沖縄で起業する方におすすめしたい会計ソフトをご紹介!人気No.1はやっぱり「freee」

沖縄での起業には夢がありますが、多くの起業家がぶつかる厳しい現実のひとつに、会計業務が挙げられます。具体的には財務諸表の作成、所得税や法人税の申告などです。

これらの文字を見ただけで、頭が痛くなるような方もいるかもしれませんね。そんな時は、会計ソフトの導入を検討してはいかがでしょうか?

今回の記事では、会社経営に会計ソフトが必要な理由と主な種類、おすすめの会計ソフトについてご紹介しますよ。弊社では、沖縄で会計ソフトを探している方のご相談にも対応できますので、お問い合わせもお待ちしております。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

会計ソフトが必要なのはなぜ?

会計ソフトを導入することで、会計業務に使う時間が大幅に削減されて、本業のために時間を使うことができるようになります。つまり、会計業務の経験がない、人員の余裕がないといった、起業したばかりの方にこそ役に立つものなのです。

会社経営するうえで会計業務を避けることはできませんが、中には「小規模の事業だから手作業で十分だ」と思う方もいらっしゃるでしょう。ただ、手作業による手間と人為的ミスのリスクを考えると、会計ソフトを導入するほうがコストは低くなるはずです。

会計ソフトには、月額料金でお得に利用できるタイプも多く存在しますし、銀行口座やクレジットカードの取引データと連携して、自動で仕訳したり、財務状況や経営計画のレポートをあっという間に作成できる便利な機能もあります。
また、簿記の知識が全くない人でも使えるため、何時間も悩みながら業務をするよりも、会計ソフトを使う方がずっと簡単で効率的だと言えるのです。

会計ソフトはクラウド型・インストール型に大別できる

会計ソフトには様々な種類がありますが、大きく「クラウド型」と「インストール型」の2つに分けることができます。下記でそれぞれの特徴を解説します。

クラウド型

クラウド型の会計ソフトとは、オンライン上で会計情報の管理、処理を行うものです。

コストが低い
ほとんどのクラウド型の会計ソフトでは、導入にかかる初期費用はゼロで、月額費用も低額です。インストール型よりも安価に導入することができます。

インストール不要
クラウド型の会計ソフトはインストールが不要なので、複雑な設定は必要ありません。パソコンを物理的に共有する必要がなく、ブラウザからログインすれば会計ソフトを使用できるので、複数台のパソコンからの作業や、複数人でも使うことが可能です。
また、インストール型の会計ソフトではWindowsのパソコンにしか対応していないものがほとんどでしたが、クラウド型ではブラウザからクラウド上のソフトにアクセスして使うため、Macのパソコンでも利用することができます。

自動仕訳、銀行口座やクレジットカードとの連携
クラウド型の会計ソフトの多くは、AIによってデータを自動仕訳してくれるため、データ入力作業の自動化によって、大幅に効率化することができます。また、銀行口座やクレジットカードの取引情報と連携できる会計ソフトもあり、入出金データ等を自動で取り込むことができます。

スマートフォンやタブレットでも使える
会計ソフトによっては、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットからもデータ入力などの作業ができます。インストール型は、インストールしたパソコンがないと会計業務をすることができませんが、クラウド型は外出時のちょっとした空き時間にスマートフォンで会計データを入力する、という使い方も可能です。

簿記や会計の知識がなくても使える
自動仕訳の機能があるため、簿記や会計の知識がない方でも簡単に仕訳データの入力ができます。クラウド型の会計ソフトでは、会計知識がない人でも使えるようなUIを目指しているものが多く、誰が入力しても致命的なミスをする心配は少ないでしょう。

アップデート
インストール型の会計ソフトでは、アップデートを自分で行う必要があります。手間もかかりますが、場合によっては追加費用が発生することもあります。一方、クラウド型はクラウド上にある会計ソフトにアクセスして利用するので、利用者がアップデートをする必要がありません。クラウド上ではいつでも最新バージョンが提供されており、消費税の変更や法改正があったとしても、スムーズに対応することができます。

データの安全性
クラウド上にデータが保管されているので、もしもパソコンが壊れたとしても、データは失われません。また、銀行やクレジットカードとの連携ができる会計ソフトは、金融機関が認めるほどの高いセキュリティなので、安心して利用できます。

インストール型

カスタム性が高い
自分が使いやすいよう、画面を自由にカスタマイズできるので、財務分析や業務管理など、複雑な作業を素早くこなしたい場合には、インストール型のほうが適している場合があります。

長期間使うなら、ランニングコストは安くなる
何年も使い続ける場合、アップデート等での追加料金がかからないなら、結果的にランニングコストが安くなる可能性があります。

上記以外の一般的な会計業務で必要とされる機能は、基本的にはクラウド型にもインストール型にも搭載されています。クラウド型の会計ソフトには、クラウドを活かしたメリットがいくつもあるため、複雑な財務分析などをしない個人事業主や中小企業なら、メリットの多いクラウド型会計ソフトの導入がおすすめです。

人気のクラウド会計ソフトはこちら!

freee(フリー)

freeeはクラウド型会計ソフトでシェアNo.1を誇り、100万を超える事業所が利用している実績ある会計ソフトです。特に沖縄では、芸人の「護得久栄昇」さんがCMに出ていたので、知っているという方も多いのではないでしょうか。
freeeは個人事業者・法人向けにプランを用意していて、他の会計ソフトよりも安く利用することができます。プランによって使用できる機能やサポートが変わりますが、無料で30日間試すことができますので、操作性や機能を試してから導入することができます。
もちろん、料金の安さだけではシェアNo.1になることはできません。freeeの特徴は、誰でも簡単に会計業務ができる使いやすさと充実した機能にあります。
2017年度には、会計ソフトとして初めてグッドデザイン賞を取得しました。シンプルかつ分かりやすい見た目で、操作も簡単、会計ソフトに多い堅苦しい雰囲気もありません。ご紹介しきれなかったものも含め、freeeの特徴を以下に箇条書きします。

・多機能で安価、コストパフォーマンス良し
・わかりやすいUI
・仕訳の自動化
・銀行やクレジットカードとの連携、レシートや領収書の読み取り機能
・税務署への電子申告ができる

freee公式サイト:https://www.freee.co.jp/

Money Forwardクラウド(マネーフォワード)

マネーフォワードクラウドは、freeeに比べると会計業務に慣れているユーザーを想定して作られた、クラウド型の会計ソフトです。個人事業主から1万人規模の企業まで、幅広いユーザーに向けたサービスを提供しています。
従来の複式簿記の手法を踏襲しているので、簿記の知識がある方や、インストール型の会計ソフトからの乗り換えでもスムーズに使いこなせるでしょう。ただ、簿記の知識がない方にとっては、少し難しいと感じる方もいるようです。
マネーフォワードクラウドは、個人事業主向けが月額980円から、法人向けは2,980円からで、30日間無料で試すことができます。主な特徴は以下の通りです。

・従来の会計ソフトからの乗り換えに向いている
・仕訳の自動化
・取引データを一括登録できる。
・上場企業でも使用できる

Money Forward公式サイト:https://biz.moneyforward.com/

弥生会計オンライン

弥生会計オンラインは、インストール版の会計ソフト「弥生会計シリーズ」のクラウド版です。弥生会計オンラインも、簿記や会計の知識がなくても使えるようなUIを採用しており、簡単に入力することができます。
「弥生会計シリーズ」は、会計ソフトとして長い歴史を持っていますので、実績あるメーカーの会計ソフトを使いたい方や、以前に弥生会計を使っていた方にはおすすめです。もし追加の機能が欲しくなったとしても、弥生会計シリーズには幅広いラインナップがあるので、求めている機能が弥生会計シリーズの中で見つかるはずです。ただし、ソフトの追加には別途費用がかかってしまいます。
弥生会計オンラインではサポートに力を入れていますが、受けられるサポート内容はプランによって異なります。また、月額料金はなく、年額26,000円からで、2か月間無料で試すことができます。
弥生会計オンラインでは、インストール型の弥生会計と比べて一部機能が使えなくなっているので、弥生会計オンラインをご検討の方は、インストール型の弥生会計も検討してみると良いでしょう。
・わかりやすいUI
・仕訳の自動化
・充実のサポート(プランによる)
・会計ソフトの老舗メーカー

弥生会計オンライン公式サイト:https://www.yayoi-kk.co.jp/products/account-ol/index.html

勘定奉行クラウド

インストール型会計ソフトで人気の「勘定奉行シリーズ」のクラウド版です。こちらも会計ソフトメーカーとしての実績がありますので、安心して利用することができます。
ただし、勘定奉行クラウドは導入時に初期費用がかかりますので、他のクラウド型の会計ソフトよりも導入ハードルは高いかもしれません。既にインストール型の勘定奉行を使っており、クラウド型の会計ソフトに乗り換えたい場合であれば、データ移行がスムーズにできるためおすすめです。
・仕訳の自動化
・インストール版の勘定奉行からのデータ移行がスムーズ
・初期費用がかかる

勘定奉行クラウド公式サイト:https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo

ジョブカンシリーズ

ジョブカンは、バックオフィス業務を効率化するクラウド型のソフトを複数用意しており、その中に経費管理や給与計算のソフトがあります。ジョブカンは勤怠管理システムの評価が高いですが、会計ソフトとしての利用を考えると、使える機能は限られてきます。
また、使用する機能とユーザーごとに費用がかかってきますので、総合的な「会計ソフト」として導入するのであれば、別のソフトのほうが費用は安くなります。
・バックオフィス業務、とくに勤怠管理に強い
・会計ソフトとしては機能が少ないと感じるケースもある

ジョブカンシリーズ公式サイト:https://ex.jobcan.ne.jp/

沖縄で会計ソフトを導入するなら…護得久栄昇さんがCM出演した「freee」がおすすめ

起業時には会計ソフトを導入することで、会計業務にかかる時間を劇的に短縮することができます。
今回ご紹介した中から、初めて沖縄で起業する方におすすめなのは、使いやすくて機能も充実、そしてコストも安い「freee」です。

freee導入についての詳細はこちら

沖縄にあります弊社では、freee導入について対面でのご相談も承ります。導入する会計ソフトにお悩みでしたら、ぜひご連絡ください。ビジネスの規模やニーズに応じた最適なサービスプランを提供します。「まずは話だけ聞きたい…」というお問い合わせも大歓迎ですよ。

沖縄の起業者・企業を応援したいと意気込む元気なスタッフが、皆様のもとへ駆けつけます♪

\沖縄でfreeeの相談なら/

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら