沖縄で意外と狙い目な副業は?

今年はコロナ禍で社会も大きく変わり、働き方も変化しました。本業だけでなく副業をするという働き方も、以前より広く見受けられます。
この記事では、今沖縄で狙い目の副業をいくつかご紹介し、それぞれどんなメリットがあるのかを解説します。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

コインランドリー経営

沖縄だけでなく全国的に注目されている副業として、「コインランドリー経営」があります。
コインランドリーというと、家に洗濯機がない人が使うものと考えられていましたが、時代の変化に伴いコインランドリーの顧客層は随分と変わってきました。

単身者や共働き世帯では、帰宅時間が遅いために洗濯機をまわせない、洗濯物を干す時間がないなどと、家事を重荷に感じる世帯が増えてきており、こうした世帯を新規顧客として取り込んだことで、コインランドリーの需要は拡大しています。

また、最近では新たな顧客候補として若い女性客も含まれるようになりました。コインランドリーに持たれがちな、暗く盗難リスクが高いイメージを払拭することがポイントと言えそうですね。

沖縄でコインランドリーを経営するメリット

長期収入が見込める
家事代行業の一種として利用者を集めるコインランドリー。家事から洗濯が消えることはないので、地域のファンを獲得できれば長期的な収入につながります。

空き店舗を活用できる
専用設備は必要ですが、基本的にはどんな店舗でもコインランドリーとして利用できるため、空き店舗の活用にも適しています。土地が無くても空き店舗のテナントで始めることが可能です。

土地が無くても始められる
コインランドリー経営では、立地の選定が成功を左右することになるため、自身の土地を利用するより、適した立地を選んで開業するほうが良いでしょう。
また、フランチャイズや代理店契約をすると、プロによるマーケティングでコインランドリーに最適な立地を選んでもらうことができ、成功率の高い立地での経営をスタートできます。

沖縄でのニーズ

降雨量の多い沖縄は、コインランドリー業界からすると特需と呼べる時期が長く、一年を通しての需要が見込めます。
また、沖縄は車社会なので、駐車場を設置して24時間経営を行うことで、夜中でも布団などの大物洗いやまとめ洗いが出来ると喜ばれますね。
季節ごとのニーズとしては、下記のものが挙げられます。

春:ゴールデンウィーク(旅行者の利用)、PM2.5対策
夏:梅雨特需、汗で湿った寝具などの乾燥
秋:台風、シルバーウィーク(旅行者の利用)
冬:大掃除特需、年末年始のお客様用布団
通年:布団などの大物洗い、家庭で洗濯できない世帯(帰宅時間が遅いなど)、雨で外干しできない場合、週末のまとめ洗いなど

フランチャイズという選択肢もあり

フランチャイズや代理店契約をするのも、コインランドリー経営を成功させる有効な選択肢と言えるでしょう。
契約費用はかかりますが、市場調査や出店準備、事業計画の策定などを代わりに行ってくれますし、ご自身の土地がない場合には、用地のあっせんや物件の調査まで依頼することができます。

例えば沖縄では「フトン巻きのジロー」がコインランドリー事業で成功していて、県内外あわせて50店舗も展開しています。これは、沖縄での布団丸洗いやコインランドリーの需要があることの証明にもなりますし、フランチャイズ契約をするにしても地元企業なら心強いですね。

駐車場経営

もし土地をお持ちなら、副業で駐車場経営という選択肢もあります。「良い立地に土地がある」という条件が必要になりますが、少ない投資から始めて収益が上げられる副業としておすすめです。

駐車場経営は月極駐車場形式とコインパーキング形式に分けることができ、月極駐車場では安定した収入を、コインパーキングではより高い収入を見込めます。

沖縄で駐車場経営をするメリット

初期費用が低い
駐車場経営の最大のメリットは、初期費用が低いことです。コインパーキングでは機械の設置が必要になりますが、月極駐車場の場合には機械も必要なく、敷地の舗装も必須ではないため、始めようとすればいつでも始めることが可能です。

狭小地でも可能
狭小地や変形地など、建物を建てての活用が難しい土地の活用にも適しています。軽自動車専用にしたり、バイクや自転車専用にすることも出来ますね。

他の業態への切り替えが容易
建築物を建てなくていいので、他の業態への切り替えも容易にできます。もし駐車場経営から路線変更したくなっても、心置きなくシフトチェンジすることが可能です。

沖縄でのニーズ

沖縄は車社会なので、都会であるほどに駐車場のニーズは高くなります。
松山や国際通り、おもろまちといった繁華街の近くはコインパーキングの需要が高く、オフィス街の久茂地、壷川、前島付近など、ゆいレールの駅周辺では月極駐車場の需要が見込めます。

民泊経営

空き家や空き部屋をお持ちなら、民泊経営で稼ぐという方法もあります。
2018年6月に施行された「住宅宿泊事業法(民泊新法)」によって、民泊事業を始める場合、都道府県知事に対して届出さえすれば、旅館業法の許可がなくても民泊を運営できるようになりました。

1年間の営業日数が最大で180日以内という制限はありますが、空き物件をお持ちなら検討してみても良いでしょう。

沖縄で民泊経営をするメリット

空き物件を有効活用できる
空き物件のままでは管理費用や税金がかかるだけですが、そこから収益を上げられるようになることが、民泊経営最大のメリットです。

民泊許可の取得により、民泊物件として売却できる
民泊許可はどんな物件でも取得できるというわけではなく、条例などによって民泊許可申請ができなくなる場合もあります。一度民泊許可を取得しておけば、売却後も民泊として運営できるので、民泊物件としての売却が可能になります。

地域活性化に貢献
民泊を経営すると観光客が訪れるようになるので、地域活性化にも貢献することができます。

沖縄でのニーズ

沖縄は人気の観光地なので、高級リゾートホテルも人気がありますが、安く泊まりたいという旅行者もたくさん訪れます。民泊の宿泊費はホテルと比較すると格安のため、宿泊費を抑えたい旅行者に人気です。
今年はコロナの影響により、海外旅行よりも国内旅行の人気が高まっています。はじめから外国人の受け入れは不安だという方は、今のうちに始めてみるといいかもしれません。

また、民泊には空き物件に泊まる「家主不在型」だけでなく、ホームステイのような「家主居住型」もあり、一戸建ての空き部屋だけを民泊に利用することも可能です。
もしも伝統的なスタイルの家屋なら、それが付加価値になって、ある程度アクセスが不便な場所でも集客が見込めるでしょう。

2021年の東京オリンピック、2025年の大阪万博と、コロナが落ち着いた頃の観光需要を見越し、沖縄で民泊経営の準備を始めてみてはいかがでしょうか。

個性的な駄菓子屋・本屋など

これまでご紹介した業種は、ある程度大きな需要を狙えるものです。それとは逆に「ニッチなニーズ」を狙うという方法もおすすめです。
たとえば普通の駄菓子屋や本屋は、通り過ぎたり見逃したりされてしまいますが、個性的な駄菓子屋や、オーナーのこだわりが詰まったオタクチックな本屋などは、逆に話題になることもありますね。

こうした個性のあるスポットはInstagramなどのSNSと相性がよく、インスタ映えするニーズを狙うことでライバルとの差別化が図れるようになります。

沖縄で個性的な駄菓子屋・本屋を経営するメリット

差別化することで話題になり集客につなげやすい
ターゲットを絞り、固定ファンが付くようなお店は話題にのぼりやすく、映える外観や商品があれば、SNSでの情報拡散や集客が見込めるでしょう。ニーズに上手く合致した場合には、熱心なリピーターになることも考えられます。

好きなこと・興味があることを仕事にできる
自分の趣味やこだわりのものを揃えるため、気持ち的にも非常に楽しく仕事ができますね。

沖縄でのニーズ

駄菓子屋なら懐かしいもの好きに、また、他とは違うこと求めるニッチな層からのニーズも見込めます。
実際、那覇市には駄菓子バーもあります。このように、別の業種にニッチなニーズをミックスするというのも面白いかもしれません。

例えばコインランドリーと本屋をコラボさせると、洗濯の待ち時間をつぶすことができますし、映える写真が撮れるスポットも用意すると、待ち時間にSNSで拡散してもらえる可能性もありますね。

まとめ

2020年のコロナ禍で、本業だけでは不安に感じ副業をされる方も増えてきました。弊社も副業を考えている方からのお問い合わせをいただいています。
これから副業を始める予定・検討していて、何かお困りごとがありましたら、ぜひ弊社までご相談ください。
インフラ設備のご提案や、融資のご相談など、あらゆる面でのサポートが可能です。

\沖縄事業所の明るい長嶺が伺います/

名前:長嶺
出身:首里
趣味:カラオケ、特技は水球!全国行ってます!
一言:顧客満足度ナンバーワンの長嶺をご指名下さい♪
TEL:080-4903-4766

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆