沖縄でクラウドファンディングを活用して起業するには

沖縄で会社や店舗を立ち上げたいけど、資金が・・・orz
そう思っていませんか?
そんな方にお伝えしたいのが、クラウドファンディングという資金調達方法です!

最近クラウドファンディングで資金を集めて起業したり、新しい事業展開をしたりする経営者も増えてきているんですよ。
そこで今回は、仕組みや実際の方法、沖縄での事例をもとに、クラファンの秘密を探っていこうと思います!!

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

そもそもクラウドファンディングって?


簡単に言うと、案件に賛同した不特定多数の人が、インターネット(WEB)経由で、他の人や組織に、財源の提供や協力などを行うことを意味します。
「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語みたいですね。
日本では「クラファン」と呼ばれる事が多く、新たな資金調達のスキームとして広がりつつあります。

クラウドファンディングの仕組みについて

まず始める前にですが、目的は明確にしなければなりません。
例えば、ざっくり100万円の資金が必要で、その資金調達の為にクラファンをする・・・という事ではなく、「〇〇したいから、その手段として100万円をクラファンで集める」という事です。

やる事①:クラファンを運営する人数を集める

多くの人が3~5名のチームで動いています。もちろん1人も出来ますが、工数や時間もかかるため、仲間を集めてからのスタートをおすすめします。
始める際には、専用のプラットフォームに投稿していきます。より人を集めるために、下記の内容を充実させましょう。

✔目的・内容を文章にする
✔詳細写真を撮る
✔画像・動画を作成する
✔SNSで発信する
✔リターンと言われるお礼(品)を返す

これを踏まえて人数を集めるのか、1人でやるのか計画を立てましょう。

やる事②:目標(必要資金)を決める

目標設定の考え方ですが、サービスや店舗を立ち上げる際、いくら必要なのか。また現在いくらあるのかをしっかり把握しておきます。
仮に店舗運営に300万必要だとしましょう。自己資金で100万あれば、残りは200万円です。
つまりクラファンでは、200万円に手数料を上乗せした額を設定します。

やる事③:実際に集うプラットフォームを決める

次に、資金を調達するプラットフォームの設定です。日本で代表するプラットフォームを3つピックアップしてみましたので要チェック!
それぞれ特性が違うため、迷った際には下記のポイントを参考に決めるといいかもしれません。

✔サイトのメインジャンルは何か?また、どのジャンルに入るのか(本当に支援されるのか)
✔手数料、 決済手数料はいくらなのか
✔支払いタイミング
✔支援方法(ネットバンキング、コンビニ決済、各キャリア決済)

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
2011年にリリースされたプラットフォーム。クリエイター系をメインに、社会貢献系や地域活性化系など多種多様なプロジェクトを掲載しています。

CAMPFIREの公式サイト

Makuake(マクアケ)
2013年8月にリリースされたプラットフォーム。国内資金調達金額No.1のプロジェクトを掲載していることで有名です。

Makuakeの公式サイト

GREEN FUNDING(グリーンファンディング)
2013年4月にリリースされ、日本初のモール型クラウドファンディングとして、様々なプロジェクトをサポートしています。

GREEN FUNDINGの公式サイト

他にもいくつかありますが、ここでは割愛します。
選び方で大事なのは、自分のプロジェクトが選んだプラットフォームに適しているのか=支援して貰えるのか?です。

やる事④:登録~開始・終了まで

ここまで来ましたら、あとは目的を文章におこして投稿し、リターン(支援者へのお礼)を考え、実際に募集をかけていく作業になります。※サイト参照

余談ですが、開始日に目標人数の25~30%集められないプロジェクトは、成功率が低いと言われています。
なぜかというと、最初は知り合いの方から支援者が募ると予想され、知り合いで30%集められないとなると、知らない人から残りを集めるのは極めて困難なためです。
目標金額の設定や、写真や文章を見直したりと、工夫しながら進めましょう。

沖縄でのクラファン事例


さて、ここからは実際に沖縄でクラファンをし、成功している事例をいくつかご紹介!

事例①:貸別荘の建設費用の一部に活用

家族で沖縄に移住し、経験を活かして貸別荘を建てたい!という夢があったものの、移住者への融資は厳しく、資金集めに苦労していたAさん。
そこでクラウドファンディングを活用し、100万円の目標予算を達成しました。
現在は、更に充実した環境を整えるべく、200万円をネクストゴールに設定し、再度資金を募っています。

事例②:訪日観光業の起業に活用

地元沖縄の観光業界を盛り上げようと、料理体験やクラフトビールを活かしたサービスで起業を考えていたBさん。
スタジオの建設費だけでなく、ウェブサイトの制作費用、レシピの開発費用、パンフレットの制作費用…など、予算がいくらあっても足りずに悩んでいたそうです。
そこでクラウドファンディングを通し協力を募ったところ、目標金額の100万円を上回る124万円ほどが集まりました。
その資金を使い、無事に料理スタジオとクラフトビアBARをオープンさせています。

事例③:車いすでも入りやすいカフェ開業に活用

自身も車いす生活を送っており、同じような方でも入りやすく、くつろげるカフェを開きたいという思いを持っていたCさん。
入口にはスロープがあり、多目的トイレもあるカフェをオープンするべく、クラウドファンディングを活用しました。
作業場を改装する費用に50万円を募ったところ、支援総額は54万を超え、無事にオープンまでこぎつけたそうです。

沖縄で0円起業も夢じゃない!沖縄起業ショップがあなたの夢をサポートします


今回は、クラウドファンディングという資金調達方法についてお伝え致しました。
起業したくても、資金がなく諦めているという方の一助になれば幸いです。

そして、そんな皆様に朗報が!!
沖縄起業ショップでは、なんと0円起業ができちゃいます♪
税理士のご紹介や、電気、ネット回線の整備、ホームページ制作など、独立起業に必要な環境の整備をしっかりお手伝いさせていただきます。
こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね☟

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

 

◆◇各SNSも随時更新中です◆◇