沖縄で介護職員を採用するなら介護職特化型の採用代行サービス「メディカ」一択!どんな特徴がある?

沖縄は高齢化が進んでいるうえに、深刻な介護職員不足と言えます。
その結果、「沖縄で介護施設を経営しているけど、介護人材が見つからなくて辛い…」といった悩みを持つ経営者の方も多いのではないでしょうか。
今から介護事業を始める予定の方も不安になりますよね。

そこで今回は、介護職員不足の悩みを解決できる、介護求人紹介サービス「メディカ」について解説していきます。
本記事を読んでいただくことで得られるメリットは下記の2つです。

・沖縄の介護職員不足の環境でも、確実に新たな介護人材を得る方法が分かる。
・今から介護事業を始めても失敗しない、介護人材獲得の方法が分かる。

他にも、沖縄県内の現在の介護業界事情や、行っている人材定着支援についても解説していきます。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

【高齢化】深刻な介護職員不足に悩まされている沖縄

現在、介護施設の経営者・責任者の方が頭を悩ませている介護人材不足。介護業界の大きな課題であるといっても過言ではありません。

高齢者様の多い沖縄では、「入居者数のキャパシティは十分にあるのに、介護職員が足りず受け入れられない」という事業所の声も聞くようになりました。
現状を打破するためには、介護人材の確保を早急に行う必要があります。

事業所の約9割が「採用が困難」という悩みを抱えている

介護労働安定センターの調査によりますと、介護職員の平均離職率は16.2%と、全産業平均の数値である14.9%を上回っています。
同時に、介護人材の採用活動も難化しており、事業者の88.5%が採用困難と回答しています。
作業が困難な理由としては、次のような声が多く挙げられています。

・同業者同士の人材獲得競争が激しい
・産業と労働条件が釣り合っていない
・新卒採用の売り手市場化

介護人材不足に悩まされているのは経営者だけではありません。現場で実際に労働している介護職員も同様です。
職員が少ないことによる業務の激化が原因で、「満足な介護サービスを提供できない…」といった思いをしている介護職員が増加しています。

介護職員は続かない?約4割が就職から3年未満で辞職

介護労働安定センターの調査では、実は介護職員を離れた4割(38.8%)が、介護職歴1年未満という事が分かります。
それと同時に、介護職歴1年以上3年未満の離職者は26.4%であることも分かっています。つまり、介護業界に就職して3年以内に離職した人の割合は、離職者全体のうち65.2%ということになります。これはかなり大ボリュームですよね。

このことから分かる人材確保の鍵とは、「介護業界に入ってきた人材をどれだけ定着させることができるか」ということでしょう。

【介護職】沖縄で行っている人材定着支援とは?

ここからは、現在沖縄で行っている人材定着支援について解説していきます。介護職員の離職者を削減するためにどのような活動を行っているのか、それぞれ簡潔にご説明いたします。
出典:沖縄県HP

介護職の魅力を発信

介護職の魅力をメディア等で積極的に発信することで、介護求人の増加を促しています。具体的な活動内容としては下記の通りです。

◆介護職魅力発信パンフレット
介護職への理解や就業促進のためのパンフレット「ONE TEAM」を配布しています。沖縄県内の就労支援機関や役所などで受け取り可能です。

◆介護の仕事イメージアップCM
介護職への定着した負のイメージを正しく理解してもらうために、介護業界の良さをPRするためのCMを広範囲で放映しています。

沖縄県民向けに介護講座を実施

沖縄県内で介護に興味を持っている方、介護職への就職希望者に向けて介護講座を実施しています。

◆介護に関する入門的な研修事業
介護職未経験者に向けて、介護に関する基本知識や介護の業務をするにあたって知っておくべき基本技術を学ぶことができる研修を実施しています。

◆沖縄県介護実習・普及センター各種講座
一般の県民向け講座や地域で活動されている県民・各種団体に向けた実習・講座を実施しています。

介護資格の取得支援

介護資格を取得したい方に向けた支援活動を行っています。

◆県内ハローワークにおける職業訓練等の斡旋
介護資格を取得するための公的職業訓練などの斡旋を行っています。対象となる介護資格は下記の2つです。
①介護職員初任者研修
②介護福祉士実務者研修

◆委託訓練
一部の介護資格の取得ができるコースを用意しています。主な取得可能資格は下記の通りです。
①介護福祉士養成施設の長期コース(2年)
②介護職員初任者研修(民間教育訓練機関を活用)

◆介護労働講習
雇用保険受給資格者を対象に、介護の基本知識や技術、専門的な内容を学ぶことができる105日間の研修を実施しています。

◆母子家庭等就業・自立支援センター
就業相談や就業支援講習会、求人情報の提供などの就業支援サービスを行う「母子家庭等就業・自立支援センター」を開設しています。
主な活動として、介護職員初任者研修などの資格取得のための研修を実施しています。

介護事業所とのマッチングサービス

介護職希望者のために、介護事業所の紹介などのマッチングサービスを提供しています。

◆ハローワークからのお知らせ
県内のハローワークでの職業紹介やミニ企業説明会等での介護事業所紹介を行っています。

◆沖縄県福祉人材研修センター
沖縄県総合福祉センター内で下記の地区の求人を取り扱っています。
・本島中南部
・宮古
・八重山地区

他にも、本島北部地区への求人は名護市福祉人材バンクで取り扱っています。

◆島しょ地域介護人材確保対策事業
離島地域での介護事業者を対に、介護人材の確保に対する支援のために経費補助を行っています。

◆介護助手採用促進モデル事業
配膳やベッドメークなどの周辺業務を行う「介護助手」の採用促進をするためにモデル事業を行っています。

◆福祉のしごと就職フェア2020
沖縄県福祉人材研修センターで、限定分野の事業所と求職者のマッチングの場として「就職フェア」を行っています。限定分野とは下記の3つです。
①高齢
②障がい
③児童・保育

◆介護補助スタッフ求人相談・面接会
55歳以上の中高齢者に向けた介護就職支援を行っています。

◆介護福祉士修学資金等貸付
沖縄県福祉人材研修センターでは、下記の対象者に対して修学資金の貸付を行っています。
・介護福祉士養成施設の入学希望者
・介護福祉士資格取得のための研修受講者

即戦力の人材を望む方必見!介護職特化型の採用代行サービス「メディカ」

ここまでの内容で、沖縄の深刻な介護職員不足とその対策について解説してきました。今後もニーズが高まっていくことが予想される介護職。
そんな介護業界の人手不足を解消するサービスが弊社が提供する「メディカ」です。

介護業界に特化した採用マーケティング・採用代行サービスが、あなたの介護事業所の人材採用を成功させます。
それでは、メディカの提供サービスの大きな特徴を3つ解説していきます。

初期費用のみで「介護職特化の採用マーケター」を採用できる

介護業界に特化した採用マーケターへの採用代行を初期費用のみのご負担でお願いできます。その結果、あなたの介護事業所の人件費削減につながります。

安心の「成果報酬型」

メディカでは、採用人数無制限により安価な採用単価で利用可能です。さらに、初回採用者に関しての費用は無料で利用可能です。

「再契約や更新料」ゼロプランもあり!

サービス利用中に採用の停止期間があった場合でも、再契約や更新料は発生しません。安心して利用が可能です。
※更新料がかかるプランもあります。(詳細はお問い合わせください)

沖縄で即戦力の介護職員を求めているなら「メディカ」一択!

いかがでしたか。介護人材の獲得が難しい沖縄で介護事業を成功させるには、「介護人材をいかに獲得することができるか」が大切です。
成果報酬型による低価格での利用が可能な介護求人紹介サービス「メディカ」。介護事業の成功に役立つツールなので、ぜひチェックしてみてください。

沖縄で即戦力の介護職員をお求めの方は、沖縄が好きすぎて移住してきた沖縄起業チョイススタッフ、米山をご指名ください。皆様のお悩みに寄り添い、親身に対応させていただきます!

\米山が親身にサポートします!/

名前:米山
出身:山梨
趣味:プロレス観戦
一言:念願の沖縄に移住してきました!よろしくお願いいたします。
TEL:080-7661-6690

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆