「やりたいことをカタチにしたい気持ちと作り出す能力の両立」共に新しいアイデアや方向性を考えるコンサルティング会社Atelier AQUA・水野代表の起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第51弾となる今回は、経営・ブランドのコンサルティング会社、Atelier AQUAの水野洋一郎代表をご紹介します。

経営や商品、店舗など事業に関わるさまざまな物事について話を聞き、共に新しいアイデアや方向性を考える取り組みを行うAtelier AQUA。

そんな会社を設立した水野代表へ、どのようなきっかけや想いでこの事業を始められたのかを伺ってきました。

前職からの流れで始めた起業

取材班:まずは起業されたきっかけから教えていただけますか?

水野代表:出身は愛知県なのですが、大学から東京に行きました。そして大学卒業後に、東京の外資系コンサルタント会社に就職したんです。
ローランドベルガーというドイツの会社の東京オフィスなのですが、クライアントは主に国内の大企業で、その戦略構築のプロジェクトを行ってきました。

東京で勤めた後、沖縄に移り、沖縄で企業経営や地域づくりを支援する会社に転職しました。
その会社では、経営を見ながら現場でプロジェクトの実行もする、という執行役員的なポジションで。その後、起業しました。起業してから2021年で13年目になります。

取材班:なるほど。もともとコンサルタントをされていたんですね。ではどのようにして現在の事業を始められたのですか?

水野代表:沖縄で勤めていた企業では自社の経営面もタッチしていたので、その経験を活かして、そのまま流れで、というところもあったかもしれません(笑)
なので正直に言うと、「よっしゃやるぞ!」みたいな強い思いがその時はあまり無かったかも(笑)

取材班:そうなのですか!何か強い起業への意志を持ってされたのかと思いました。

水野代表:どちらかというと、自分が思い描くコンサルティングをしていきたい、というところがあったと思います。
私が行っているコンサルティングの主旨は、クライアントの皆さんがやりたいことを実現し、豊かに生きる応援をしたい、という部分なんですよ。
そのためには何が必要かって常に考えていて、行き着いた答えが「経営+ブランディング」というAtelier AQUAの考え方なんですよね。

ブランディングというのは、その人の想いや「らしさ」がブランドの価値やイメージにつながるので、ふさわしいアプローチと思っているんです。

取材班:凄いですね。それが水野代表が持つ信念なのですね!

未知の分野への挑戦

取材班:起業する際、大変だった出来事を教えていただけますか?

水野代表:起業する時より少し前になりますが、東京から沖縄に来た時は、クライアントが大企業から中小企業また個人事業主に大きく変わりました。
中小企業向けのコンサルって、大企業へ向けたものとまた違うんです。そういう話は他のコンサルタントからも聞いていましたが、まずはやってみよう、と。

実際やってみると、やはり違いも大きかったのですが(笑)、大企業へのコンサルで得た経験や能力で中小企業向けに活きることもたくさんありました。
そのままでは通用しづらいこともアレンジしてみたり。そのアレンジの仕方は経験から学べたところですね。

取材班:他には大変だったことはありますか?

水野代表:起業してからは、ブランディングということもあって、主に食品やアパレルといった消費者向け商品や、店舗のコンサルティングが多いんです。
数年前にBtoBの機械工業に関連した案件がありまして。その技術面も含めて、という話だったので大丈夫かなと思いつつも、こちらもまずやってみようと。

大変なことだったり、自分にとって新しい分野の勉強はたくさんしましたが、その案件を行う中で、事業の内容だけでなく、工業の技術者の人の価値観や感じているロマンも垣間見れて。
結果、やってみないと分からないものがリアルに学べて、良い経験になったんですよ。

取材班:確かに普段自身がしないようなことに挑戦してみると、意外と学びになることは多いですよね!

とにかく挑戦し続けた日々

取材班:起業されてから今年で13期目とお聞きしているのですが、今までにさまざまな困難があったかと思います。
その時に水野代表は、一体どのようにして乗り越えたのですか?

水野代表:そうですね…まずは、とにかく挑戦してみました。
先ほどの案件の話でもそうなのですが、まずやってみること。やるやらないの判別は必要ですが、自分のメイン領域はしっかりやりつつ、ちょっと異なるものもチャレンジしてみると、新鮮な経験や出会いがあったり、また元々の分野も少し違った視点で見ることができるようになるかもしれません。

コラボレーションで柔軟に展開するコンサル事業

取材班:Atelier AQUAでは、普段何人の従業員の方でコンサル事業を行っているのですか?

水野代表:1人です。僕だけでコンサル事業をしていますね。

取材班:1人ですか!?凄いですね、驚きました…。疑問なのですが、コンサル事業って1人でも可能なのですか?

水野代表:現状は1人でしていますね。特に大きな問題もないかな?デザイナーさんや企画会社の方たちなど、色々な方とコラボレーションで一緒に組んでプロジェクトをすることも多いですし。

逆に言うと、1人だから状況に合わせて柔軟なコンサルティングが出来ている、という点もあると思います。

取材班:柔軟なコンサルティング、というと?

水野代表:例えば、私はコンサルティングの時、事業内容半分、人半分の視点で見ています。
同じ企画・プランの内容でも、この人がやるならいいけど、この人には違う、と人によってフィットするものは変わってきます。

そこにはその人の想いや流れがどこにあるか、物の考え方の特徴や思考・コミュニケーションの得意分野がどこにあるか、といったことも影響するので、多面的に見て、柔軟なコンサルティングや提案を心がけています。

取材班:本当に素晴らしいですね!1人でコンサル事業を行っているなんて凄いです。その仕事ぶりを私も見習いたいですね。

人の在り方を世に広めたい

取材班:普段は経営コンサル事業を行っているAtelier AQUA様ですが、今後のビジョンについて伺ってもよろしいでしょうか。

水野代表:今後ですか、そうですね…。実は私、自筆の本を出していまして。「モネの紅茶」という本なんですけど。

お金の豊かさと人の意識について小説形式で書いていて、心の在り方をテーマにしているんです。ここでいう心の在り方、つまり人の精神状態ってブランディングとつながる部分があるんです。
そういった心の部分を、広く皆様に伝えることができたらなと思って本を書いたんですよ。今後はこういった心の分野も合わせたコンサルを行っていきたいですね。

ブランディングなどの視点と上手く両立させながら、いろんな人が豊かに生きるための応援になるコンサルティングができればと思います。

取材班:凄いですね!「モネの紅茶」、ぜひ読んでみたいです。

水野代表:ありがとうございます!Amazonでも取り扱いがあります。読んでもらえるとうれしいです!

取材班:ちなみに今後もずっと沖縄で事業をされていく予定ですか?

水野代表:そうですね、当面の間は沖縄で事業をし続けると思います。まぁ、何が起きるか分かんないですけどね(笑)
沖縄に来る前は東京に居ましたが、沖縄に来る1年前でも、沖縄に移るとは思っていなかったので(笑)

でも縁あって沖縄に来て、住んで。もう17年目になりました。ほんと人生って、何が起きるか分からないものですよね。

取材班:確かにそうですね(笑)人生のターニングポイントって言葉がありますしね。水野代表のような素晴らしい方は、ぜひ沖縄にずっといていただきたいですけどね。

起業する方に伝えたい2つの両立ポイント

取材班:ここまでたくさんの良いお話をお聞きしてきましたが、最後に起業したい方へ向けてメッセージをお願いします。

水野代表:起業するうえで重要なことは2つあります。
1つは「自分がやりたいことをカタチにしたい気持ち」と「何かを作り出すことができる能力」を両立させることです。
これはコンサル事業だけじゃなくて、どのような事業を行うにしても大切になると思います。

取材班:確かにそうですね。気持ちだけではどうしようもないことがありますし。

水野代表:ですよね。あともう1つが、「自分を大事にする」ことですね。
会社を起業して経営していく中で、大変なことってたくさんあります。僕もありました(笑)

その時に、お客様と自身のスタッフだけを守ることに必死になる方が多いんですよね。でも自己犠牲ばかりになっちゃダメです。絶対に長続きしないんで。まずは自分を大事にしていきましょう。

もちろんお客様やスタッフを守らないわけではなくて、自分も大事にする。要は両立ですね。ときには休憩することも大事ですよ。
それは、先ほどの「自分がやりたいことへの気持ち」を大事にして、気持ちが続くことにもつながってくるんです。そして、それは次の一歩のエネルギーになる。

取材班:なるほど。確かに自己犠牲する方が日本には多いですしね。私も、子ども3人を育てながら自己犠牲の毎日なので身に沁みました(笑)
本日はインタビューで伺いましたが、良いお話をたくさんお聞きすることができました!
水野代表、貴重なお話をありがとうございました。

Atelier AQUAの情報はこちら

経営やブランドに関する新しい変化や企画、アイデアを親身になって一緒に考える水野代表。
クライアントの事業だけでなく、その人の人生も豊かになることをモットーに事業を行っています。

そんな水野氏が代表を務める、Atelier AQUAの事業所情報は下記よりご確認いただけます。

事業所名 Atelier AQUA
アクセス
住所 〒900-8503
沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ9階 BAレンタルオフィス内
電話番号 098-988-9297
公式HP https://atelieraqua.net/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら