コスト削減は電気代の見直しから!沖縄の店舗様におすすめの電力会社「ハルエネでんき」

飲食店や店舗を経営していくうえで、集客を増やして収益アップを目指すのはもちろん大切ですが、もうひとつ大切なことが支出を減らすための「コスト削減」です。

コスト削減ですぐに実践できる方法としては、水道代や電気代の見直しが挙げられますね。特に2016年4月から開始した電力小売全面自由化によって、新電力への切り替えだけで電気料金を抑えることが可能です。
しかし、この新電力の切り替えですが、「電力会社の選定が面倒くさい」「手続きが大変そう」という理由から、切り替えていない方が多いのも事実。

そこで今回、「新電力への切り替え」による電気料金削減と、沖縄でも利用できる、沖縄起業チョイスおすすめの新電力「ハルエネでんき」についてご説明します。

メール問い合せ・資料請求はこちら

電話でのお問い合わせはこちら

電力の自由化とは?

「電力の自由化」とは、自分のライフスタイルや価値観に合わせて、自由に電力会社を選べる仕組みのことを言います。
これまで小売電気事業は、国が定める一般電気事業者(沖縄は沖縄電力)だけが電力供給を認められていました。

それが2000年に法改正されたことで、はじめは「特別高圧」区分の大規模工場やデパート、オフィスビルが電力会社を自由に選べるようになり、2016年には「低圧」区分の家庭や店舗なども、自由に電力会社を選択できるようになりました。

大手電力会社だけでなく、エネルギー企業や通信会社といった民間企業などが電気の小売りを自由に行えるようになったことも、「電力の自由化」と言われる所以です。
小売電力事業に新規参入した民間企業は、それぞれの本業と連携したサービスなどを強みにビジネス展開を行い、ユーザー数を徐々に伸ばしています。

新電力が供給される仕組みは?

沖縄電力から新電力に切り替える際、電力がどのように供給されるようになるのか?特別な工事は必要か?などの疑問をお持ちの方も多いでしょう。
結論から言うと、新電力に切り替えても、従来の沖縄電力と同じように電気を使うことができます。物理的な電力供給の仕組みは原則変わりません。

もともと電気というものは、発電所から送電線を通り、変電所と配電線を通った後、店舗や自宅などへ送られていました。新電力に切り替えても、この仕組みは同じです。

ただし全国に張り巡らされた送電線は、沖縄電力が所有しているものとなります。新電力会社では、この配電線を新たに設置するための費用をかけることは難しいため、送電線は沖縄電力へ「託送料」を支払い、沖縄電力の送電線を使って各店舗や家庭へと電力を届けています。

電力自由化にともなう市場規模は?

電力の全面自由化によって大手電力会社による独占供給体制が終了し、電力市場には約500社以上の民間企業が参入しています。

新電力ネットが公表する「市場規模における新電力の割合」のデータによると、新電力のシェア率は、商店や家庭向けの電灯が21.76%、電力17.84%、高圧24.78%、特別高圧8.87%と、自由化の歴史が長い高圧に続き、電灯が上昇傾向を見せています。

また、新電力合計の割合をみると20.28%と、こちらも上昇傾向にあり、全体的に新電力への切り替えの意識が高まっていることが分かりますね。こうしたデータからも、新電力への切り替えは、もはや常識となりつつあるといえるでしょう。

新電力へ切り替えるメリットは?

では、新電力に切り替えるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

コスト削減

コスト削減は、「新電力」に切り替える最大のメリットです。新電力のほとんどは、大手電力会社よりも電気代がお得になるような料金プランを展開しています。基本料金が安くなったり、電気の使用量が多いと割引率が高くなったりと、新電力会社によってプランは様々です。

どの業界も市場が自由化すると価格競争が起こりやすく、価格と品質のバランスの良い会社が選ばれてシェアを伸ばしています。店舗での電力使用状況などを考え、適した新電力をしっかり選択することで電気代を節約し、コスト削減につなげましょう。

事務処理が軽減される

従来の大手電力会社と契約している場合、店舗には電気の請求書が郵送で送られてきます。もしも複数店舗を経営しているのなら、それぞれの店舗へ請求書が届くため、毎月の事務処理が負担になることもあるでしょう。

新電力会社では、会社にもよりますが、支払い先をひとつにまとめることが可能です。請求書をまとめることで業務負担が軽減されるため、複数店舗を展開している企業には新電力がおすすめです。

新電力を選ぶ際の注意点

新電力への切り替えはメリットも多いですが、いくつかの注意点もあります。

「絶対に安くなる」わけではない

新電力は電気代を抑えられる点が大きな魅力ですが、自身の使用状況に合わない料金プランを選択してしまうと、反対に電気代が割高になってしまう可能性もあります。
新電力への乗り換えを検討する際は、電気の検針票を準備し、新電力の公式サイトで料金のシミュレーションができるので、料金がどの程度になるのか試算してみましょう。

各電力会社による差

電力の自由化が始まったことで、多くの企業が新電力事業に参入しました。窓口対応やサポートなどの品質は、各新電力会社によっても異なります。中にはサポートの対応が良くない会社もあるかもしれません。

店舗やオフィスなどで使用する電気は、安心して任せることのできる新電力会社を選びたいものです。評判を調べる、実際にサポートに問い合わせをしてみるなどをすれば、事前に評判やサポートの品質を知ることができるでしょう。

契約期間や違約金がある場合も

新電力に切り替えた場合、電力会社によっては契約期間や解約月が定められていたり、初期費用や解約時に違約金が発生するケースもあります。
もし、そうした契約の縛りがあるプランへお試し感覚で切り替えてしまうと、簡単に解約することができないうえに、解約すると違約金でと損をしてしまう場合もあります。
新電力に切り替える場合は、必ず初期費用や契約期間、解約金などを事前にチェックして申し込むようにしましょう。

新電力に対するQ&A

ここまでのご説明で「新電力」がどのようなものなのか、少し理解いただけたのではないでしょうか。では、新電力への切り替えの不安を解消するために、新電力にまつわる不安や疑問点について簡潔にご紹介します。

Q.電気は安定的に供給されますか?
A.もちろんです。電力の供給は、送電線・配電線などの送配電ネットワークを通して行われます。
新電力会社では、大手電力会社に「託送料」を支払って、大手電力会社の送配電ネットワークを使用します。そのため、どこの新電力会社を選んでも、今までと同じネットワークを使用して電気が届けられます。

Q.新電力会社が倒産したらどうなりますか?
A.万が一契約した新電力会社が倒産したとしても、電気は重要なインフラであることから、途端に電気が消えるといったことはありません。
電力供給は、一般電気事業者である大手電力会社の「送配電部門」から移行した「一般配電事業者」が、倒産した新電力会社の分も引き続き電気を供給するシステムになっています。
また、契約した新電力会社が倒産した場合の電気料金については、地域の大手電力会社が展開する「経過措置プラン」へ自動的に引き継がれるようになっています。その間に再検討し、店舗の環境に合った新たな新電力会社を再契約するといいでしょう。

Q.なぜ電気代が抑えられるのですか?
A.沖縄電力より安く電力を調達していること、またスマートメーターに切り替えることで、設備投資にかかるコストや人件費といった固定費を抑えているためです。結果的に、お客様の電気代が安くなるという仕組みになります。

おすすめの新電力「ハルエネでんき」

新電力にはいくつもありますが、沖縄起業チョイスがおすすめする新電力は「ハルエネでんき」です。
(ハルエネでんき公式HPはこちら

「ハルエネでんき」は業界シェア率ナンバーワンの新電力会社。全国の大きな電力マーケットから電力を供給することで、電力の安定と低価格を実現しています。

各種お得なプランが用意されており、電気を使えば使うほど安くなるプランなど、電気の使用量が多い飲食店や施設にとって乗り換えない理由がありません。

「ハルエネでんき」の導入は、工事費無料、立ち合いも不要で、お申込みだけでご利用可能です。スマートメーターへの交換がお済みでない場合には、交換作業が必要になりますが、こちらも無料での対応となります。

沖縄でハルエネでんきへ切り替えたい店舗様・企業様を沖縄起業チョイスがお手伝いします

南国の沖縄では、クーラーを使う時期が非常に長いため、電気代を少しでも抑えたいと思う店舗様・企業様も多いでしょう。
沖縄の店舗様でコスト削減に関心をお持ちでしたら、ぜひ業界シェアナンバーワンを誇る「ハルエネでんき」をご検討ください。

新電力会社に切り替えたとしても、沖縄電力会社の送電線が使われるため、電力の品質に変わりはありませんし、電気代を安くできる可能性も高いです。
地域に密着したサービスを提供する沖縄起業チョイスでは、「ハルエネでんき」への切り替えサポートも行っています。

どのくらいコスト削減できるの?
面倒な切り替え手続きを丸投げしたい
他にもコスト削減につながるアイデアがほしい

などとお考えでしたら、まずはお問い合わせだけでも大歓迎なので、メールやお電話、チャットよりご相談ください。担当が折り返しお客様へご連絡いたします!

\コスト削減はお任せください/

名前:伊藤
出身:与那原
趣味:バレーボール
一言:与那原出身の伊藤です!お客様に寄り添った対応を致します!
TEL:080-7621-3127

メール問い合せ・資料請求はこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆