こんな時期だから抑えたい!費用をかけずに飲食店を開業するポイント

飲食店の多い沖縄では、コロナによる影響を如実に受けてしまった店舗も少なくありません。
店舗を拡大したい、または新たに起業したいという方からすると苦しい時期ではありますが、考え方を変えると、好立地の居抜き物件が見つかったり、必要な機材を安く購入できたり、費用を抑えて開業できるチャンスとも言えるのではないでしょうか。

そこで今回は、コロナ禍でも飲食店を開業したい方に向けて、なるべく費用を抑えるポイントをご紹介します。
沖縄起業チョイスでも、沖縄で独立起業したいという方や、飲食店を開業したい、副業を始めたい…といった方のサポートをしていますので、ぜひご相談ください。

メール問い合せ・資料請求はこちら

電話でのお問い合わせはこちら

まず飲食店開業資金についておさらい

飲食店開業に伴い、最初の難関は資金調達ですね。飲食店は業態や店舗の面積、居抜き物件かなどの条件によって、開業費用は大きく変わります。
あえて開業資金の目安を挙げるなら、カフェで約100万円~1,500万円、居酒屋で約600万円~2,500万円あたりでしょうか。

開業資金は、店舗の家賃や保証金などの「物件取得費用」、内装や設備・食器などにかかる「店舗投資費用」、開業後の経営にかかる「運転資金」、そして当面の「生活費」に分けることができます。
ここでまず目を付けたいのが、物件取得費用ですね。

居抜き物件で初期費用を削減

新型コロナウイルスの影響により、とくに大打撃を受けたのが飲食店でした。これは全国、世界中でも起きていることで、もちろん沖縄も例外ではありません。
観光中心地の国際通りでさえ、不本意ながらも閉店してしまった飲食店がたくさんあります。沖縄タイムスには、7月時点でおよそ40店舗が閉店したと掲載されていましたので、今は更に増えていると予想できますね。

こうして閉店した飲食店は、多くが居抜き物件になっています。居抜き物件とは、前のテナントの設備や内装・家具などが、そのまま残されている状態のことです。
なので、同じ業態の居抜き物件があれば、最低限の改装だけ行い、好立地で開業することも可能でしょう。

物件オーナー様としても、空き家のままにはしたくないため、家賃を下げてでも次の借り手を探している場合があります。居抜き物件の活用で、「店舗設備費用」を大幅に抑えることが可能なのです。

沖縄の居抜き物件を探すには、以下のような方法があります。

不動産検索サイトの貸店舗検索で、居抜き物件を指定して検索する
居抜きBank.comなど物件を専門で扱うサイトで探す

中古の厨房機器が増えている

閉店した飲食店で使われていた厨房機器は、おのずと中古市場に出てきています。
業務用の厨房機器は高価なものですから、もしも必要なものを中古で導入することができれば、開業費用を大きく抑えることができるでしょう。

リサイクル業者をチェック

中古の厨房機器を購入するためには、業務用の厨房機器専門のリサイクル業者を利用するのが一般的です。
例えば、浦添市にある業務用厨房機器のリサイクル市場では、中古の厨房機器や調理機器の買い取り販売だけでなく、飲食店開業予定の方に自社施工とアフターフォローが入ったサービスを提供しています。

他にも、浦添市のリサイクル厨房館も有名ですね。レンタルもやっているため、試しに使ってみたい時や、一時期だけ使いたい機器がある場合にも便利です。

オークション・フリマ・ジモティーも狙い目

内装に使うおしゃれな家具、食器などを探すなら、ネットオークションやフリマサイトもチェックしたいところ。お得なセット販売や、掘り出し物が見つかるかもしれませんね。

また、大型の厨房機器は、不用品などの地元情報を掲載するサイト、ジモティーも狙い目です。重量のある機器は送料が高くつくために、直接受け取れるとお得になるでしょう。

0円創業くんで、会社設立費用ゼロ

起業するためには、会社の登記手続きや、事務所/店舗のインフラの整備、利用できる補助金とその申請方法など、考えないといけないことが山ほど出てきますよね。たくさんの手続きがあり、それぞれが複雑です。

沖縄起業チョイスでは、そうした手間・導入コストを最大限抑えられるサービスをご提案します。その名も「0円創業くん」。
株式会社登記の際に必要となる登録免許税、印紙代、定款作成、司法書士への手数料など、合計25万円(合同会社の場合約10万円)ほどかかる費用が、最大0円になるサービスです。

詳細はこちらの記事もご覧ください。沖縄での窓口は、沖縄起業チョイスが承ります。

起業する人を対象にしているため、どういった手続き・どんな設備が必要かなど、起業についてのノウハウをたくさん持つ専任コンシェルジュがワンストップでサポートします。時間も費用も抑えられるため、活用していただけると幸いです。

開業後の経営を楽にする、コスト削減におすすめの設備

開業までたどり着いたら、次の目標は経営を軌道に乗せることです。集客や利益など、入ってくるお金を増やすことはもちろん重要ですが、出ていくお金を減らすコスト削減も忘れてはいけません。
ここでは飲食店のコスト削減に役立つ設備・サービスをご紹介します。

水道代を抑える!次世代節水装置JET

次世代節水装置JETは、水量を変えず水圧がアップする節水装置です。
飲食店の場合、月々の水道代も大きなコストになりますが、節水装置を導入すると水圧が下がって洗浄効率も落ちるのでは?と思う方もいらっしゃるようですね。

その点、次世代節水装置JETは、独自のオリジナル構造で水の勢いを維持しながらも、水道代を最大で50%も削減することが可能です。水に気泡が入って水圧が高まり、洗浄効果もアップします。

また、節水しながら使用感も良くしてくれることも特徴です。空気をミクロの泡で拡散させることにより肌感を良くし、勢い・圧力により使用感がさらに良くなります。

蛇口に取り付けるだけの簡単設置でメンテナンスフリー、初期費用は不要。さらにレンタル期間は永久保証、月額料金500円から利用ができます。沖縄で取り付け希望の方は、沖縄起業チョイスが承ります。
(詳細はこちら

電気代を抑える!新電力ハルエネでんき

ハルエネでんきは、電気代の見直しとコスト削減に役立つ新電力です。
2016年4月の法律改正により、電力の小売りが全面自由化されました。これにより、従来の地域電力会社だけでなく、様々な会社が電力を販売できるようになり、低価格化を実現しています。

特に業界シェア率ナンバーワンを誇るハルエネでんきは、沖縄電力から電力を供給しているため、今までと変わらずに電気を使えるのはもちろん、電気代を抑えることが可能になります。

年中クーラーをつけるような沖縄は、電気の使用量が非常に多いですから、未だ電力会社を見直していない方は切り替えを検討してみてください。

ハルエネでんきの導入は、工事費無料、立ち合いも不要で、お申込みだけでご利用可能です。スマートメーターへの無料交換が必要ですが、これは今後必須になっていくため、やっておいて損はありません。

こちらの記事もご覧ください。

まとめ

コロナによって、飲食店の多い沖縄は大きな影響を受けました。そんな中でも、これから起業したい・2店舗目を開業したいなどと考える方を、沖縄起業チョイスでは様々なかたちでサポートしています。
一緒にコロナ禍を乗り切って、沖縄を盛り上げていきましょう!

もちろん、現在飲食店を経営していて、コスト削減などに関心をお持ちの方のサポートも行っております。お困りごとをしっかりヒアリングし、問題解決に適したご提案が可能なため、お気軽にご相談ください。

\アウトドア派の山内にお任せください/

名前:山内
出身:読谷村
趣味:キャンプ!月に3回行くこともあります。
一言:コロナの影響でお悩みに飲食店様、お気軽にご相談ください!
TEL:080-7411-7944

メール問い合せ・資料請求はこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆