コロナになって沖縄でも需要が伸びたサービス5選

沖縄でもコロナの感染者数はどんどん増えており、経済が鈍化している…と感じる方も多いようです。
一方、このコロナ禍であっても、売上を伸ばしているサービスはあります。今回はその中から、「SNS集客」「クラウドサイン」「クラウドフォン」「どこでもデスクトップ」「光回線」の5つをご紹介。

それぞれのサービスがなぜ需要を伸ばしたのか分かると、ビジネスで抱える問題を解決に導けるかもしれませんね。コロナ禍を生き延びる方法をお探しの方は、ぜひご覧ください。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

SNS集客(Instagramなど)

おうち時間が増えてSNSを見る人が増えた

コロナ禍の外出自粛やテレワークなどの普及により、多くの人は在宅時間が長くなりました。それに伴い、約半数ほどの人はインターネット利用時間が増えた、とのデータもあります。そして、大部分の人がインターネットを使うために使用している端末は、スマートフォンだそうです。

インターネットで多くの人が見ているのが、SNSと動画サービス。SNSは集客と相性が良く、低コストで始めて集客効果を上げることができるため、ビジネス用途での需要を急激に伸ばしています。

SNSでもInstagramが伸びている

数あるSNSの中で、特に集客との相性が良いのがInstagram。Facebookなどは日本でのユーザー数を徐々に減らしている中、写真や動画を共有するInstagramのユーザー数は、現在右肩上がりです。

以前は若い女性のユーザーが多かったのですが、ユーザー数増加に伴い40~50代の男女も増え、現在では幅広い層のユーザーをカバーしています。
ビジネスアカウントにすることで、飲食店なら「ぐるなび」と連携することができ、ぐるなびページへ移動して予約を促したり、小売り業なら商品を直接販売することも可能です。Instagramは写真をメインとしており、商品やサービスの魅力がより直感的に伝わるのが大きなメリットですね。

コロナ禍で従来の方法では集客が難しくなりましたが、外出自粛やインターネット利用時間の増加から、SNS集客は大きな成果を上げています。無料で始められますし、これは需要が伸びても当然と言えるでしょう。

代行サービスの活用でスムーズな運用が可能

Instagramが集客にピッタリということが分かっても、「なかなか時間がなくて投稿できない…」「使い方がよく分からない…」という方も多いはず。
しかし、弊社では「InstaTown(インスタタウン)」という運用代行サービスもご紹介できるので、忙しい方も安心です。
(詳細はこちら
フォロワー数1万人以上のインフルエンサーが、プロの技術と経験値を活かして監修し、24時間365日対応するため、集客に役立つと人気ですよ。

沖縄でも導入している店舗さんが多いので、どのような集客効果が出るか知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

クラウドスタンプ(脱・ハンコ)

テレワークが増えて印鑑の存在価値が見直された

クラウドスタンプは、オンラインで電子契約を結べるクラウドサービスです。契約書を電子化することによって、書類の発行から契約締結、契約書の管理までをクラウド上で行うことが可能です。
コロナ禍でテレワークが普及しましたが、それでも契約書の締結などでハンコを押すために出社する、という話を未だ耳にしますね。

しかし、クラウドスタンプを導入すれば、どこからでもクラウド上で契約を締結することができるため、ハンコを押すためだけに出社する必要はなくなります。

法的に正式な契約書と認められている

朱肉の印鑑でないと不安な方もいるかもしれませんが、クラウド上で締結された契約も正式な契約書として法的に認められます。
クラウドスタンプは弁護士が監修しており、弁護士ドットコムという会社が運営しているサービスで、契約締結実績はすでに100万件を超えています。弁護士の監修のもとに作られたサービスなら、法的に認められるということを信頼して使うことができますね。

コスト削減にも繋がる

ペーパーレス化で印刷や管理のコスト減、脱ハンコ、契約書をメールで共有できる点もクラウドサインの特徴です。特別な機器を導入しなくても月額1万円から利用することができ、導入のハードルも低いですよ。
わざわざハンコを押すために出社する交通費や時間の削減にもなるため、コロナが収束した後も継続して使いたいサービスと言えますね。ハンコ業務を簡潔にしたい方におすすめなので、ぜひ導入をご検討ください。
(詳細はこちら

クラウドフォン(脱・オフィス電話)

どこでも会社と同じ電話環境になる

クラウドフォンは、お手持ちのスマホを使用して、会社の電話番号での外線通話や、会社の内線が利用できるサービスです。
コロナでリモートワークが注目されるようになりましたが、会社にかかってきた電話が受けられない、個人の番号なので仕事の電話をかけにくい、内線が使えないという電話問題で、結局うまくいかなかった企業も少なくないでしょう。

それがクラウドフォンの導入によって、ネット環境とスマホがあれば、どこでも会社と同じ電話環境にできます。

ビジネスフォンより安く運用できる

月額料金制、スマートフォンでの内線・転送電話の通話料は無料で、ビジネスフォンよりも安価に導入・運用することができます。

コロナ禍で多くの会社がリモートワークへの移行を目指しましたが、電話の問題でうまくいかなかった会社もあります。クラウドフォンはこうした電話の問題を解決してくれるうえに、導入も設置工事不要で簡単・安価なことから、沖縄でも大きく需要を伸ばしています。
例えば、転送の通話料が最大1/6削減ができた企業様もいらっしゃいます。

導入からアフターフォローまで丸投げできる

非常に人気を集めているクラウドフォンですが、導入手続きが面倒だと思っている方も多いようですね。
ご安心ください。クラウドフォンも弊社で取り扱っているサービスになるため、導入からその後のサポートまで全て丸投げしていただけます。最短8営業日で使用可能となるため、急いで使えるようにしたい企業様から支持されるサービスです。
(詳細はこちら

どこでもデスクトップ

手持ちのパソコンがハイスペックになる

どこでもデスクトップは、ブラウザ上で利用可能な、完全クラウド型の仮想デスクトップです。サーバー上にあるデスクトップ環境を動かすことができるので、手持ちのパソコンが低スペックでも問題なく仕事ができます。
従業員が多く、テレワークに移行したくても設備環境が整わなかった企業様も、これなら安心ですね。

情報漏洩のリスクがなくテレワークに最適

個人のパソコンを使用する場合、情報漏洩のリスクが高くなりますが、どこでもデスクトップならその心配もクリアに。
データはクラウド上にあり、個人用の端末にデータを落とせないようになっているため、セキュリティ面も安心して利用することができます。

コストを抑えた導入が可能でウィズコロナにもマッチ

どこでもデスクトップは1台からの利用が可能で、フルタイムでの利用や、夜だけ、1日だけテレワークなど、必要な分だけ利用することができます。
弊社取り扱いサービスになる点も、コストを抑えられる理由です。
(詳細はこちら

光回線

コロナで伸びたサービスはすべてネットありき

これまでご紹介してきたサービスは、すべてインターネットを利用しています。コロナ禍では非接触やソーシャルディスタンスなど、新しい生活様式が定着しました。これまで直接会って行ってきたことが、インターネットを通して行われるようになったのです。
こうした新しい生活様式を支えてくれるのは、安定したインターネット環境です。高度なサービスを利用するのであれば、通信速度も重要になってきます。

光回線網の整備計画が進んでいる

コロナ禍で通信需要が増したため、総務省は光回線網の整備計画を2年前倒しにし、2021年度末までにほぼ全世帯で利用できるようにすると発表しています。この計画には、当然沖縄も含まれます。
沖縄タイムスプラス
どんなに設備やサービスが高品質でも、通信が安定しなければ満足に利用することができません。前述のサービスを快適に利用するためにも、光回線の導入は必須と言えるでしょう。
(詳細はこちら

コロナで需要が伸びたサービスの導入を沖縄起業チョイスがサポート!

コロナの影響により、新しいサービスが需要を伸ばしましたが、これらは既存のものをオンライン化したようなイメージです。利便性が高くメリットも多いので、一度導入した後は、コロナ収束後もそのまま使い続ける企業がほとんどでしょう。

コロナ以前と同じようなアナログ業務に戻ることは考えにくいので、DX(デジタルトランスフォーメーション)は、すべての企業にとって必然になっていくと予測できますね。
そうしたDXへの取り組みに、弊社は様々なお手伝いが可能です。沖縄でDXしたいとお考えでしたら、地域に密着した弊社までご相談ください。

\沖縄の企業様・起業者を大城がサポート/


名前:大城
出身:糸満
趣味:ホットヨガ
一言:生まれも育ちも糸満の大城が、様々なご提案を致します♪
TEL:070-3366-1584

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆