一緒に働く社員が幸せになれる会社を作りたかった。 株式会社不動産ステーション沖縄・赤峯専務取締役の起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第7弾。今回は、苦労を重ねて会社を大きくしてきたと語る、株式会社不動産ステーション沖縄の赤峯専務取締役をご紹介します。

2009年に創業した株式会社不動産ステーション沖縄では、主に本島中南部の賃貸・売買の仲介・管理業務を手掛けています。
2020年現在の社員数は17名ですが、当初は5人からスタートし、苦労も多かったのだそう。

優しい口調で話す赤峯専務取締役に、社長との出会いから起業までのエピソードを伺いました。

信頼できる社長と一緒に、仲間が幸せになれる会社をつくりたい

取材班:社長と不動産会社を立ち上げたきっかけを教えて下さい。

赤峯専務取締役:まず、私と社長は、前職から共に大手の不動産会社に勤めていました。
社長は本店の責任者で、私は支店の一社員という立場だったのですが、一緒に飲みに行くことも多かったんです。部署が違ってもいろいろ相談に乗ってくれる、面倒見のいい社長をとても尊敬していました。

その会社では8年ほど働いて部下も何名かいたんですが、福利厚生があまり整っておらず、一緒にやっていた仲間の努力が報われない環境に疑問を抱いていました。

そんなある日、尊敬する社長が会社を辞めることになったため、私も一緒に退職したんです。共に「一緒に働く社員が幸せになれる会社を作りたい!」という想いがあり、そこから5名で今の会社を立ち上げました。

軌道に乗るまでは、生活も苦しくてきつかった

取材班:社長の人柄が伺えますね!退職して起業するにあたり、大変だった出来事はありますか?

赤峯専務取締役:大変だったことは、たくさんありますよ(笑)
前の会社が業界ではトップレベルだったので、そこで経験を積んできた我々であれば、スキルも横の繋がりもあるし、大丈夫だろうと思っていたんです。
でも、創業20年越えの大手企業と、立ち上げたばかりの会社では、信用度が全く異なりますよね。

不動産は大きな財産なので、預けるのであれば新しい会社は躊躇されてしまう。そうなると、こちらは不動産という商品がないため、売り上げがない。社員に給料が払えない。

だから最初の頃、社長と私は給料を貰わず、まずは社員優先に渡していました。正直、独立起業をなめていましたね(笑)最初の2年くらいは生活が苦しくて、きつかったです。だけど、社員には迷惑かけられませんから・・・

「ワンチーム」で業務の幅を広げていく

取材班:そうした大変な時期を、どうやって乗り越えたのでしょう?

赤峯専務取締役:苦境を乗り越えたのは、社員達の理解があったからに他なりません。独身の子には給料日を少し待ってもらったり、 私のポケットマネーから少し渡したり。
お金を貰っても貰えなくても、みんな同じ仕事をしないといけないので、本当に「ワンチーム」で頑張りましたね。

取材班:社員同士の強い信頼関係があってこそですね。では、今後どのように事業を発展させていきたいとお考えですか?

赤峯専務取締役: 店舗を多角的に増やしていきたいと考えています。支店の沖大前店を出すのに10年かかったので、今後はもっと短いスパンで、沖縄全域に展開できればいいなと。
それから、住宅に関する仕事は全部携わっていきたいですね。電気とか、建物の消防設備とか、より業務の幅を広げていこうと計画しています。

起業したい方へのメッセージ

取材班:楽しみですね!最後に、さらなる成長を目指す赤峯専務取締役から、起業したい方へのメッセージをお願いします!

赤峯専務取締役:仕事は自分の為だけを考えるのではなく、誰かの為を考えることが大事。今の仕事に不満があるからという理由で独立しても、厳しいでしょうね。
うちは仲間を大切にしたいという気持ちがあったので、どんなにきつくても頑張れましたけど。
後は、社会情勢とか色んな意味でのタイミングを見て熟考すること。我々は準備しないでいきなり起業したもんだから、結構苦労しました。あの頃は若かったから踏ん張れたけどね。
起業は雇用を生むなど社会貢献ができるので、たくさん考えた上でやりたいと思うなら挑戦してもいいと思いますよ。

取材班:赤峯専務取締役、貴重な体験談をありがとうございました。

株式会社不動産ステーションの情報はこちら

今回ご紹介した株式会社不動産ステーション様には、苦労したからこそ、お客様と社員を大切に想う、素敵な社長と赤峯専務取締役がいらっしゃいました。
苦境を乗り越えた「ワンチーム」の秘訣は、社員が働きやすい環境も関係しているようです!

赤峯専務取締役:うちは県内企業ではまだ少ない、男性の育休制度を取り入れています。同じ男性社員が一昨年と今年使っていますよ。もちろん、女性社員もしっかり産休をとることができます!今年は出産が多い、おめでたい年なんですよ!

後は、働き方改革として、なるべく残業しないように気を付けています。就業時間は10~19時なんですが、みんな時間内に終わらせようという意識が高いですよ。私が出先から帰ってきたら、事務所が真っ暗…なんてこともありますし(笑)

取材班:従業員満足度の高い環境だからこそ、明るい雰囲気の社員さんが多い会社なんですね。

そんな素敵な株式会社不動産ステーション様の事業所情報は、下記よりご確認いただけます。

事業所名 株式会社不動産ステーション
アクセス
住所 〒900-0003
沖縄県那覇市安謝2-6-20
電話番号 098-988-1180
公式HP https://www.fs-okinawa.com/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら