沖縄の飲食店も対象!GoTo Eatキャンペーンとは?

沖縄でもGoTo Eatキャンペーンが始まりましたね。今年はコロナで大変でしたが、飲食店を経営している方はこのキャンペーンを活かし、新しい顧客の開拓をしていきたいところです。

そこで今回は、GoTo Eatキャンペーンの詳細と、沖縄の飲食店がやるべきこと、あると便利な設備やサービスなどをまとめました。沖縄で飲食店を経営されている方は、ぜひご一読ください。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

GoTo Eatキャンペーンとは?

GoTo Eatキャンペーンとは、新型コロナウィルスの感染拡大により打撃を受けている飲食業や食材を供給する農林水産業者に対する支援と、需要喚起を目的とした、国の事業です。

農林水産省HP:https://gotoeat.maff.go.jp/

GoTo Eatキャンペーンの具体的な内容は、以下の2つです。

①登録飲食店で使えるプレミアム付食事券の発行
10,000円の食事券を購入すると、12,500円分利用できるお得な内容です。食事代の25%は、国が負担してくれます。このプレミアム付食事券は、購入した都道府県の登録飲食店のみで利用できます。

②オンライン飲食予約の利用によるポイント付与
キャンペーン期間中にオンライン飲食予約サイトから予約・来店をすると、次回以降にキャンペーン参加飲食店で利用できるポイントが付与されます。付与されるポイントは、昼食時間帯だと500円分、夕食時間帯だと1,000円分、ポイント付与の上限は1回の予約あたり10人(最大10,000円分のポイント)です。

このように、GoTo Eatキャンペーンはお客様の飲食代金を一部国が負担してくれることで、飲食店の利用を促進するという、外食自粛で大きな影響を受けた飲食店に対しての間接的な支援です。
GoTo Eatキャンペーンでは、外食自粛で遠のいた客足を飲食店に引き戻す効果が期待できます。期間中、お客様はキャンペーンに参加しているお店を積極的に選ぶことになるはずなので、キャンペーンには積極的な参加がおすすめです。

GoTo Eatキャンペーンの期間は?沖縄も対象?

GoTo Eatキャンペーンは国の事業なので、もちろん沖縄県も対象です。全国が対象ですが、プレミアム付食事券は購入した都道府県のみで利用できます。
期間は「プレミアム付食事券」と「ポイント付与」で、それぞれ違います。

<プレミアム付食事券>
プレミアム付食事券は、販売方法や販売開始日が都道府県ごとに異なります。すでに販売を開始している都道府県もありますが、沖縄県は飲食店の登録を10月26日から受け付け開始、消費者に食事券の販売を始めるのは11月17日と発表しています。
(琉球新報:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1208092.html
販売期間:2021年1月末まで
有効期限:2021年3月末まで

<オンライン飲食予約の利用によるポイント付与>
GoTo Eatキャンペーンのポイント付与は、すでに始まっています。
ポイントが付与されるタイミングは、利用する飲食予約サイトによって異なります。
ポイント付与の期間:2021年1月末まで
ポイント利用期限:2021年3月末まで

飲食店がGoTo Eatキャンペーンに参加する条件

農林水産省は、「GoTo Eatキャンペーン」事業に参加する飲食店が守るべき感染症対策を定めています。具体的には下記のような内容です。

・店舗入り口や手洗い場所には、手指消毒用に消毒液を用意する。
・店内には適切な換気設備を設置し、徹底した換気を行う。
・2m(最低1m)以上間隔を空けてテーブル・座席を配置するか、パーティションで区切る。カウンター席は密着しないように適度なスペースを空ける。
・相席する場合には、真正面の配置を避けるか、パーティションで区切る。
また、沖縄県独自の条件として、「沖縄県感染防止対策徹底宣言『シーサーステッカー』」の発行を受けて掲示することが必要となります。

<プレミアム付食事券>
プレミアム付食事券は、登録飲食店でしか利用できません。登録飲食店になるためには、沖縄県のGoTo Eatキャンペーン事務局へ申請し、審査を受けることが必要です。

<オンライン飲食予約の利用によるポイント付与>
GoTo Eatキャンペーンに参加しているオンライン飲食予約サイトに登録する必要があります。飲食予約サイトを利用すると、送客手数料などの費用が発生します。送客手数料は利用する飲食予約サイトによって異なります。以下の飲食予約サイトがGoTo Eatキャンペーンに参加しています。

・ぐるなび
・食べログ
・Yahoo!ロコ 飲食予約
・一休.comレストラン
・EPARK
・EPARK グルメ
・HOT PEPPER グルメ
・favy
・トレタ
・オズモール
・Retty
・LUXA
・ヒトサラ
・Chefle
・大阪グルメ

【シーサーステッカーの発行について】
がんばろう沖縄総合プロモーション事務局
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/shoko/marketing/new_corona/index.html

【GoTo Eat店舗登録について】
※リンク先の各登録サイトにお問い合わせください。
https://gotoeat.maff.go.jp/business_person/

感染症対策として置いておきたいおすすめ設備

GoTo Eatキャンペーンの対象となるためには、上述したように感染症対策が欠かせません。また、これからのウィズコロナの時代には、衛生に対する考え方が以前とは違ってきます。感染症対策は、どれだけしても「やりすぎ」ということはありませんし、対策をとることで、お客様にも安心感を与えることができます。

こちらでは、店舗での感染症対策に役立つおすすめの設備をご紹介しますので、GoTo Eatキャンペーンの感染症対策と一緒に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

高速除菌装置 NewスーパーM

安全な紫外線と131度の熱風で、手指の乾燥と除菌をする機械です。10秒間でウィルスや細菌を99.9%除菌できるうえに、周囲の空間まで除菌してくれます。
従来の熱風で手を乾かすハンドドライヤーは、熱風でウィルスが拡散するのではないか、という懸念がありましたが、こちらは高速除菌装置です。手指を除菌して、さらに周囲約10mの空間の除菌も行います。
フィルター交換などのメンテナンスは不要で、電気代も1000回使用で約91円(高温での使用。低温での使用の場合は約54円)と、低コストで運用できます。
また、オプションでデザインもいろいろ選べますので、オシャレなお店にもぴったりです。

詳細はこちら

感染症拡大防止デジタルサイネージ D-Sign Clean

自動で消毒液を噴射するオートディスペンサーと、体温測定機能が付いた電子看板です。消毒液の噴出も体温測定もセンサーが自動で行ってくれるので、接触によるウィルス感染の心配がありません。
また、ディスプレイ部分は防水のタッチパネルになっており、消毒液で濡れた手で触れても問題がありませんし、ディスプレイに広告や情報を表示するデジタルサイネージとしても様々な使い方ができます。
例えば飲食店の入り口にこのD-Sign Cleanを置くと、メニューを選んでもらいながら自動でお客様の手指の消毒と体温測定、ということもできますね。

詳細はこちら

ホームページ制作や集客対策もマスト

今ではほとんどの人が、ネットでお店を探しているのではないでしょうか。特にGoTo Eatキャンペーンの期間中は、多くの人が飲食予約サイトやネット情報を見ているため、どうやってネット上で集客をするかは、とても重要になってきます。
ここでは、そのネットに着目した集客対策におすすめのサービスをご紹介します。

初期費用のかからないHP スマートLP

スマートLPはホームページ制作サービスですが、従来のホームページ制作サービスと異なる大きな特徴が2点あります。

・月額制で、ホームページ制作などの初期費用0円
・集客効果が見込める

最初にホームページを制作してもらい、日々の情報更新は基本的に自分で行う、というサービスです。情報の更新は、スマホやタブレットからでも簡単にできます。
オプションで、サイト掲載情報更新の代行や、Googleアナリティクスからホームページのアクセス状況のレポート作成も可能です。SNS連携やメルマガ一斉送信の機能など、お客様の囲い込み・来店率アップ、お客様のファン化などにつながる機能が多数あります。
初期費用0円で気軽に始められるので、まだホームページがないという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら

お試し期間付き Google成果報酬型MAP広告(GoogleMEO対策)

インターネット上には星の数ほどの情報があり、例えば那覇でピザ屋をやっているとして「那覇 ピザ」と検索すると、実に100万件以上の情報がヒットします。これでは、なかなか自分のお店情報を見てもらうのは難しいでしょう。そこでおすすめしたいのがGoogleMEO対策です。

これは「地域+キーワード」で検索したときに、お店の情報が検索結果の上位3枠までに入るようにするサービスです。近年ではネット検索者の7割以上がGoogleを使っており、ネットでお店を探す場合、ほとんどの人が「地域+キーワード(食べたいもの)」で検索します。そして、スマホで「地域+キーワード」で検索したユーザーの約半数は当日中に来店するのだそうです。

このサービスを利用してGoogleMEO対策をすると、Google検索はもちろん、GoogleMAPでも上位表示されるようになります。日常的に使っている検索機能ですが、飲食店でGoogleMEO対策をしているところは、まだ多くありません。検索結果を上げることで、ネット検索やGoogleMAPからの集客が期待できます。

また、このサービスは成果報酬型なので、キーワードが上位3位に入った場合のみの課金になります。上位3位に入れば、かなりの集客効果でしょう。
最大1か月半の無料お試し期間があり、対策前・対策後でどのように変化したかを比較して導入可能なのもポイントです。

詳細はこちら

GoTo EATキャンペーンで沖縄はもっと盛り上がる!今後を見据えた対策をお手伝いします!

GoTo Eatキャンペーンは、飲食業界にとってチャンスとなり得る事業です。しかし!キャンペーンに参加していなくても、飲食店の多い沖縄では感染症対策は継続して行いたいものです。コロナはいつ終わるのか誰にも分かりません。これからのウィズコロナの時代には、感染症予防や新しい集客方法を考えていく必要があります。

そんなウィズコロナの時代に向けた集客対策など、出来ることからはじめたい!という方は、ぜひ弊社までご連絡ください。お客様に合った多種多様なご提案が可能で、地元沖縄に密着したい!と意気込む元気なスタッフがお伺いします!

\ コンシェルジュ・山内をご指名下さい! /

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら