◇沖縄でデジタルノマド?クラウドゲームで起業チャンス

最近では、アプリやゲーム会社で
起業する人も増えてきています。

ゲーム業界は、
ハイリターンで夢がありますね。
その中で、

・業界がどう動いているのか?

・ターゲット、需要はあるのか?

・今後、業界は成長していくのか?

起業するには、
こちらを把握する必要があります。

ここでは、
自由に仕事が出来るデジタルノマド、
これからも熱いクラウドゲーム業界
についてお話します。

デジタルノマドとは?

デジタルノマドとは、
ITを活用して仕事をしながら
旅をするライフスタイルのこと。

基本的にPCとネット環境が
あれば仕事が出来るので、
自分が働きたい場所で働きたい時間に
働けるのがデジタルノマドの特権です。

沖縄によく足を運ぶ方は
デジタルノマドで起業する事も出来ます。

クラウドゲームとは?

コンピュータゲーム(ゲーム機)を
ストリーミング
(音声や動画などのファイルを再生する
DL方式の一種)配信するサービスの事。

スマホゲームが主流となった今、
ゲーム業界の市場が、
約20兆円と言われている。

デジタルノマド

×

クラウドゲーム

この2つを掛け合わせる事により、
この業界で起業するチャンスは充分ある
と言えるだろう。

なぜクラウドゲーム業界なのか?

ソニーとマイクロソフトが
戦略的提携で合意したと発表。
実はゲーム機の勢力争いで激しく
衝突してきた両社。
この提携がゲーム産業を
大きく変えると言われている。

Googleが初参入。その影響力は?

新しくGoogleがゲーム業界に
参入した事が今話題に。

ゲームファンが注目するのが、
Googleクラウドサービス「stadia」。
音楽や映画業界の度肝を抜いたという。

ユーザーにとっては、
Windows、macOS、Linux、
Chrome OSなどのパソコンOSで、
Google Chromeブラウザーを通じて
遊ぶ事が出来る。

スマホやタブレットで
どこでも遊べるという利点。
グーグルが参入した事によって、
業界もさらに盛り上がりをみせるだろう。

市場規模について

一度に100万人を相手にする事も

一度に100万人と遊べる事も出来る。
クラウドゲームはデータセンターの
超高速処理で映像を描き出します。

何といっても巨大なデータを
ダウンロードせずに扱えるのがメリット。
それだけのユーザーにサービスを
展開するチャンスがあります。

市場が大きい

ゲームには世界中で
多くのお金が集まります。

近しい音楽業界や映画業界
よりも全然稼げる市場です。

成長が早い

ゲーム業界の市場規模は右肩上がり。
2021年には、
約20兆円になる見通しです。

スマホゲームが
アプリ経済を支えている

スマートフォンも課金収入はゲーム頼み。
アプリ経済圏の急成長は
スマホゲームが支えています。

消費支出は、
ゲームが全体の74%を占める。

 

世界4大プラットフォームの激突(GAFA)

Google

クラウドゲーム「stadia」を発表。
19年中に米国や欧州で開始予定。

Apple

定額制のゲームサービス
「Apple Arcade」を発表。

facebook

3月にFacebook上で、
ゲーム関連の動画などを
集めたタブを新設。

amazon

クラウドゲームを開発中と一部報道。

 

世界4大プラットフォームもゲーム業界に注目しているのが分かりますね。

 

ゲーム機が消える?

クラウドはゲーム機要らず

クラウドゲームは映像や操作情報を
処理するゲーム機が要りません。

ゲームソフトを買ったり、
ダウンロードしたりする必要もなし。

ゲーム版Netflix

映像や操作情報はサーバーが処理します。
ゲーム映像はNetflixと同じ、
ストリーミング配信で表示。

5Gならさらに快適に遊べます。

どこでも自由に遊べる

テレビ、スマートフォン、パソコンなど。
ユーザーの好きな端末・好きな場所で
遊べるのが嬉しい。

新しいゲーム機を買い替える必要もない。

 

おさらい

市場に関して

●スマホで完結する為、
今までテレビゲームをしなかった
人も含め、ゲーム人口は増加し続ける。

●ゲームに費やす時間が長くなり、
ゲームに投じるお金が積みあがる。
(=マネタイズ)

●ゲームが人々を魅了し、
市場成長にさらなる拍車をかけていく。
(=これからも需要がある)

●ゲーム機が消える可能性有、
クラウドゲームが主流となる。
(=時代の変化)

クラウドゲームの市場が今、
熱い事がお分かり頂けるだろうか。

デジタルノマドに関して

●クラウドゲームで起業する場合、
PCとネット環境があれば出来ます。

●場所を選ばず、
旅をしながら仕事が出来る。

●沖縄だとほとんど競合がいない為、
成功しやすい。

ゲーム自体を開発するのか、
また運用や企画提供するのか、
内容は様々ですが、
同じ事務所で起業する必要なんて
ありません。

最後に

いかがでしたか?

国内でも観光地として人気の沖縄で、
旅するように仕事をしてみては。

沖縄だとゲーム産業が
まだまだ発達しておりません。

この業界自体が伸びしろがあり、
ターゲットもいる、
サービス展開するには美味しい業界です。

デジタルノマド

×

クラウドゲーム

この2つを掛け合わせて
起業してみてはいかがでしょうか!

メールでのお問い合せはこちら

 

電話でのお問い合わせはこちら

 

◆◇沖縄起業ショップのSNSも随時更新中です◆◇