沖縄の飲食店オーナー様向け!スキマ時間の売り上げアップに繋がる二毛作ビジネス「ばんからラーメン派出所」

沖縄は飲食店の数が全国1(人口比)を誇る県として知られていますね。そこで、今回は沖縄の飲食店オーナー様向けに、スキマ時間を活用して売り上げアップを図れるアイデア「二毛作ビジネス」についてご紹介します。

時短やコスト削減などの観点から、飲食業界では早くも二毛作ビジネスが流行を見せていますが、「詳しくはわからない」「なんだか面倒そう…」と考えるオーナー様も多いはず。

そうした方のために、二毛作ビジネスについての解説や、今大注目の「ばんからラーメン派出所」についてもお伝えしていきますよ。本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、下記の2つです。

・二毛作ビジネスを理解でき、これから来る飲食業界の流れに乗るための切符が手に入る。
・スキマ時間の売り上げアップに最適な、設備投資不要の二毛作ビジネスが分かる。

それでは解説していきます。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

飲食業における二毛作ビジネスとは?メリット・デメリットを解説

飲食業では、時間帯や曜日によって客層が大きく変化しますよね。そのため、ピークタイム以外は客足が伸びにくく、お店を閉めてしまう方も多いです。

しかし、飲食店経営を見事に躍進させるには、そのアイドルタイムをいかに有効活用するかが重要になってきます。そんな時におすすめなのが、二毛作ビジネス
二毛作ビジネスとは、昼はカフェを経営し夜にはバーを営むなど、時間帯ごとにターゲットを変えることを言います。

このようなビジネススタイルを取ることによって、あなたの店舗を無駄なく回転させることができるのです。 ここからは、二毛作ビジネスを始めるメリット・デメリットを解説していきます。

二毛作ビジネスを始めるメリット

二毛作ビジネスを始めるメリットには、主に下記の4つが挙げられます。

①閉店時間のアイドルタイムを活用して、売り上げを向上させられる。
②食材回転率を上げ、食材ロスを大きく減少させられる。
③新たなアピールポイントを見出せる。
④お客様からの口コミ・評価が増加する。

二毛作ビジネスを始める1番のメリットは、やはり売り上げを向上させられる点です。時間帯ごとのニーズをしっかり捉えることで、あなたの店舗をさらに潤わせることが可能。

また、新しいお客様からの注目を集めることができるため、口コミや評価の増加が期待できるほか、ファンの増加にも繋がります。

二毛作ビジネスを始めるデメリット

二毛作ビジネスを始めるデメリットは、主に下記の2つです。

①従来の二毛作ビジネスでは、初期費用が多額になりがち。
②メニューの考案やメンバーの研修など、とにかく膨大な時間がかかる。

新しくビジネスを始めるためには、物件の取得から開店にかかる工事費用など、当たり前ですが多額の投資費用が必要です。

また、お客様へ提供するメニューの考案やメンバーの研修期間など、開店までに膨大な時間がかかることも…。
こうしたデメリットを解消するためには、しっかりと二毛作ビジネスの仕組み、パッケージ内容を理解しておくことが大切です。ぜひ下記を読み進めてください。

飲食業界の改革!あなたにおすすめの新しい二毛作ビジネス「ばんからラーメン派出所」

飲食業界における今までの二毛作ビジネスでは、多額の費用や開店までに膨大な時間がかかるなど、大きなデメリットが存在していました。
しかし、そんな大きなデメリットを見事に解決できるのが、新しい二毛作ビジネス「ばんからラーメン派出所」です。

ばんからラーメンは、ラーメン激戦区・池袋で産声を上げてから、国内外に店舗展開している老舗ラーメン店。沖縄には2019年3月、那覇空港際内にグランドオープンしたことで有名ですね。

じつは異業態でも参入可能な「ばんからラーメン派出所」は、初めて二毛作ビジネスを始めるか悩まれているオーナー様全員におすすめ。
一体どのような点がおすすめなのか、ここからは「ばんからラーメン派出所」の特徴を分かりやすく3つに分けて解説していきます。

誰でも簡単に本格味噌ラーメンが作れる「派出所キット」を提供

「ばんからラーメン派出所」では、ラーメンを作るために必要なほとんどの食材を「派出所キット」として提供させていただきます。「派出所キット」の具体的な内容は下記のとおり。

・麺
・スープ
・味噌
・チャーシュー

このようにほとんどの食材を提供させていただくため、自身でご用意していただく食材はもやしやネギなどの最低限な食材のみ。
これだけで簡単に、「統一された本格的な味の味噌ラーメン」を売り出すことが可能となっています。

店舗に合った豊富なメニュー選択で無理なく導入可能

辛ネギ味噌ラーメンや味噌バターコーンラーメンなどの麺類だけでなく、チャーハンや焼き餃子などの豊富なメニューもご用意しております。
店舗に合ったメニューのみの取り扱いも可能となっているため、無理のない範囲で導入することが可能ですよ。

このようなメニューの自由度も、「ばんからラーメン派出所」の大きなメリットと言えるでしょう。また、テイクアウトやデリバリーの併用も可能なため、現代の流れに合った更なる収益も見込めます!

事前準備は調理場のみ!機材などの設備投資は一切不要!

店舗で新たに準備していただくのは、調理場のみ。ラーメンの調理に必要な器具は初期費用に組み込まれているため、店舗でご用意していただく手間を省けます。

さらに、オープンまでに数時間から数日の研修を実施するため、居酒屋やカフェなどの異業種からも気軽に参入可能です。

「ばんからラーメン派出所」の初期費用と導入フローについて

ここからは、「ばんからラーメン派出所」の気になる初期費用を導入フローについて解説していきます。

「ばんからラーメン派出所」の初期費用

まずは、こちらの表をご覧ください。

導入費用 FC店 ラーメンレンタルシステム ばんからラーメン派出所
初期工事費用 1,200万円 0円 0円
物件取得費用 240万円 180万円 0円
初期ソフト費用 75万円 75万円 15万円
加盟金 300万円 300万円 50万円
合計金額 1,815万円 555万円 65万円

こちらの表をご覧いただければ分かるとおり、従来の二毛作ビジネスでは500〜1800万円といった莫大な初期費用が必要になります。

しかし、それらと比べて「ばんからラーメン派出所」では、初期費用65万円とかなりの少額!また、月額ロイヤリティもたったの5万円のみとなっているため、参入障壁もかなり低く設定されています。

「ばんからラーメン派出所」の導入フロー

「ばんからラーメン派出所」の導入フローとしては、下記のようになっています

面談➡︎加盟➡︎現場での打ち合わせ➡︎研修➡︎店舗必要機材の納品➡︎開店

お申込みから最短2週間でオープンできるため、お忙しいオーナー様にはぴったりの二毛作ビジネスとなっていますよ。

ラーメン屋の必要なノウハウを他サービスよりも短く提供できるため、店舗の回転率が大幅に向上。従来の二毛作ビジネスよりも、高い収益を見込めます!

飲食業界の二毛作ビジネスには「ばんからラーメン派出所」一択!

飲食業界で新たに二毛作ビジネスを始めるなら、初期費用や開店までにかかる時間が気になるところ。そんな不安をスッキリ解消させてくれるのが、「ばんからラーメン派出所」なのです。あなたの二毛作ビジネスを、必ず成功に導いてくれますよ!

沖縄での「ばんからラーメン派出所」のお申込みは、沖縄起業チョイスでも受付しています。少しでもご興味いただけましたら、ぜひお問い合わせください!

ばんから公式サイトはこちら


\元飲食店オーナーの金城が対応します!/

名前:金城
出身:石垣島
趣味:料理・子供と遊ぶこと
一言:飲食店経営の経験を活かしてサポートします。
TEL:070-1341-5609

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆