◇ユニコーン企業とは?沖縄でベンチャー企業も有り?

まず結論から、
ユニコーン企業とは、
評価額10億ドル以上の非上場、
設立10年以内のベンチャー企業の事

全てを満たす事が難しい為、
その名の通り、
レアな企業となっております。

 

日本国内のユニコーン企業は
「メルカリ」とあと1社ありましたが、
メルカリが上場した為、
残り1社のみという状況です。

成長がかなり期待される
ユニコーン企業について、
今回まとめてみました。

1、ユニコーン企業とは?

ユニコーンとは
伝説の生き物で、
存在するか分かりませんよね。

ユニコーン企業は、
起業してから年数が浅いにも関わらず、
多額の評価額を得ている企業を指します。

現在の世界4大プラットフォーム
と言われるGAFAの一つ、
Facebookや、ツイッター社も、
かつてはユニコーン企業のひとつでした。

もともとハイリターンを狙える
ベンチャー企業の存在は珍しく、
その為、求める条件に合う企業の事を
伝説の生き物になぞられたのです。

2、「ユニコーン企業」その条件とは?

ユニコーン企業の条件は全部で4つで、
その厳しい条件から一つでも外れると、
ユニコーン企業とは呼ばれなくなります。

条件1、評価額10億ドル以上

一つ目の条件に、
評価額が10億ドル以上
というものがあります。

※評価額とは、売上額ではなく、
企業価値の事。
ちなみに日本円で1,100億円以上です。

条件2、起業して10年以内

二つ目に、起業してから
10年が経過していない事です。

先程Facebook社とツイッター社も
ユニコーン企業とされていた。
とお伝えしましたが、
Facebook社は2004年設立、
ツイッター社は2006年に設立。

どちらも現在は10年を経過している為、
ユニコーン企業から外れています。

そもそもユニコーン企業というワードが
ベンチャー企業を示す言葉であることに
よるものでもあります。

設立から10年経過していると、
ベンチャー企業という枠組みから離れる
のが一般的な認識といえるのでは
ないのでしょうか。

条件3、非上場であること

上場していないことも
条件の一つになります。

一度ユニコーン企業と認識されても、
上場をした時点で条件から外れます。

過去の例でいくと、
LINE株式会社をユニコーン企業と
認めるかどうかという動きが
広まりつつあった時に、
東証一部へ上場しましたね。

なので、
ユニコーン企業とは
みなされませんでした。

条件4、テクノロジー企業であること

こちらの条件は必須項目
ではありませんが、
ユニコーン企業として成長する
ベンチャー企業の多くは、
テクノロジーに関する企業であることが
知られている。

まとめると、

評価額1,100億円以上

設立10年以内

非上場であること

テクノロジー企業

この4つの条件を満たしている企業が、
ユニコーン企業と呼ばれている事に
なります。

3、世界のユニコーン企業数

世界のユニコーン企業は
一体どれくらいあるのでしょうか?
国別でみてみましょう。

●アメリカ118社
●中国62社
●イギリス13社
●インド9社
となっており、

世界にあるユニコーン企業は全部で
237社。
全体の内訳はアメリカが49.8%と
半数近く占める。

次いで中国が26.2%。

世界でもたった237社しか
ユニコーン企業は存在しないのです。

4、日本にユニコーン企業ってあるの?

以前は日本にも2社、
ユニコーン企業がありました。

フリマアプリで有名な
「メルカリ」がそうでしたが、
東証マザーズへ上場した為、
条件から外れた形となった。

プリファード・ネットワークス

こちらの会社は、
AIのディープラーニングによって
制御技術の開発を行う会社。

企業の評価額は2,326億円といわれ、
トヨタ自動車、日立製作所、NTTといった国内の大手企業と提携を結んでいる。

事業内容として、
●自動運転やコネクテッドカーなどに
開通する交通システム

●物体認識や制御、
そして最適化技術の研究と開発

●医療用画像の解析や早期診断技術の開発

こちらの3つの事業を軸としている。

海外からは「次世代のソニー」
とも言われ、評価も高く、
期待も寄せられている。

ですので、
日本のユニコーン企業は
プリファード・ネットワークスの
一社のみとなっている。

5、まとめ

いかがでしたか?
ユニコーン企業とは条件が厳しく、
中国とアメリカに集中している状況です。

もしかすると、
沖縄からユニコーン企業が認定
される日も、くるかもしれません。

実際、
沖縄とアメリカは近しいところも
あるので、ベンチャー企業に関して、
色々学べる事もあるのでは
ないのでしょうか。

あなたの一歩が「ユニコーン企業」に
繋がるかもしれません。

メールでのお問い合せはこちら

 

電話でのお問い合わせはこちら

 

◆◇沖縄起業ショップのSNSも随時更新中です◆◇