GoTo Eatキャンペーンおきなわとは?概要と加盟店になる方法

沖縄でも11月17日からスタートした「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」。皆様はもうチェックしましたか?
地元沖縄の人にとっても、沖縄で飲食店を経営している方にとっても、非常にお得なキャンペーンですが、それと同時に気になるのが感染症対策ですね。もちろん、キャンペーンは感染症対策に努めて行われるので、積極的に活用したいもの。

今回の記事では、「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」の概要と、加盟店になる方法、そして感染症予防に役立つ設備・サービスなどをご紹介します。気になる方はお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」とは?

まずはGoTo Eatキャンペーン全体のおさらいをしましょう。こちらは、新型コロナウィルスの感染拡大により打撃を受けている飲食業や、食材を供給する農林水産業者に対する支援と、需要喚起を目的とした国の事業です。

①購入した都道府県の登録飲食店で使えるプレミアム食事券の発行
②オンライン飲食予約によるポイント付与

この2つを柱としており、①の都道府県別プレミアム食事券発行の沖縄県版が「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」に該当します。

【受付期間】
2020年11月17日〜2021年1月31日
【利用期間】
2020年11月17日〜2021年3月31日

<紙クーポン>
【販売金額】
8,000円・16,000円(プレミアム率25%上乗せ)
【申込方法】
専用ページで申込の上、ファミポートで購入

<電子クーポン>
【販売金額】
5,000円・10,000円・15,000円・20,000円(プレミアム率25%上乗せ)※電子券は沖縄銀行が発行
【申込方法】
専用ページから購入
(GoTo Eatキャンペーンおきなわ加盟店向け申請サイトはこちら

例えば、プレミアム食事券8,000円を購入すると、10,000円分として利用できるお得な内容となっています。これは、お客様の飲食代金の25%を国が負担することで、外食利用を促進するという、自粛で大きな影響を受けた飲食店に対しての間接的な支援です。

プレミアム食事券は、購入した都道府県の登録飲食店での利用となるため、使用する際には注意しましょう。また飲食店は、事前の加盟店登録が必要です。
GoTo Eatキャンペーンでは、外食自粛で遠のいていた客足を飲食店に引き戻す効果が期待できますね。

「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」の加盟店になる条件

「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」への登録は無料です。さらに、家族経営の飲⾷店など、規模の⼤⼩問わず参加することができます。登録期限は2021年1月31日ですが、キャンペーン自体は2021年3月31日まで続くので、ぜひ参加することをおすすめします!

加盟店になるには下記の条件・審査の通過が必須です。

①参加飲食店はガイドライン(外食業の事業継続のためのガイドライン)に基づき感染予防対策に取り組んでいることを条件とし、その取組内容を店頭掲示すること。
②日本標準産業分類「76 飲食店」に該当する飲食店であること(一部対象外を除く)
③沖縄県感染防止対策徹底宣言書(シーサーステッカー)の発行を受け、店舗等で掲示すること

この条件の①と②は全国共通で、③の沖縄県感染防止対策徹底宣言書(シーサーステッカー)の発行と掲示は沖縄県独自の条件です。
この他にも、プレミアム食事券(電子)の決済にはWi-Fi環境が必要になります。

また、上記の条件①の感染防止対策は、具体的には以下のような内容です。
・店舗入り口や手洗い場所には、手指消毒用に消毒液を用意する。
・店内には適切な換気設備を設置し、徹底した換気を行う。
・2m(最低1m)以上間隔を空けてテーブル・座席を配置するか、パーティションで区切る。カウンター席は密着しないように適度なスペースを空ける。
・相席する場合には、真正面の配置を避けるか、パーティションで区切る。

「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」の加盟店になる方法

次は「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」の加盟店になるための、具体的な申し込みの流れを説明します。

①参加飲食店登録条件の確認

前述の加盟店登録条件を満たしているか確認します。

②沖縄県感染防止対策徹底宣言書(シーサーステッカー)取得

加盟店に申し込むためには、沖縄県感染防止対策徹底宣言書(シーサーステッカー)と、
感染予防対策徹底宣言の企業番号が必要になります。

③申請書類を準備する

【法人の場合に必要な書類】
・商業登記簿謄本(3か月以内)
・代表者の本人確認書類
・営業許可証
・感染予防対策徹底宣言の企業番号
・入金口座の通帳の写し

【個人の場合に必要な書類】
・本人確認書類
・営業許可証
・感染予防対策徹底宣言の企業番号
・入金口座の通帳の写し

④「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」加盟店申請する

GoToEatキャンペーンおきなわ加盟店申込と、「おきぎんStarPay(決済サービス)」の申込みを行います。このふたつの申し込みは一緒になっています。
「おきぎんStarPay」は複数のスマホ決済サービスを一つの端末で利用できるようにした、店舗向けのマルチ決済サービスです。プレミアム食事券(電子)の決済の際には「おきぎんStarPay」が必要になります。

⑤申し込み完了

申し込み後、登録したメールアドレスに受付番号が届きます。
メールから「確認資料のご提出(アップロード)」フォームにアクセスできるので、受付番号と生年月日(設立年月日)を入力し、確認資料のアップロードを行うと申込み完了です。あとは審査を待つだけです。

お客様が増えるからこそ対策したい!感染予防や集客方法について

加盟店になる条件として、感染症対策は必須ですし、GoTo Eatキャンペーン終了後のことも見据えて、今から出来る集客サービスも知っておきたいところ。
そこで、沖縄起業チョイスで今一押しのコロナ感染症対策と、集客サービスをご紹介します!

手指と空間の除菌が可能な「高速除菌装置 NewスーパーM」

安全な紫外線と131度の熱風で、手指の乾燥と除菌をする機械です。10秒間でウィルスや細菌を99.9%除菌できるうえに、周囲の空間まで除菌してくれます。

従来の熱風で手を乾かすハンドドライヤーは、熱風でウィルスが拡散するのではないか、という懸念がありました。NewスーパーMも手指を乾かすことは同じですが、こちらは高速除菌装置です。手指を除菌して、さらに周囲約10mの空間の除菌もしてくれます。

フィルター交換などのメンテナンスは不要で、電気代も1,000回使用で約91円(高温での使用。低温での使用の場合は約54円)と、低コストで運用できる優れものです。

せっかくならまとめて入れておきたい「キャッシュレス決済」

「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」への申請の際には、「おきぎんStarPay」の申し込みが必要です。キャッシュレス決済は、ウィズコロナの時代に必要不可欠なアイテムなので、この機会に、全てのキャッシュレス決済を導入してはいかがでしょうか。

プレミアム食事券(電子)も利用できますし、非接触なので感染予防にも効果的です。会計時間の短縮になったり、外国人観光客への印象も良くなったり、何よりキャッシュレス化は国からも推奨されていますので、導入しない理由が見当たりません。

2021年の東京オリンピックや、2025年の大阪万博で沖縄にも観光客が増えることを考え、キャッシュレス化しておくと安心ですね。

まとめ

「GoTo Eatキャンペーンおきなわ」の加盟店になる条件や申し込みの手順、キャンペーン中はもちろん、終了後にも役立つ設備やサービスをご紹介しました。
キャンペーンへの参加登録は無料で、店舗規模は問わず参加が可能です。登録期限は2021年1月31日ですが、キャンペーン自体は2021年3月31日まで続くので、未参加の店舗さんは、ぜひ加盟店になることをおすすめします!

沖縄起業チョイスでは、起業時だけでなく、地元沖縄を盛り上げるために様々なサポートを行っています。
例えば、「何か売り上げが伸びるようなアイデアがほしい…」という方には、ブログを書くだけで集客につながるホームページをご提案したり、「集客よりも、まずはコスト削減を先にやりたい」という方には、電気や回線の見直しをまるっとサポートすることも可能です。

上述したキャッシュレスも、導入から使い方のフォローまで、沖縄の担当が伺ってサポートしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

\沖縄盛り上げ隊の山内にお任せを♪/


名前:山内
出身:読谷村
趣味:キャンプ!月に3回行くこともあります。
一言:皆さんのお悩み、お気軽にご相談ください!
TEL:080-7411-7944

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆

関連タグ