築したい

取材班:山中社長が持つ今後のビジョンについてはいかがでしょうか。

山中社長:これからも引き続き、女性の雇用を推進していきたいです。現在は、FUFUYAや幼児教育(こどもや)、オンラインサロンに力を入れていますよ。

取材班:オンラインサロンもされているのですか!

山中社長:そうなんです。オンラインサロンに関しては、全国各地のママさんが会員となっていて、事業相談や今後やりたいコンテンツの相談を受けたりしています。
FUFUYAから幼児教育、オンラインサロンといったお客様の流れができ始めているので、ここをもっと洗練して女性のサポートを行っていければと思っていますね。

取材班:素晴らしいビジョンですね!サポートも手厚くて、ママさんも安心できますね。

FUFUYAのスタッフに会いに来てほしい


(こどもやの明るいスタッフ達)

取材班:最後に起業したい方へ向けてメッセージをお願いします。

山中社長:まずはFUFUYAのスタッフに会いに来てほしいですね。特に女性の方で、妊娠や出産を経験して今後のステージに悩んでいる方は、ぜひ僕らのところへ施術を受けに来てもらいたいです。

取材班:なるほど。FUFUYAだけではなくて、幼児教育やオンラインサロンといったサポートも受けられますしね。

山中社長:あとは、僕らの会社に勤めているスタッフたちは、皆さんと同じく妊娠や出産を経験して、仕事を辞めてここに来た方ばかりです。会って話を聞いた方が早いんじゃないかな。
起業への良いモチベーションになると思いますし、今後のためになる話がたくさん聞けるはずですよ。気になる人は、女性スタッフたちにぜひ会いに来てください!(笑)

取材班:確かに、直接お話しできる経験ってなかなかできないですしね。読者の皆さんは、ぜひFUFUYAの施術を受けに行ってみてください!
それでは最後に山中社長、座右の銘をお願いします!

山中社長:「継続は力なり」です。僕はここまで継続してきて、本当に良かったなと思っています。

取材班:つらい経験をしても、それを糧にお客様・スタッフを幸せにしていく山中社長のお話、とても励みになった方も多いと思います。
山中社長、貴重なお話をありがとうございました。

株式会社FUFUYAの事業所情報はこちら


(左:オープン日、右:てぃーだブログ年間アワードに選ばれた時の写真)

妊娠や出産を経験し、次のステージになるママさんを助けるため、日々励んでいる株式会社FUFUYA様。
「女性が輝ける社会を作りたい」という山中社長のお言葉を聞いて、仕事や育児に悩む多くの女性が元気づけられたと思います。

他にも、モンテッソーリ教育を取り入れる「こどもや」、オンラインサロン「むすびや」なども運営する株式会社FUFUYA様の事業所情報は、下記よりご確認ください。

事業所名 株式会社FUFUYA
アクセス
住所 〒901-2301
沖縄県北中城村島袋15番ライカムアパートメント305・302
電話番号 098-927-1580
公式HP https://www.fu-fuya.com/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら