◇ニッチ戦略って何?沖縄で勝つ起業をする為には

沖縄で起業する際、
少しでも競合は少ない方がいいですよね?

競争が激しいマーケットでサービスや商品を展開するのはリスクがあります。

ここでは一定の層にアプローチをする、
ニッチ戦略についてお話していきます。

市場の中の一部の隙間を狙い、
特定の顧客やニーズに対して商品や
サービスを提供する事。

他社と異なる領域を見出すことによって、
事業の優位性を獲得する事が出来るので、
先行者利益を得て独占的に市場シェアを
獲得していく戦略の事です。

簡単に言うと…

ある一定のユーザーに商品を販売して
マーケットシェア率を
拡大していくことです。

なのでペルソナ(客層)設定は
重要になりますね。

2、なぜ必要なの?

ニッチ戦略を採用する理由は、
大企業や中小企業が参入している市場で、
同じような製品やサービスを
投入しても現実的に厳しいです。

理由が価格面や生産量、流通、
コストなどにおいて、
新しく参入する企業は、
シェアの高い企業に太刀打ちする事が
困難な為。

またよくある競争価格(値下げ)に
対応する事も厳しくなってきます。

だから必要!

厳しい競争を避ける為、
既存の商品やサービスが存在しない
マーケットで、
高収益を上げていく方が
リスクが少ないという事です。

3、ニッチ戦略のメリット

次のようなメリットが挙げられます。

メリット

●競合が存在しない為、
自社で高い価格を設定する事で、
高利益率・高利益を上げる事が可能

●競合製品やサービスが存在しない=
マーケットにおいて独占出来る可能性
がある

●マーケットで先駆者となれる事で、
どこよりも早く取引先を拡大する事が
出来る

●世の中に少ないマーケットの為、
新たなニーズの掘り起こしや創出が可能

マーケットで自社製品やサービスによって
新たな価値がもたらされることで、
異業種の他社製品やサービスとタイアップ
する事が可能。

まとめると

市場に存在しない分野や大企業・シェアの高い企業が入り込んでいない分野で、
先駆者になることが可能となれば、
取引先の確保や増加により、
資金面においても事業をスムーズに
展開していくことができますね。

4、ニッチ戦略のデメリット

逆にデメリットとして次が想定されます。

デメリット

●市場自体が狭い為、
収益化出来るだけの規模に市場が
成長しない恐れがある

●マーケットに展開していなかったので、
消費者に受け入れられない
又は時間がかかる可能性がある

●展開するサービスが時代の流れと共に
縮小したり無くなる可能性がある

※例えば自動車関連で、
現在はガソリン主流だが電気自動車が
普及してしまうなど

●始めはニッチ市場ではあるが、
製品やサービスが流行り、
競合が出てくる可能性がある

※つまり継続的に
高収益を確保していく事が
厳しくなってくる事も考えられる

まとめると

あまりにもニッチ市場になると、
そもそもサービスが受け入れられない
事があります。

製品が流行り、
競合が参入してきたとしても、
先駆者としてシェア率を高めておけば、
ある程度リスクヘッジが出来ます。

しっかりと戦略を立てた方がいいですね。

5、差別化戦略との違いについて

同じようなワードとして、
「差別化戦略」があります。

ニッチ戦略と差別化戦略ってどう違うの?
これに対して簡単に説明していきますね。

差別化戦略

差別化戦略とは、
既存の商品やサービスが存在し、
その商品やサービスと異なる特徴で
目立たせ、差別化した手法で販売する
ことです。

つまり、販売したい商品がすでに市場に
出回っているという事ですね!

ニッチ戦略

販売したい商品やサービスが、
市場に出回っておらず、
ニッチを狙っていく戦略の事。

市場に同じような商品やサービスが
存在するかしないか
という違いです。

6、まとめ

沖縄で起業する際は、
販売したい商品もしくはサービスが、
すでに市場に出回っているか?

こちらが重要になります。

市場に存在している=差別化戦略

市場に存在していない=ニッチ戦略

ニッチ戦略のデメリットで
お伝えした通り、
ニッチ戦略が上手くいった場合に
競合が新しく参入してくると、
ニッチ戦略から差別化戦略に
変化していきます。

初めから差別化戦略で
展開していく事も全然有りです。

というのも、
市場に商品やサービスが存在している
という事は、需要があるからです。

ですが、大手から中小企業がシェア
しているので、
参入障壁は高くなってしまいます。

ニッチ戦略は、既存企業がこれから検討
すべき戦略ならびに、
起業する上で検討していくべき戦略の
一つに挙げられます。

しっかりと戦略を組み立てて、
沖縄で起業しましょう。

メールでのお問い合せはこちら

 

電話でのお問い合わせはこちら

 

◆◇沖縄起業ショップのSNSも随時更新中です◆◇