沖縄の旅行者が増えるGoToトラベルキャンペーンに備えたい設備とは

沖縄でも一時は緊急事態宣言が延長されたほど、猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。ただ、現在は沖縄の経済活動にも少しずつ回復の兆しが見え始めています。

とはいえ、まだ完全に安心できるというわけではありません。「新しい生活様式」の徹底や、「感染拡大予防ガイドライン」の遵守など、事業者には引き続き感染防止対策が求められています。

そこで今回は、話題となっている「GoToトラベルキャンペーン」の概要に加え、観光客の増加が期待できる沖縄で、飲食店や宿泊施設といった観光関連事業者が備えておくと安心な設備をご紹介します。

先におすすめ設備をネタバレしますと…
現金に触れず感染防止に役立つ「キャッシュレス決済」
消毒や検温が1台で行える「感染症拡大防止デジタルサイネージ」
クリーンな衛生環境を実現する「高速除菌装置 New スーパーM」

気になる方は商品名を押していただけると詳細が確認できますよ!沖縄起業チョイスでも、お問い合わせをお待ちしております。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

GoToトラベルキャンペーンとは?

出典:国土交通省観光庁

まずは、今後の国内旅行需要の鍵を握る、「GoToトラベルキャンペーン」の概要を確認しておきましょう。経済産業省や国土交通省などが主導する同キャンペーンには、3つの目的があります。

① 失われた旅行需要の回復
② 地域の観光関連消費の喚起
③ ウィズコロナ時代における「安全で安心な旅のスタイル」の普及・定着

飲食業や宿泊業にとどまらず、新型コロナウイルス感染症による深刻な影響を受けた観光産業。同キャンペーンは、一刻も早い地方経済復興のためにも、ぜひ全貌をチェックしておきたい事業です。

支援内容

政府は、GoToトラベルキャンペーンにおける3つの目的を実現するために、国内旅行を対象とした支援を行っています。支援内容については、以下の通りです。

・宿泊・日帰り旅行代金の35%を割引
・旅行先で使用できる地域共通クーポン(宿泊・日帰り旅行代金の15%相当分)
・上限額[旅行代金割引+地域共通クーポン]=2万円/1人1泊あたり(日帰り旅行の場合=1万円)
・連泊数、及び利用回数の制限なし

旅行者にとっては、かなりお得な観光ができる同キャンペーン。当初は除外されていた東京発着の国内旅行も、10月1日より対象となり、さらなる需要喚起が期待されています。

地域共通クーポン

キャンペーン対象となる東京発着の国内旅行と同様に、10月1日から付与がスタートするのが、「地域共通クーポン」です。
宿泊、日帰りを問わずに旅行代金の15%相当額が割引となるこちらのクーポンは、旅行先の都道府県に加え、隣接する都道府県にある取扱店舗にてご利用いただけます。

付与形式は、紙と電子の2パターンとなっており、1枚1,000円単位で発行。旅行期間中に限り使用が可能です。

割引対象

同キャンペーンで割引対象となる旅行商品は、宿泊旅行と日帰り旅行で対象範囲が異なります。

▼宿泊旅行(個人)▼
宿泊+交通機関等のセットプラン
宿泊のみ
宿泊に準ずるもの
申込方法=旅行代理店・予約サイト経由、もしくは宿泊施設に直接

▼宿泊旅行(団体)▼
例)修学旅行・職場旅行
申込方法=旅行代理店・予約サイト経由、もしくは宿泊施設に直接

▼日帰り旅行(個人・団体)▼
往復乗車券等の移動+旅行先での消費となる食事や観光体験等のセットプラン
申込方法=旅行代理店・予約サイト経由

参加条件

同キャンペーンへの参加にあたり、事業者には「新しい生活様式」の徹底や、「感染拡大予防ガイドライン」の遵守が求められており、主にそれらを遂行するための取組を参加条件としています。

例)旅行者全員に検温と本人確認を実施、三密対策の徹底など

また、旅行業や宿泊業など、ガイドラインを作成している業界もありますのでチェックしておきましょう。参加条件を含めた詳細については、観光庁が発表した資料をご確認ください。

▼Go Toトラベル事業の概要(観光庁)▼
https://biz.goto.jata-net.or.jp/common/files/20200923_2000_gototravelguideline.pdf

申請方法

同キャンペーンにおける事業者の参加申請については、事業者向けの申請サイトが用意されています。希望内容に沿って以下のリンクにアクセスした後、ページ内の指示に従って申請を行ってください。

▼「地域共通クーポン」取扱店舗登録希望事業者はこちら▼
https://biz.goto.jata-net.or.jp/coupon/

▼「旅行・宿泊割引販売」希望事業者はこちら▼
―旅行会社・OTA等の旅行業者の方
https://biz.goto.jata-net.or.jp/agt/
―宿泊事業者の方
https://biz.goto.jata-net.or.jp/yado/
―第三者機関の方
https://biz.goto.jata-net.or.jp/consign/

観光客の増える沖縄で、今備えておくと安心な設備とは?

キャッシュレス化はマスト

交通系やペイ系を筆頭とする電子マネーは、私たちの生活にもかなり浸透してきました。飲食店などにおいても、コロナ以前からキャッシュレス決済の導入を進める動きが見られるようになりましたが、今回のコロナ騒動により、一段とその重要性が増したようにも思えます。

ウィズコロナ、そしてアフターコロナの時代へと変遷する中で、キャッシュレス決済は店舗経営にどのような影響をもたらすのか。まずは、キャッシュレス決済の基本から押さえていきましょう。

<国内におけるキャッシュレス化の現状>
国内のキャッシュレス比率は、主要各国と比べると半分程度の割合です。世界的に見ても先進的とは言えませんが、政府では今後の展望として、世界最高水準の比率を目指すとのビジョンを掲げています。

実際に、国内キャッシュレス比率の推移は、2018年までの直近10年間で約2倍に増加。もちろん、沖縄においても例外ではなく、今後もさらなる増加が期待できるかもしれません。

<キャッシュレス化がもたらす感染症拡大防止効果>
コロナ禍において、店舗がキャッシュレス決済を導入することで享受できるメリットには、主に以下のようなものが挙げられます。

・釣り銭の受け渡しによる感染リスクの回避
・会計時間の短縮による三密の回避

「新しい生活様式」や「感染拡大予防ガイドライン」に準拠した営業を行うためには、もはや必須とも言えるキャッシュレス決済の導入。
感染拡大防止以外にも、リアルタイムでの情報管理や、キャンペーンによる売上アップが期待できるなど、通常時の店舗経営にも欠かせない利点が盛りだくさんです。

多くのメリットがあるキャッシュレス決済ですが、唯一のデメリットとも言えるのが、豊富なバリエーションゆえの選択肢の多さでしょうか。その点、弊社ではキャッシュレスの導入についてもまるっとサポート出来るため、キャッシュレス決済の種類にお悩みの方は、ぜひご相談ください。

感染症拡大防止デジタルサイネージ「D-Sign Clean」でスタッフを守る

消毒用アルコールの設置や、検温実施が当たり前の風景となりつつある昨今ですが、それらを遂行・維持するための人件費や感染リスクは計り知れません。感染症拡大防止デジタルサイネージ「D-Sign Clean」ならば、これらの課題をたった1台で全て解決することが可能です。

<感染症拡大防止デジタルサイネージ「D-Sign Clean」とは?>
「D-Sign Clean」は、オートディスペンサー機能と体温検知機能を備えたデジタルサイネージです。感染症拡大防止対策に特化した上記の機能と、デジタルサイネージ本来の強みであるインフォメーション機能を組み合わせることで、感染リスクの効果的な削減を実現できます。

<感染症拡大防止デジタルサイネージ「D-Sign Clean」の特徴>
「D-Sign Clean」は3つがあり、それぞれ感染症拡大防止対策に有効なメリットを有しています。

1.消毒液自動噴射機能
オートディスペンサーによる消毒液自動噴射機能により、消毒はタッチレスでOK。間接接触をさけた、理想的な衛生環境を構築していただけます。

2.体温測定機能
正面に立つだけで、赤外線IRセンサーが自動で体温を測定。体温測定に伴う人件費や、スタッフ・お客様間の感染リスクといった心配からも解放されます。

3.インフォメーション機能
消毒液で濡れた手で触れても問題のない、防水タッチパネルを搭載。本来のインフォメーション機能を用いて、感染症拡大防止対策の周知も可能です。

▼商品のお問い合せ・資料請求はこちらから▼
https://012cloud.jp/item/d_sing_clean

高速除菌装置「New スーパーM」で理想的な衛生環境を実現

接触リスクを最大限に抑えたら、残すは空間の除菌のみ。理想的な衛生環境を実現するなら、高速除菌装置「New スーパーM」がおすすめです。

<高速除菌装置「New スーパーM」とは?>
「New スーパーM」は、ウイルスや細菌をたった10秒で99・9%除菌できる手指・周辺除菌装置です。
HACCP国際衛生管理過程対応の特許を7つも取得済みで、信頼度は折り紙付き。機器周辺約10mの空間を一度に高速除菌できる設備となっております。

<高速除菌装置「New スーパーM」の特徴>
設置から実際の使用に至るまで、「New スーパーM」ならば、一切の心配は無用です。

1.メンテナンスフリー
設置場所を選ばず、フィルター交換も不要。スタッフの負担や人件費を大幅に削減できます。

2.約97%の経費削減
1,000回使用時の電気代が、高温で約91円、低温で約54円となっており、低コストを実現。ペーパータオルやごみ袋を保管するコストも考えると、とてもリーズナブルな価格での維持が可能です。

3.全国1,700拠点サービスで迅速対応
長期完全保証(5~10年)完備となっており、安心・安全のサポート体制も万全。全国1,700拠点サービスで、トラブルにも迅速対応いたします。

▼商品のお問い合せ・資料請求はこちらから▼
https://012cloud.jp/item/air_towel

各商材のお申込み・ご相談は沖縄起業チョイスまで

本記事でご紹介した商品は、全て沖縄起業チョイスでお申込み・ご相談を受け付けております。弊社では、補助金を活用した設備の導入サポートも対応可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら