沖縄の企業様に朗報!あの受電代行サービス「Smartdesk」が月1万円~で導入可能に!

沖縄の企業様に朗報です♪電話代行サービスとして知られる「Smartdesk(スマートデスク)」が、なんとなんと、月1万円~利用することができますよ。

オフィスが頻繁に無人になるため電話に出られない、電話対応まで教育に手が回らず、従業員がどんな対応をしているのか心配…そんなお悩みはありませんか?入電にまつわるお悩みは、電話代行サービスでまるっと解決いたします。

この記事では、電話代行サービスとは何か?から始まり、おすすめの「Smartdesk」の特徴や導入メリットなどを説明していきます。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

電話代行とは?どんな仕組み?

電話代行とは、企業にかかってくる電話を代わりに対応するサービスです。テレワークや外出が多くオフィス内に人員がいない、業務が多忙で手が回らない…など、電話の問い合わせや注文などの電話すべてに対応することが物理的・時間的に難しい場合もあるでしょう。

そんな時、代わりに電話応対をして「機会損失を防ぐ」のが電話代行です。サービス内容としては、まず顧客や取引先などから電話がくると、電話代行サービス提供会社へと転送されます。すると、その企業専属のオペレーターが代わりに受電対応し、通話内容を企業に報告します。そして報告を受けた企業は、折り返しの電話をするなど電話の内容に合わせた対応を行う、という仕組みです。

電話代行を利用するメリット

業務効率化が図れる

電話代行サービスを導入することで、従来の「電話を受ける」という作業がなくなり、貴重な時間を業務に充てることができます。オペレーターが電話対応をして、担当者に用件だけを簡潔に伝えてくれるので、無駄な電話に時間をとられません。集中力を保つことができ、業務の生産性も高まるでしょう。

機会損失を防止できる

電話を取り損ね、折り返しが遅くなると、重要な契約や依頼が流れて機会損失という痛手になることもあります。また、電話に誰も出ないことが続くと、企業の信頼性も失ってしまうでしょう。そうしたリスクを回避するために、電話代行サービスは大いに役立ちます。

人件費削減に繋がる

電話対応のために従業員を雇うのであれば、それだけ人件費、採用・教育のためのコストがかかります。電話代行サービスは、電話対応の業務を外注するようなイメージでなので、従業員を一人雇うことに比べればずっと安価に利用することができます。月々の費用のみで、ほぼ一人分の人件費が抑えられますね。

電話対応の質が高まり顧客満足度にも繋がる

電話代行サービスでは、電話対応専門の研修を受けたプロのオペレーターが電話対応をします。明るいトーンでの話し声や、言葉使いが美しいという特徴は企業のイメージアップにもなりますし、顧客満足にも繋がっていきます。

コールセンターとはここが違う

似たようなサービスとして、他にもコールセンターが挙げられます。それぞれの違いは以下の通り。

<規模>
電話代行サービスは、サービス利用のコストが低く導入しやすいのが特徴です。しかし、入電回数が増えると価格が上がるという料金システムもあり、個人店舗や中小企業など、1日の入電回数が少ない企業におすすめです。
コールセンターの場合は、1日の入電回数が非常に多いため、50~100人以上ものオペレーターがいることも珍しくありません。オペレーターの人数が多いことが、コールセンターの最大の特徴でしょう。コールセンターは入電回数がとくに多い企業や、複数の部門に分かれている大企業などで使われる傾向があります。

<趣旨>
電話対応サービスでは、オペレーターは契約を結んだ企業の受付スタッフとして、かかってきた電話に対応することになります。そのためオペレーターには、企業の代表番号から転送されますし、契約企業名を名乗って用件を伺います。
通話が済むと内容をまとめて担当者へ報告し、担当者は電話の内容に合わせた行動をする、というのが一般的な流れです。
一方コールセンターの場合は、専用の電話番号があり、お客様センターやヘルプデスクなど1つの番号で複数の回線に対応します。

<コスト>
電話代行サービスにかかるコストは、コールセンターよりも断然低いと言えます。発生するコストは、番号の貸出と、月々の料金または入電回数ごとの費用など。オペレーターの教育や管理コストは電話代行サービスを提供する会社が負担するため不要です。
それに対しコールセンターの場合は、50~100人以上という多くのオペレーターを抱えているので、費用が高くなる傾向にあります。またスタッフの質についても、どうしても個人差が出てしまうのは否めません。

様々な電話代行サービスを比較

電話代行サービスを提供する会社は複数あります。その中の代表的なものをいくつかピックアップし、その特徴をご紹介します。

Smartdesk

料金は100入電10,000円/月~で、3種類の料金プランを展開しているため、企業規模や入電数によって、自社に最適なプランを選択することができます。
メールでの受電報告の他に、Chatworkやslackといった定番のビジネスチャットツールとの連携も可能です。また、通話のログを確認することができるため、安心して利用できます。平日は19時まで対応、登録をしてから最短で当日中の導入もできます。
(Smartdeskの詳細はこちら

fondesk

料金プランは100入電10,000円/月のみと非常にシンプルな電話代行サービスです。入電回数101回目から従量料金になるため、費用感は少し高くなります。
fondeskも、メールだけでなくビジネスチャットツール等での受電報告に対応しています。セットアップ後、最短5分程度で使えるようになる対応の早さが特徴ですね。

bellsystem24(電話代行サービス e秘書)

料金は80入電10,000円/月~で、曜日や利用時間など、細かなプラン設定ができます。大規模コールセンター大手が運営しており、電話代行サービスにもコールセンターで培ったノウハウや教育が活かされています。

電話代行サービス株式会社

料金は平日昼間30入電8,000円~ですが、この電話代行サービスには月額プランはなく、それぞれの契約者に合わせたカスタムメイドです。24時間365日対応が可能、カスタムメイドで自社にぴったりのサービスが受けられることがメリットです。

CUBE電話代行センター

料金は50入電10,000円/月~で、英語対応など、いくつものプランがあります、
クレームの一次対応が、オプションでなく基本料金に含まれているところがメリットです。料金は高めですが、1948年創業で取引先に大手企業も多数あり、安心感があります。

コスパの良さで人気急上昇の「Smartdesk」

上述した中で特におすすめしたいのが「Smartdesk」です。入電をオペレーターが対応し、折り返し先や要件などをまとめ、担当者にメール/slack/Chatwork/LINEなどで送信します。また、通話ログは無料で使用することができ、これは特にオフィスなどでは非常に有用なサービスです。

<特徴>
・優秀なオペレーター
Smartdesk独自の基準をクリアしたオペレーターが電話対応します。電話対応はお客様/取引先との直接の窓口になるため、会社の印象を左右しますが、対応するのが質の高いオペレーターなら、安心して導入することができます。

・様々なツールで受電内容をリアルタイム確認
メールや各種チャットサービスなど、多彩な外部サービスと連携できるので、スマートフォンからもリアルタイムで受電内容を確認できます。
特にビジネスチャットツールとの連携に力を入れており、すでにslack/Chatworkなどのツールを導入済みなら、スムーズに連携することができます。

・通話ログの提供
Smartdeskでは通話ログを提供していて、お客様とオペレーターのやり取りを確認することができます。もしもトラブルや行き違いがあった場合にも、通話ログが残っているので安心です。

<料金>
料金プランは、受電回数によって3種類から選べます。

10,000円/月(税抜) 100受電まで100円/1受電
(101受電~200円/1受電)
20,000円/月(税抜) 200受電まで100円/1受電
(201受電~200円/1受電)
30,000円/月(税抜) 300受電まで100円/1受電
(301受電~200円/1受電)

料金は100受電10,000円/月~と、他社と比べ安めの値段設定ですが、さらにSmartdeskでは、質の良いオペレーターと使いやすい機能も付いています。電話代行サービスのなかでも、コストパフォーマンスは抜群ではないでしょうか。
また、受電回数の多いプランもあるので、大きめのオフィスや入電が多い場合にも安心ですね。

沖縄の企業様で電話代行サービスの導入なら弊社にお任せ

いかがでしたでしょうか。電話代行サービスの導入により、業務効率化が図れる、機会損失を防止できる、人件費削減に繋がる、電話対応の質が高まり顧客満足度にも繋がる…など、多くのメリットを得ることができます。
弊社では、一押しの電話代行サービス「Smartdesk」の導入サポートを行っております。沖縄で電話代行サービスの導入をご検討の方は、ぜひお気軽にご連絡ください。他にも、業務効率化やコスト削減、集客にまつわるご提案が可能です。

\ 電話に誰も出んわ…から脱却! /

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら