沖縄で起業時に活用したい「創業支援融資」

沖縄は起業率が全国NO.1と、県内外の方から非常に人気のある地域です。起業チョイスを見に来たあなたも、もしかすると将来的に独立起業を目指している一人なのかもしれませんね。

ただ、実際に起業するとなると、一番気になるのは資金面かと思います。今は「融資」という非常に助けになる制度もありますので、この記事では「沖縄で融資を受ける方法」と、「融資の審査が通らない人の特徴」を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

沖縄で起業時に申し込み可能な融資制度は?

沖縄で低金利の融資を受けることができる場所は、大きく分けて沖縄振興開発金融公庫沖縄県信用保証協会の2つ。どちらも金利が低く、無担保・無保証での借入が可能です。

沖縄振興開発金融公庫

沖縄は全国で唯一日本政策金融公庫の支店ではなく、「沖縄振興開発金融公庫」という政府系金融機関があります。審査にかかる時間が短い点が特徴で、1ヵ月半~2ヵ月ほどで融資が下りるケースも。

また、政府が運営していることもあり、民間金融機関よりも有利な借入条件で融資を受けることが可能です。

「新規開業支援資金」条件
新規開業者、新規開業して概ね7年以内の方で一定の要件を満たす方(勤務経験等)
ご融資の限度額:設備資金7,200万円/運転資金4,800万円

沖縄県信用保証協会

沖縄振興開発金融公庫と同様、創業者(創業後5年未満)及び創業予定者向けの保証制度です。
沖縄信用保証協会は金融機関や地方自治体、信用保証協会などが行っています。そのため複数の機関を通す必要があり、融資を受けるまで時間がかかってしまいます。

ですが、市町村でも申し込みできる手軽さ、金利の低さがメリットです。場合によっては沖縄振興開発金融公庫で借りるより安くなることもありますので、開業まで時間がある場合は検討してみてもいいでしょう。

沖縄県信用保証協会概要
創業等関連保証 1,500万円
創業関連保証 2,000万円
創業者支援資金(沖縄県融資制度) 2,000万円
取扱銀行:琉球銀行・沖縄銀行・沖縄海邦銀行・コザ信用金庫・商工組合中央金庫・沖縄県農業協同組合・みずほ銀行・鹿児島銀行

また、すでに創業済みの方には、コロナ感染症緊急支援融資や制度融資、プロパー融資などもご案内することができます。

このように、沖縄にもいくつか起業支援制度はあるものの、融資は誰もが利用できるものではなく、当然ながら審査落ちしてしまう方もいらっしゃいます。
どのようなパターンだと審査に通りにくいのか、下記でまとめてみました。

創業融資の審査に通らない人の特徴

1.自己資金ゼロ

融資をする1つの指標として、まずは自己資金が確認されます。起業するためにどの程度の準備をしてきたのかを判断しているのです。
公庫では、融資を受けたい額の1/10の自己資本を所持していることが最低条件です。つまり1,000万の融資を受けたければ、最低100万円は用意する必要があります。

本気で起業したい気持ちをアピールするためにも、銀行の預金通帳を見せられるようにしておきましょう。 毎月の給料や残額が確認できるものでもいいですし、起業用に積立預金をしているならその口座でも構いません。証拠となるものを提出しましょう。

2.税金の滞納や未納クレジットカード、消費者金融の借り入れがある場合

過去の金融情報も重視されています。国は消費者金融と比べてかなりの低金利でお金を貸してくれますが、それは事業成功のためです。借金を抱えている場合、「借金返済が目的ではないか」と思われ融資を受けられる確率がかなり下がります。

また「昔は借金や滞納があったけど今はない」という人も、融資は受けにくくなります。そうでない人と比べた際に、どうしても信用が低くなるからです。

ただ、クレジットカードなどの支払い情報はCICという信用情報機関に保存されており、最後の延滞や借金から5年経てば情報はクリアになります。融資不要な規模で事業をスタートさせるなど、時期を見直してもいいかもしれません。

3.業界経験がない

自分が起こす事業経験も、融資の判断基準の1つとなります。例えば、今まで事務職の会社員だった人が、急に旅館経営をするため融資を希望してきても、すんなり「この人なら大丈夫だ」とはならないでしょう。その人が自己資金を多めに用意できていたとしても、未経験者と経験者では圧倒的な信頼度の差が生まれます。

そこで、信用を獲得するためにも1年前後の業務経験を積むことをおすすめします。どうしても不可能な場合は、その道に詳しい人と共同で起業する、綿密な事業計画を立てるなど、実務経験がなくても信用を勝ち取れるものを用意しましょう。

4.過去赤字続きで債務超過になっている

貸借対照表上の資産よりも負債の方が多い状態、つまり自分の資産すべてを売ったとしても赤字が返せない場合は、やはり信用的に融資を受けるのは厳しくなってきます。
ただ、以前は調子が悪くて赤字続きだったが最近は調子が良く、さらなる業務拡大の為に融資を受けたいというケースであれば、審査が通る場合もあります。

その際は資料の作り方がポイントになりますので、専門窓口などにアドバイスを貰うことをおすすめします。

5.借入の返済計画がない

返済に至る根拠も重要ですね。
どういった事業を行うのか
どこで行うのか、また場所の確保の目途は経っているのか
収入を得る計画はしっかりなされているのか
この辺りをしっかり証明できるようにしておきましょう。

また、創業後に融資を受ける場合は、実際に収益が上がっているのかどうかは間違いなく見られる点です。その点を証明できる書類の用意をしておきましょう。

沖縄で起業を考える方にとって、非常に助けになる融資制度ですが、申請準備をすべて自分で行うのは時間も労力もかかってしまいます。そんな時は、専門家がサポートしてくれる相談窓口を活用してみませんか?

創業融資相談窓口を使うメリット

補助制度を最大限に活用できる!

融資制度は難しい内容が多く、申請手続きも煩雑です。すべて自身で行うことも可能ではありますが、やはり専門知識のある人に相談できると安心ですね。特に上述した、審査に通りにくい人の特徴に一つでも当てはまっている場合は尚更です。

融資相談窓口を利用すると、緊急融資、制度融資の活用などで、無担保・無保証・金利減免枠を最大限活用することができます。また、希望融資枠の引き上げもサポートします。

複数の銀行交渉で好条件を引き出す!

融資相談窓口をご利用いただければ、複数の銀行に交渉を行い、より良い条件の銀行をご提案します。現在特定の銀行と取り引きを行っている企業様に関しても、今より最適な銀行をご提案可能です。(もちろん強制ではありません)

また、金利や期間など企業側が優位になるように交渉するため、とても心強いサポートと言えますね。

融資の審査通過率向上が狙える!

自分で作成するのはなかなか難しい事業計画、返済計画、資金繰り計画の作成サポートも行います。専門知識を持つスタッフがお手伝いすることで、審査通過率の向上や、理想の融資額の受領に繋がる可能性がグッと高まります。

万が一、融資を受けるにあたって不利な情報がある場合でも、最善の書類作成が可能なため、まずはご相談ください。

事業に集中できる!

創業時は、軌道に乗るまでなるべく事業に専念したいもの。融資相談窓口を利用することで、 調査や交渉、煩雑な事務作業などの負担が減り、本来の業務に集中することができます。

ビジネスは信頼できる仲間づくりが成功のカギ。融資の専門知識を持つ、心強い味方をつけることで、その後の事業もスムーズに行くはずです。

まとめ

沖縄で起業する際にチェックしたい、創業支援融資についてご紹介いたしました。これらは自己資金だけでは足りない場合に役立つ、非常に頼もしい制度だと言えますね。
創業融資を利用する際には、事業のアピールポイントをしっかりまとめ、融資審査の通過率を高められるよう、融資相談窓口を活用するのがおすすめです。

また、中には創業融資が通らない人の特徴に当てはまってしまった…という方もいるでしょう。そうした方も、融資相談窓口に相談してみると、実は審査を受けられる道があるかもしれません。まずは弊社までお問い合わせください。創業支援融資に関する専門スタッフが、
資金調達計画の立案
提出資料作成支援(事業計画、資金繰り計画、返済計画)
などの支援をさせていただきます。

弊社サポート条件については以下をご覧ください。

緊急融資 創業支援融資 創業支援融資
初期費用 0円 0円 0円
創業 2年以上 2年以下 創業前
業種 不問 不問 不問
対応エリア 全国対応 全国対応 全国対応
条件 売上規模:4,000万円以上 売上規模:不問
資本金:200万円以上
売上規模:不問
資本金:200万円以上
必要書類 会社概要orWEBサイトURL 会社概要orWEBサイトURL 会社概要orWEBサイトURL
代表者の個人口座通帳

※債務超過は厳しい可能性有り

\まずはお問い合わせを!沖縄のスタッフが対応します/

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆