人脈に恵まれたため、30歳で独立開業できた。 きらきらデンタルクリニックの井上院長の起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第8弾。今回は、笑った時の白い歯が印象的な、きらきらデンタルクリニックの井上院長をご紹介します。

那覇市おもろまちで、痛くない虫歯治療や歯周病、ホワイトニング、矯正歯科治療などを行う「きらきらデンタルクリニック」。
患者さんのことを第一に考え、丁寧な施術を心がける、地域に愛された歯科医院です。

なんと30歳という若さで独立したという井上院長に、起業エピソードを伺いました。

とにかく人脈に恵まれていた

取材班:とても若い頃に起業していますが、何かきっかけはありますか?

井上院長:そうですね…開業する環境は整っていたから、というのが大きな理由です。
資金調達は親戚にかなり助けてもらいましたし、研修医として働いていたバイト先の先生も、色々とサポートしてくれたので、とにかく人脈に恵まれていましたね。だからこそ、30歳という年齢で起業することができました。

取材班:そうだったんですね!ちなみに、きらきらデンタルクリニックという可愛らしい名前の由来はありますか?

井上院長:自分の苗字をつけた「井上歯科医院」なんて、面白味に欠けるじゃないですか(笑)
沖縄の人には、内地苗字だと覚えにくいだろうしね。
なので、コンセプトの「きらきら輝く白い歯」からとって、きらきらデンタルクリニックにしました。

取材班:確かに、苗字より可愛い響きで覚えやすいですね(笑)

起業した後も常に基本が大事

取材班:起業してから、何か大変だった出来事があれば教えてください。

井上院長:毎年大変なことはありますが、やっぱり感染症対策かな。新型コロナもそうですけど、インフルエンザなんかも感染症だし、よく聞く虫歯や歯周病も実は感染症なんですよ。
今年みたいに、新型の感染症が流行すると、医療業界は対策に追われます。歯科医院ではマスクをはずすので、余計不安に思う患者さんも増えますね。

取材班:そうした大変な出来事を、どのように乗り越えてきたのでしょうか。

井上院長:大変な時だからこそ淡々と、基本に戻って一つ一つこなしていくことが大切です。あがいてパニックになったら終わりなので、まずは落ち着いて、冷静な判断をするために日々やれることを粛々とこなす。
感染症に不安を持つ患者さんには、その不安を取り除くべく、丁寧にしっかりと説明を行う。納得するまで説明して、安心してもらうんです。まぁ、これは本当に基本中の基本なんですが…。

取材班:大変な時こそ初心に戻るということですね。

基本を極めれば、儲からなくても食べていける

取材班:今後ですが、どのようなビジョンをお持ちでしょうか?

井上院長:一人の患者さんと一生付き合っていく、という覚悟で仕事をすることですかね。歯医者の仕事って、患者さんがずっと食事できる状態に保てるかどうかが大事。すぐに歯を抜いて、インプラントを勧めるような治療は好きではありません。

たまに、「儲かるのにインプラントしないの?」と聞かれたりしますけど、患者さんに本当に必要なことを提案できる医者でいたい。確かにインプラントは儲かるし楽ですけど、そこに逃げずに、基本を極めることが大事かな。

基本を極めれば、儲からなくても食べていけますよ。本当に食べていけなくなったら海外に行きます(笑)必要とされるところに行けばいいよって感じです!

起業したい方へのメッセージ

取材班:井上院長が信頼される理由が分かりますね!では最後に、起業したい人へ向けてメッセージをお願いします!

井上院長:
石橋を叩いて渡るのもいいけど、それだと歳とっちゃいますよ(笑)夢は大きく、スタートは小さく。夢はその都度大きくしていくと良いと思います。
後は、最低限の開業資金を貯めることも必要ですが、本当に大事なのはまわりの助け!一匹狼的な起業はやめたほうがいいです。起業って色々な人に助けてもらうので、若い時に人の繋がりを構築した方が近道かもしれませんね。

取材班:具体的には、どのような繋がりを持つと良いのでしょう?

井上院長:組合系は入っておくことをおすすめします。色んな業種の情報が入るし、自分の立ち位置みたいなのが分かるので。
自分は今さぼっていないか、世間との感覚がずれていないか…など、人と付き合わないと分からないですし。つまり、金より人!ということ。
人間関係ができてない人は、起業してもうまくいかないでしょうね。スタッフを雇う場合も人間関係が重視されますから。

取材班:井上院長、面白くてためになるお話、ありがとうございました!

きらきらデンタルクリニックの情報はこちら

今回インタビューに応じて下さった、きらきらデンタルクリニックには、多くの患者さんとスタッフに愛される井上院長がいらっしゃいました。
スタッフ同士の人間関係を円滑にするため、何か独自の取り組みがないか伺うと…

井上院長:お菓子とアイスのストックは絶対にきらさない!医院内は小さい世界なんで、女性スタッフとのコミュニケーションも大切にしています。
だからか、女性スタッフならではの情報も提案してくれる、良い環境ですよ。

例えば、僕は知らなかったんだけど「ラシャスリップ」という医療用成分配合の口紅があって、「先生もこの商品扱えますよね?」って情報くれたり。この口紅、医療機関でしか手に入らなくて、他の歯医者ではあまり扱っていないんですよ。
こんな感じで、色々とスタッフの意見も聞くために、風通しは良くしていますね。

後は、また基本的なことですけど、有給はしっかり取らせる、サービス残業や給料未払いがないようにする…など、当たり前のことをしっかり守っていますね。

取材班:起業する前も、した後も、人間関係は大切ということですね!

温かいオーラを身にまとう井上院長と、明るい女性スタッフが揃うきらきらデンタルクリニック様の情報は、下記よりご確認いただけます。

事業所名 きらきらデンタルクリニック
アクセス
住所 〒900-0011
沖縄県那覇市上之屋1-4-46
電話番号 098-869-4618
公式HP https://kirakira-dc.com/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら