沖縄が起業率No.1の理由は?起業を後押しする制度は何がある?

沖縄起業チョイスを見に来た皆様であれば、「いつかは自分の好きなように働きたい!」と考えている方が多いと思います。起業率No.1の沖縄には、県外から移住して事業を立ち上げる方も珍しくありません。

そこで今回は、沖縄の起業率が高い理由や生活状況、起業の支援制度などをまとめました。
沖縄に移住したい方、沖縄起業を決めている方、起業したいけれど場所が決まっていないといった方は、ぜひ読んでみてください。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

沖縄が起業率No.1の理由

沖縄では、なんと10,200人もの起業家が活躍していて、日本一起業が盛んな地域と言われています。沖縄以外だと兵庫、三重、茨城などが名を連ねており、都心よりも地方の起業率が高いようです。
つまり、地方にはたくさんのビジネスチャンスがある、ということですね。多くの起業家の先輩方が選んでいる場所ということは、チャンスやメリットがある一番の証拠です。

地方自治体が起業者を応援

沖縄の起業率が高い理由の一つに、地方自治体が移住して起業する人を歓迎・応援している点が挙げられます。
若者が都会へ流出して高齢化が進み、財政が立ち行かなくなるかもしれないという危機感を持った自治体も少なくありません。そこで、外部からの起業家を積極的に呼び込んで雇用を創出し、地域を活性化させたいという想いが自治体にはあるのです。

例えば沖縄市では、「起業家にやさしい町。沖縄市」とHP上でアピールし、起業資金の支援や補助メニューを公表中です。
(沖縄市公式HPはこちら

ワークスタイルが多様化している

もう一つの理由として、ワークスタイルの多様化があります。近年、インターネットを通じて在宅で働くテレワークや、複数の仕事をプロジェクト単位で掛け持ちするパラレルワークなど、新しいスタイルが普及してきています。
そうした新しいワークスタイルが定着するにつれて、「東京にいないと仕事ができない」という感覚は、どんどん薄れています。働く場所を選ばないのであれば、好きなところで暮らしたいと思いますよね。

沖縄は観光地としても人気の土地なので、移住して起業する方が多いのでしょう。

物価が安く事業のランニングコストが抑えられる

他にも、沖縄は東京と比べて物価が安いことも人気の理由に挙げられます。事務所の賃料や人件費などを低く抑えられ、創業時にかかるコストや、事業を続けていく上でかかるランニングコストも抑えることができます。

十分な事業資金があったとしても、起業時のコストは可能な限り抑えたいもの。沖縄での起業は、東京などでの起業に比べると、事業にかかるコスト全般を抑えられるケースが多く、これも起業家にとってはありがたい点でしょう。

沖縄は事業のブランディングに繋がる

また、沖縄起業をすることで、沖縄の特色を活かしたブランディングや、ユニークな付加価値をつけることができます。
沖縄は観光地としても人気があり、良いイメージを持たれやすい土地です。沖縄を前面に出すだけでも一種のブランディングになります。また、本州とは違った風土のため、特産品や地域の文化など、特徴的で魅力あるものがたくさん見つけられるはずです。

こうして見つけた魅力は、お客様にとっても魅力的なもののはずで、それをもとにした商品を販売したり、サービスを提供することもできますね。

沖縄の生活はどんな感じ?

沖縄の気候

沖縄県はほぼ全域が亜熱帯気候で、一部は熱帯に属しています。1年の平均気温は24.1℃と日本一の暖かさを誇り、年間を通して温暖な気候です。
最高気温と最低気温の差が小さく、冬に10度以下になることはほとんどありません。また、夏季の最高気温が35℃を超える猛暑日も、意外と本州の方が多いくらいです。難点としては、一年を通して降水量が多く、台風が多いことでしょうか。

他にも、沖縄へ移住してくる方に喜ばれているのは、沖縄には杉林がないためスギ花粉がない点です。花粉症のひどい方は、本州よりずっと快適に暮らすことができます。

沖縄の主な交通事情

沖縄本島へのアクセスは、飛行機または船での移動になります。飛行機は全国各地の空港から那覇空港への直行便があり、国際線もあります。
那覇市中心部からモノレールで空港へのアクセスも良く、国内外の移動が多いビジネスにも便利な立地と言えるでしょう。船は、大阪、神戸、鹿児島などと那覇を結ぶフェリーが運航されています。

地下鉄はありませんが、空港と那覇市街を結ぶモノレールがあり、渋滞などを心配せずに利用することができます。朝の5時代~夜の23時代まで約10分間隔で運行しており、沖縄県民の足としてだけでなく、多くの観光客にも利用されています。

路線バスも多いですが、市街地になるほど時間通りには来ないケースも…。ただ、タクシーの数がとても多く、那覇市近郊であれば簡単に流しのタクシーを拾うことが可能です。ワンメーターでも快く乗せてくれるので、乗合で利用するとお得です。

充実したプライベートを送れる

島国である沖縄には、必要なものがコンパクトに集まっているために移動も便利です。
また、観光立県の沖縄には楽しいことがたくさんあります。休日にはシュノーケリングや釣りをしたり、キャンプやBBQを楽しんだりと、充実したプライベートも送れるでしょう。

今はコロナの感染拡大のおそれがあるため少し難しいですが、本来は那覇空港からはLCC(格安航空会社)の飛行機もたくさん飛んでいるので、ふらっと週末に台湾や香港に旅行に行くことも可能です。

沖縄で起業を支援する制度はある?

創業者・事業承継支援資金(創業者支援貸付)

沖縄県内に居住し、県内で事業を開始しようとする方、または事業開始後一定期間を経過していない方が対象です。
県が定めた融資条件をクリアした企業は、設備資金・運転資金あわせて2,000万円以内の融資を受けることができます。
(沖縄県HPはこちら

地域創造的起業補助金

新たな需要や雇用の創出等を促し、経済を活性化させることを目的に、創業時に必要な経費の一部を助成してくれる制度です。新たに創業する方が対象で、条件により最大200万円の補助金が支給されます。

この他にも、業種によって支給対象になる補助金や、地域での雇用を生み出すことで支給される助成金、事業を継続させていくための補助金など、様々な制度があります。金銭の補助以外にも、無料でコンサルティングを受けられるようなサポートもあります。
※今年度の公募は終了していますが、次年度も似た制度が出ると予想されています。

以下の記事も参考にしてみてください。

「0円創業くん」も要チェック

起業するためには、登記手続き、事務所/店舗のインフラの整備、どんな補助金が利用できるのか、申請方法など、考えないといけないことが山ほど出てきますよね。
そんな時には、「0円創業くん」というサービスもご活用ください。「0円創業くん」は、弊社で取り扱う一定の商品・サービスをご導入いただくだけで、通常なら20万円ほどかかる設立登記の実費負担が0円になる、というもの。

こうした起業をワンストップでサポートしてくれるサービスは、結果的に時間も費用も抑えることができるため、ぜひチェックしてみてください。

夢の沖縄起業を弊社がサポート

沖縄は気候も人間性も穏やかで住みやすく、起業家へのサポートも手厚い点が、起業率No.1の大きな理由となっています。
沖縄に移住して起業をお考えでしたら、ぜひ地元沖縄に密着する弊社にご相談ください。起業に必要な設備導入もまるっと対応できる他、補助金の相談や、集客、コスト削減などのアドバイスも可能です!

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら