沖縄で学生起業!学生起業の事例や成功するためのポイントとは?

一昔前までは、就職をすると定年までその会社に勤めるという風習が一般的でした。しかし今は、学生のうちに起業を志す人も増えてきていますね。
「やりたいことを自由に選択できる」「仕事の多様性が広がっている」など、以前とは就職・起業に対する意識が大きく変化してきたため、起業者の低年齢化が進んでいるのかもしれません。

そこで今回は、学生起業のメリット・デメリット、沖縄での起業事例や成功するためのポイントなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

学生起業のメリット・デメリット

デメリット

知識や経験の少なさ
ビジネスマナーや実践的なスキルなど、社会経験の少なさは、どうしてもデメリットになってしまいます。また沖縄は島国ということもあり、県外の優良企業の起業家たちと触れ合う機会も少ないですよね。最初は試行錯誤を重ねていく必要があるでしょう。
ただ、一般的な就職と異なり、年功序列ではなく結果で評価されるので、苦労はありますが大きなやりがいも得られるはずです。

遊ぶ時間が減る
起業は片手間でやって成功できるほど甘い世界ではありません。学生起業を目指すということは、友人と遊ぶ時間を多少なりとも削る必要があります。
沖縄の人たちにとって「飲み」は大きなコミュニケーションの一つと認識されているため、誘いを断るのは大変かもしれませんね。遊びの誘惑に打ち勝つためにも、「なぜ起業したいのか」を明確にしておくことをおすすめします。

多額の資金調達が難しい
学生の場合、銀行から融資を受けることが難しいので、初期費用が高い事業は挑戦しにくいというデメリットがあります。 ただ方法はいくつかあって、エンジェル投資家に融資してもらったり、クラウドファンディングでお金を集めたりと、工夫次第では多額の資金を集めることも可能です。
そのためにも、まずは人を魅了するビジョンや、それに伴った事業計画が必要ですね。

メリット

社会人よりも起業リスクが低い
学生のうちは、実家に住んでいたり、親の仕送りを頼れる場合が多いと思います。なので稼ぎが全くない時期があっても、乗り越えやすいというのが大きなメリットです。
社会人の場合は、脱サラして事業を始めるといった一大決心を迫られるので、学生の方が行動に移しやすいと言えます。

失敗も貴重な経験になる
万が一起業に失敗しても、学生には「新卒入社」という強いカードが残されています。成功しなかったとは言え、若いうちに起業したという貴重な経験は、非常に有利に働くでしょう。
起業経験を活かしてマーケティングやコンサル、WEB系の仕事に就職し、そこで得た知識を活かして再度起業に挑戦するといったことも出来ます。
仮に学生起業が上手くいかなかったとしても、行動することで大きなメリットが得られます。

自由に使える時間が多い
自分のために自由に使える時間が多いことも、学生のメリットでしょう。社会人の場合は、8時間働いた後に、起業準備を進めることになりますし、家族がいると、さらに時間が限られてきますね。
もちろん、学生も講義やゼミなどやることは多いとは思いますが、うまくスケジューリングして行動すれば、今後の人生が圧倒的に変わります。

体力がある
若くて体力があることも非常にメリットですね。起業は「好きな時間に好きなだけ働く」といったイメージを持つ人も多いと思いますが、むしろ一般的な会社員以上のハードワークであることが多いです。
雇用の身ではなく、何もかも自分で対応する必要があるので、軌道に乗るまでは体力的にきついことも多いと思います。そんな一番大変な創業時を、体力と時間で乗り越えられる学生であれば、起業も目指せるのではないでしょうか。

高校生でも起業できる?沖縄での成功例は?

学生起業というと大学生のイメージが強いですが、沖縄には高校生で起業している子もいました。高校在学中に、焼き菓子屋「はらぺこBOXちゅる」を開いた「えるさん」です。

えるさんは、もともと「定年になったら第二の人生でお店をやろう」程度に考えていたそうですが、高校3年生の時に行きつけのたこ焼き屋さんが潰れしまったことから、自身の焼き菓子屋をオープンさせました。
なんでも、他人にたこ焼き屋さんの跡地を取られたくなかったから、という理由だったそうですよ。それで実際に起業するのだから素晴らしいですよね。
起業資金はお年玉。メインとなるお客さんは子ども達のため、お小遣いの範囲で買える価格設定と、店内でも食べられるスペースを作ったところ、地域の人気店となりました。

えるさんの海外留学のために、「はらぺこBOXちゅる」は惜しまれつつも今年6月に閉店してしまいましたが、この事例から、学生起業に一番重要なのは行動力だということがわかりますね。

学生起業に必要な準備はこれ!

周りに目を向ける癖をつける

まずは、周りに目を向ける癖をつけましょう。ビジネスの本質は「お客様の困りごとの解決」です。
学生起業家の一人である小川嶺さんを例に挙げてみます。小川嶺さんは大学生の時、「働きたい時に働けるようになったらいいのに」という自身の悩みを形にした、「Timee(タイミー)」というバイトマッチングアプリを開発し、成功を収めました。

学生ならではの視点を持てるのも学生起業家の特権なので、普段友人がどんなことで悩んでいるのか聞いてみると、思わぬビジネスチャンスに繋がるかもしれませんね。

様々な知識・雑学を身につける

困りごとを見つけると平行して行いたいことが、知識・雑学を身につけることです。困りごとを見つけても解決する手段が思いつかなくては意味がありません。ひらめきは知識からしか生まれないのです。そのため、アンテナをはり、多くの知識・雑学を吸収することが重要となります。

最近はSNSやYouTubeなどで、良質な情報を仕入れることができます。無料コンテンツですし、いつでも見返せるのが嬉しいポイント。
また、学んだ知識・雑学はアウトプットすることで定着するため、積極的にアウトプットしていきましょう。

事業計画をたてる

計画なしに起業が上手くいくことはありません。勢いでやろうとしてもどこから手を付けたらいいか分からなかったり、目指している目標に対して全く違う行動をしていることもあります。まずは落ち着いて明確な事業計画を立てましょう。

起業の目的やビジョンを引き出してくれ、計画書の作成をサポートするサービスを役立てても良いですね。

あの有名人も学生起業の成功者だった

株式会社ライブドア 堀江貴文

「ホリエモン」の愛称で親しまれている堀江貴文さん。実は、堀江さんも学生起業から成功した中の1人です。学生時代はアルバイトでプログラマーとしてのスキルを高め、Webサイトの制作会社を設立します。

その後は皆様ご存知の通り、ライブドアの買収に成功と大躍進を遂げていく起業家となりました。

BASE株式会社 鶴岡裕太

鶴岡裕太さんは、今や超有名となったECサイト作成サービス「BASE」の生みの親です。創業時には複数の投資家から支援を受け、2019年には時価総額313億円で東証マザーズに上場しています。
起業のきっかけは、母の「ネットショップを作ってみたいけど、どれも難しくてよくわからない」という言葉だったそうです。前述した、日常に転がっている問題の解決をしようとして起業した例になりますね。

ビジョンや計画がしっかりしていれば、学生でも多くのお金を集められることが分かる例でもあります。

Facebook マークザッカーバーグ

映画になったので知っている方も多いと思いますが、Facebookの創業者として知られるマークザッカーバーグも学生起業家の1人です。当初は今のようなSNSではなく、ハーバード大学の女の子を格付けするためのサイトでした。
格付けサイトは批判を受け閉鎖しましたが、中身を改良して学生同士のコミュニケーションがとれるSNSに変わります。

これが学生だけでなく起業からも好評を集め、後のFacebookへと進化していくのです。学生ならではの視点を持った、良い成功例と言えそうですね。

まとめ

学生起業は数々の挑戦が必要ですが、その分、普通の学生生活では決して得られない貴重な体験することができます。
弊社では「0円創業くん」といった、0円で起業サポートができるサービスや、インフラ周りを整える商材のご提案など幅広いお手伝いが可能です。沖縄で学生起業を考えている方は、お気軽にご相談ください。

\起業で沖縄を盛り上げる学生さんを応援/

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆

関連ページ