父の想いを継ぎ、お客様のお困りごとを解決できる食肉卸売会社を目指す。株式会社上原ミート・上原社長の奮闘エピソード

「沖縄の経営者特集!」第109弾。今回は、豊見城市にある食肉卸売・販売事業、株式会社上原ミートの上原社長をご紹介します。

沖縄の食文化を世界に届けるために、伝統とチャレンジ精神を駆使してお肉の卸売りや商品開発に尽力している株式会社上原ミート。

そんな会社を設立した上原社長へ、どのようなきっかけや想いでこの事業を始められたのかを伺ってきました。

父の思いを継ぎ、2000年に新たなスタートを切った。

取材班:まずは起業されたきっかけからお伺いしたいです。株式会社上原ミート様は、現在で創業何年目を迎えるのでしょうか?

上原社長:実は、僕はこの会社の3代目社長で、会社自体は祖父が1953年に設立しました。なので、2021年現在で創業68年目になります。

取材班:そうなのですね!創業68年目とは、かなり深い歴史がありますね。

上原社長:そうですね。それまではずっと相対売りの形態でしたが、1980年頃から地域の飲食店を対象に食肉を卸すようになり、事業もどんどん拡大していきました
そこから、今の株式会社上原ミートの卸売事業が始まったと言っても間違いないですね。

200坪ぐらいある土地に移転したり、当時から株式会社として事業を行い始めました。
1990年に差し掛かる頃には、沖縄本島すべての地域に食肉を配送するまで事業も拡大して、その後、2000年頃に僕が入社しました。

取材班:上原社長が入社される以前から、かなりの事業拡大を行われていたのですね。

上原社長:そうですね。入社した当初は、基本的に卸売をメインに任せてもらいましたが、ある日、品川にある東京食肉工場に2年間修業に行くように言われて、そこでもみっちり経験を積んできました。
その後、2019年に社長に就任した経緯になります。

取材班:そうだったのですね。会社自体のターニングポイントとしては、1990年頃の事業拡大ですかね。

上原社長:そうですね。その頃には県外の仕入れを本格的に行うようになっていましたので。自然と企業として必要な競争力も高まっていったように思います。

仕組みの構築と労働環境、引き継いだからこそ見える新たな問題点

取材班:上原社長がご就任されてから、今までで一番大変だった出来事を教えていただけますか?

上原社長:僕は比較的落ち着いた時期に社長を継いだので、先代や先々代と比べても大した思いはしていないのですが…(笑)強いて言うなら、仕組みづくりでしょうか。
当時、事業の確立や競争力がとても低かったので、県内ではまだ確立した位置を築けていませんでした。

そのままでは、どう頑張っても大手には勝てない状態だったので、仕入れや仕組みを構築していく必要がありました。そこには結構力を入れましたね。
今では県内でも高い競争力を持つことができていますが、まだまだ油断はできないと思っています(笑)

取材班:会社を引き継いだ立場だからこそ分かる苦労ですね。

上原社長:そうですね。あとは、人で苦労することも多々ありました。
当時の労働環境や条件が時代にそぐわず、退職者も多く出ている状況だったんです。業績自体は上がっていましたが、それに伴い人材育成や労働環境の問題点が浮き彫りになりました。

取材班:ここまで素晴らしい業績を残してこられた分、労働環境の問題解決も急務になったのですね。

外部の力を取り入れながら、競争力を徐々に高めていった

取材班:仕組みの構築と労働環境問題。たくさん大変な経験をされてこられた上原社長ですが、そのような壁をこれまでどのようにして乗り越えてきたのでしょうか。

上原社長:実は、2019年に県外の商社さんと共同して、新しく「ミートワン」という合同会社を立ち上げました。
そこで全国のエリアを代表する食肉メーカーさんに集まってもらって、お互いのノウハウや技術、人材を集結させて、各エリアでの競争力を高めていったんです。この効果がかなり大きくて。

仕入れのコストを落としたり、今まで提供できなかった商品を提供できるようになったり、企業努力ももちろんですが、外部の力を借りながら進めることで、高い競争力を手にすることができました。

取材班:とても面白い取り組みですね!外部と連携を取ることで得られる恩恵は大きいですし、なにより新しい刺激になるかと思います!

上原社長:そうですよね。労働環境については、改善のために初めて週休2日制を取り入れました。
2018年頃に、「あなたにとって良い会社とは何ですか?」という社内アンケートを開始したところ、「給料・休み・時間・学び・やりがい」の5つが回答で多かったんです。

そこで、この5つを目標にして労働環境の改善を図りました。数字を用いたデータ管理も徹底するようにして、徐々にきちんとした労働環境を整えてきました。

取材班:素晴らしい努力ですね!労働環境も改善されて、企業も成長して、まさに一石二鳥の改革ですね!

「豊かな食生活のお手伝い」無言のクレームを読みとるために

取材班:ここで、株式会社上原ミート様のコンセプトやアピールポイントをお伺いしてもよろしいでしょうか。

上原社長:コンセプトとしては、「豊かな食生活のお手伝い」を掲げています。お肉を通して、お客様のお困りごとを解決していけるように常に心がけています。

価格を抑える為に輸入元である現地へ出向き、お客様に合った新規格を創ったりもしますし、製造工場を生かしお客様の課題である品質(衛生面と規格面)の維持をお手伝いしたり、県内ではあまり取り扱いの無い松阪牛の特価販売や得意先の方へ、お肉の解体から商品化までをプロの講師を招いて実演会を開催したりと、お困りごとを解決するために幅広く取り組んでいます。

また、自分が良いと思っていることでも、お客様や従業員はどう思っているのか常に考えるようにしています。当たり前ですけど、何事にも100点満点ということはないと思います。

自分が気持ち良くお肉を販売できたとしても、もしかするとお客様はしぶしぶ購入しているかもしれない。
こういう出来事を、クレームで意思表示してくれる方は実際とても少ないんです。「無言のクレーム」と呼ばれるほどですね。

こうした目に見えづらいものに気づくためにも、今の自分に矢印を向けながら常に問いかけるようにしています。

取材班:素晴らしいですね!無言のクレームについて思い返してみたら、私自身とても共感できます…。

ただひたすら、大企業に勝てる会社を目指して

取材班:上原社長が持つ今後のビジョンについてお伺いしたいです。

上原社長:とにかく今よりも、もっとステージを上げていきたいですね。労働条件はもちろん、商品の質やサービス、技術力も、まだまだ競争社会を勝ち抜けるレベルではないと思っています。
そのためには、やはり外部との協力が不可欠で、先ほどお話した「ミートワン」を駆使しつつ目標に近づけていきたいと思っています

取材班:とてもストイックなお考えだと思います。私自身とても尊敬します…。

上原社長:あとは、県内は今まで通り卸売事業に特化していきながら、その中で加工品販売にも力を入れていきたいです。
工場を増設して、県外に本社を置いている大手チェーン店さんへの販売にも注力していきたいですし、EC事業も展開していきたいです。
とにかく、やりたいことがたくさんありますよ(笑)

取材班:とても具体的に教えていただきありがとうございます!上原社長が持つたくさんのビジョン、現実になる日が来るのがとても楽しみです!

「必ず自分への問いを持っておくべき」事業を成功させるための答え

取材班:最後に起業したい方へ向けてメッセージをお願いします。

上原社長:せっかく志があるなら、すぐにでも起業してみると良いと思います。
実際にやってみることが一番成長に繋がりますが、その過程で「必ず自分への問いを持っておくべき」だとは思いますよ

取材班:自分への問いとは具体的にどのようなことでしょうか。

上原社長:例えば、本当に今自分がやっていることは正しいのだろうか?これで満足していて良いのか?などです。
これは起業後だけではなくて、起業前にも言えることだと思いますが、あくまで「自分が源」なんです。

世の中が悪いとか、相手が悪いと言っている内は絶対成長しない。自分にキッチリ矢印を向けて問いかけていかないといけません。そうすると、自ずと成果に繋がってくると思いますよ。

取材班:確かにそうですね。何かに行き詰まったときや、外側のせいにするのは一番簡単ですしね。でも、それだけでは何も得られないどころか成長に繋がらない。

上原社長のお言葉には、人生における価値観を大きく変えていただけました!本日はインタビューで伺いましたが、良いお話をたくさんお聞きすることができ大変嬉しい限りです。貴重なお話をありがとうございました。

株式会社上原ミートの情報はこちら

「豊かな食生活のお手伝い」を掲げ、お客様のお困りごとを解決できる食肉卸売会社を目指している株式会社上原ミート様。

「必ず自分への問いを持っておくべき」と語る上原社長の姿を見ることで、事業を進めていくうえで一番自分の成長に繋がるものは何か、その答えを学ぶことができました!

そんな上原社長が代表を務める、株式会社上原ミート様の事業所情報は下記よりご確認いただけます。

事業所名 株式会社上原ミート
アクセス
住所 〒901-0225
沖縄県豊見城市字豊崎3-85
電話番号 098-850-2915
公式HP https://www.u-meat.net/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら