「遊びが仕事に!」まさにイベント業界の革命児。株式会社LUXEBRAND・玉城社長の起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第42弾。今回は、株式会社LUXEBRANDの玉城偉光社長をご紹介します。

「美意識を持って豊かな沖縄を創造する」をビジョンに掲げ、その実現のためにイベント事業をはじめとした人材育成、職業紹介、社会貢献団体支援、コンサルタントなど幅広く事業展開する株式会社LUXEBRAND。

沖縄のイベント業界に革命を起こした玉城社長に、なぜイベント業で起業されたのか、そして起業時の苦悩や今後の展望について伺ってきました。

遊びを本気でやっていたら仕事になっていた

取材班:まずは起業したきっかけから伺ってもよろしいでしょうか?

玉城社長:遊びを本気でやっていたら仕事になっていました。
20歳の時に大阪に行っていたのですが、当時沖縄は大阪に比べて遊びが少なかったんですよね。
県外には学生イベントや、自分たちで作る面白い遊びなどがあったので、そういうのを沖縄に持ってこようと思ったのが始まりでした。

取材班:実際には、どのようなことをされたのでしょうか?

玉城社長:最初に、友達に声をかけて300人規模のクルージングパーティーを開催したところ、チケットが2週間で完売して。
そこで「沖縄の人は大人数での遊びを求めているな」という実感を得たので、今度はフェスをやろうと思い立ちました。
今度は100名の友達を集めて1,000人以上のフェスを計画し、ウォーターバブルフェス、いわゆる泡フェスというのをやったんですが、知っていますか?

取材班:わかります!玉城社長がされてたんですね!

玉城社長:そうそう、主催者私なんですよ(笑)
泡フェスで使った泡マシンですが、1台70万円するものを4台買おうということになって。ただ元手が無かったので、泡マシンで遊んでいる動画をシェアして、先にチケットを売ってから元手を作りました。

取材班:今で言うクラウドファンディングのような感じでしょうか?

玉城社長:そうですね、今考えるとまさにクラウドファンディングでした。
そうしてイベントを開催できるようになった上に、タイミングよく大規模なフェスと一緒にイベントを実施できたということもあって、最終的には2,000名集まるほど反響がありました。

それが業界に広まって、お仕事のオファーをたくさんいただくことになったのが起業のきっかけですね。

20歳頃、本気で遊んでいた時の玉城社長(笑)

“出た杭”としてやっていくことの大変さ

取材班:イベント会社を始められてから、大変だったことはありましたか?

玉城社長:私は24歳で起業したんですが、若くして経営していくということが大変でしたね。
イベント業界の方々は経験豊富な職人さんたちが中心で、私のように24歳で主催者をやっている人間はなかなかいなくて。

ただ、そうなると県外のイベント主催者は、沖縄でイベントを開催する時に直接私のところに来るようになったんです。そういった面では、業界のしきたりを変えてしまったので、ある意味出た杭としてやっていくのが本当に大変でしたね(苦笑)

取材班:まだ古いルールのようなものが残っている状態だったのですね。

良いことを続けていれば自然と求められる

取材班:既にある程度出来上がった土壌の中で、新しいことを始めるのは大変ですよね…。大変だったことは、どのように乗り越えられたのでしょうか?

玉城社長:本質的には「良いことをしたから」乗り越えられたと思いますね。
今までイベント業界は県が関わっていることもあって、ある意味お客さんのニーズを徹底的に追求しきれていないところがあったのですが、私のように民間で事業としてイベントをやっていると、お客さんを楽しませるためにより柔軟な対応をすることが出来ます。

そうやって、お客さんにとって良いことを続けていると、お仕事の話もたくさんいただけるようになって、最終的には沖縄でイベントをやる際には必ず名前を挙げてもらえるようになりました。

取材班:すごい、沖縄のイベント業界に革命を起こしたということですね!

玉城社長:よく「よそ者、若者、馬鹿者が革命児になる」と言われたりしますが、まさに自分のことだなと思います(笑)
ただ本当に業界のルールに囚われずに主催者の視点でお客さんのためになることを続けてきて、結果として沖縄に新しいマーケットを作ることが出来たのかなとは感じていますね。

美意識を持って豊かな沖縄を創造する

取材班:めちゃくちゃすごいです…!ちなみに会社のコンセプトについても伺ってよろしいでしょうか?

玉城社長:コンセプトとしては、我々は「ビジョナリーカンパニー」というものを掲げています。
ビジョン、やりたいことが明確な会社で、それに基づいて動いているというイメージですね。
なので、「社長が一番じゃなくてやりたいことが一番」「人を見て仕事をするんじゃなくてビジョンを見て仕事をしよう」というスタンスでいます。

取材班:素敵ですね!

玉城社長:あとは社員とはスポーツ選手のような契約を大事にしています。
正直なところ、とても結果を求められるシビアな関係性ですが、その分ちゃんと支払うものは支払うというような関係性ですね。
我々はビジョンとして「美意識を持って豊かな沖縄を創造する」を掲げ、それぞれが美意識を持って沖縄を豊かにできるような事業に取り組んでいます。

取材班:すごく明確で分かりやすいですね。働かれている方々も認めてもらいたいし、やらなきゃいけないということもあって生産性がすごく上がるんじゃないでしょうか?

玉城社長:もちろん上がりますし、むしろ生産性に自信を持っている人しか来ないですね。
そういった意味でも人材力はすごいですよ!東京の大学で経済学を教えている先生がいたり、19歳で12億円くらいの会社を自分で作った人がいたり。
また、社員が独立して社長を務め、会社が出資したり。パートナーがやっている事業に出資したり、出資されたりと。

うちにはそうやって自分で稼ぐ自信がある選手たちが…やっぱり選手って言っちゃいますね(笑)そういった選手たちが我々の会社には多いので、プロジェクト毎に経営者もくっついたり離れたりを繰り返しています。

なので会社という概念ではなく、みんな自分のやりたいことのために集まっているパートナーというイメージです。

取材班:すごい…新しい働き方の形なんだなというのを強く感じますね…。正直今ちょっと鳥肌立ってます(笑)

沖縄の次世代の“ハブ”になっていきたい

取材班:興味深いお話で、どんどん気になってしまうんですが(笑)今後のビジョンについても伺ってよろしいでしょうか?

玉城社長:沖縄の次世代のハブ、中心になっていきたいと考えています。
ヒト・モノ・カネ・情報が大事と言われますが、例えば今の仕事を通じて色んな人との繋がりを持って、私は県内で一番ヒトを持っている人間になりたいと思っています。
そうすると沖縄でビジネスをする際に必ず声をかけてもらえるようになるので、そのポジションを目指していますね。

取材班:いやあ…なんというかもう正直ぜひ玉城社長と一緒に仕事をさせていただきたいです…!

玉城社長:ぜひぜひ!本当になんでも紹介できますよ(笑)

取材班:ありがとうございます!本当に勉強させていただきたい(笑)
ちなみにイベント業界となるとコロナウイルスの影響が少なくなかったかと思うんですが、玉城社長はコロナ明けの業界についてはどう見られていますか?

玉城社長:オンラインでできる他の遊びもたくさん見つかったので、正直厳しいと私は見ています。市場としての弱さが露呈したというか。

取材班:たしかにそう言われれば今後も楽観的には考えられないですよね…。コロナに関しては今後どのように対応していくお考えでしょうか?

玉城社長:イベント業というビジネスの柱は折れてしまったんですが、我々はサービス開発しながらビジネスを作っていく、いわゆるアジャイル経営を行っているので、自分たちの強みを活かしながら常に手段を柔軟に変えて対応していこうと考えています。

先ほどハブのお話をしましたが、イベント業で培った能力や人脈はあらゆるビジネスに転換できる可能性があると考えていて、私も会社のみんなもそれぞれの強みを活かしながら新たな手段や柱を模索しているところですね。

起業したい方へのメッセージ

取材班:最後に起業したい方へ向けてのメッセージをお願いします。

玉城社長:起業するのであれば、自分の物語として楽しんで欲しいですね。
今どこかに所属して働いているのは、誰かの物語を手伝っているということになるかと思いますが、起業は自分が物語の主人公になるということです。
「自分の物語を歩む」ということを念頭に置くだけで、もっと臨場感が湧いて全く違うフェーズに至れるので、起業を自分の物語のスタートラインとして考えて欲しいですね。

取材班:すごくいいですね…!最後の最後に座右の銘だけ聞いて良いですか!

玉城社長:座右の銘ですか(笑)大事にしている言葉で言うと、
「お金がない人はお金がある人についていき、お金がある人は知識がある人についていき、知識がある人は志ある人へついていく」
というものはあります。
これは本当に実感していることでもありますし、だからこそビジョンとか志を大事にしていますね。

取材班:素晴らしいですね…本日インタビューで伺いましたが本当に刺激を受けました…!玉城社長、本日は貴重なお話をありがとうございました。

株式会社LUXEBRANDの情報はこちら

「沖縄の次世代のハブになりたい」と語る玉城社長。
既存の価値観や社会状況などあらゆることに柔軟に対応しつつ、明確なビジョンを持って楽しみながら邁進される玉城社長の姿にはインタビューながら強く惹きつけられました。

そんな玉城社長が代表を務める株式会社LUXEBRAND様の事業所情報は下記よりご確認いただけます。

事業所名 株式会社LUXEBRAND
アクセス
住所 〒900-0003
沖縄県那覇市安謝1丁目18-20
電話番号 098-860-1141
公式HP https://www.luxebrand.co/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら