起業する際に必要な名刺、沖縄での作成相場はいくら?

ビジネスマン・ビジネスウーマンにとって、必要不可欠なアイテムと言えば「名刺」です。
名刺には、お客様へ自分が何者であるのかを伝える重要な役割があります。
会社に勤めていると、黙っていても支給されることがほとんどですが、フリーランスとして独立したり、起業したりする際にはそうはいきません。

ご自身で名刺を作るか、印刷会社などに注文する必要が出てきます。
そこで、今回は沖縄で名刺を作るのにどれほどの費用がかかるのか、その内訳や相場、コストを抑えるポイントなどをご紹介いたします!

名刺作成にかかる費用の内訳は?

名刺作成費には、主にデザイン料や印刷料が含まれています。

デザイン料

デザインという項目は非常に幅広く、どのようなものを作るかで値段は大きく変動します。
カラフルで複雑なデザインや、ロゴを作って入れ込んだりするものはやはり高くなりますし、両面印刷や二つ折り、三つ折り名刺など、デザインにかかる工数と比例して費用も増えていきます。
ただ制作会社によっては、あらかじめテンプレートを用意しているところも多く、それに文字を入れ込む場合は格安で済むケースが多いです。
「名刺のデザインにこだわりたい!」
「他社と差別化を図りたい!」
「名刺に地図や顔写真、クーポン券などを付けたい」
などとお考えであれば、少し多めに予算を見積もっておきましょう。

印刷料

印刷料は、モノクロかカラーか、片面か両面かによってもかなり変わります。
以前は名刺と言えばモノクロ印刷が主流でしたが、近年では他社と差別化を図るために、カラー印刷でインパクトのある名刺が多く作られるようになりました。
カラーにすることでイメージ戦略が立てやすくなりますし、渡した相手への印象に残りやすくなるメリットも得られます。
特に起業し始めは、いかに知名度を上げていくかが重要になりますので、名刺に力を入れて宣伝するということも検討してみてはいかがでしょうか。

用紙代

当たり前ですが、印刷する用紙によっても作成費は変わります。
一般的な名刺に使われているのは、コート紙やマット紙と呼ばれる紙ですが、より高級感を出したい、個性的な名刺にしたいという時には、特殊加工の施されたクラフト紙やスケルトン紙、メタリックやラメ入りの特殊用紙などもあります。
もちろん、こうした特殊用紙を選ぶ際にはオプション料金が別途発生するため、メイン名刺ではなく特別な取引先用に作るなど、使い分ける方が多いです。
また、用紙の厚みも考慮したいポイントでしょう。名刺は172kg~250kgの用紙が主流で、厚みがしっかりしている紙ほど値段も上がります。
厚みの基準としては、コピー用紙が90kgほど、郵便はがきが180kgほどになります。

名刺の相場はいくら?

名刺はだいたい100枚単位で販売されていますので、その相場を見ていきましょう。
例えば、デザインを一から制作会社に依頼した場合、シンプルなものでも3,000円~5,000円程度が相場と言われています。
複雑なデザインになっていくと、3万円以上かかるケースも珍しくないようです。
また印刷料ですが、片面モノクロ印刷なら100枚で1,000円以下、両面モノクロ印刷なら100枚で1,500円程度でしょう。
カラー印刷になると、片面で2,000円前後、両面で3,000円程度が相場と言えそうです。
ただし、こちらで紹介した相場は、あくまで目安ということをご理解ください。

ちなみに、沖縄で名刺作成を行っているA社の料金を調べると、以下の金額になっていました。

◇名刺作成(100/1セット)
●片面・・・500円
●両面・・・1,000円
●オプション・・・300円~

◇印刷料
●片面モノクロ・・・900円
●両面モノクロ・・・1,500円
●片面カラー・・・1,500円
●両面カラー・・・2,500円
●片面カラー+片面モノクロ・・・2,000円

 

続いてB社の名刺作成費は以下の通りでした。

◇名刺作成(100/1セット)
●初回版下作成料・・・3,000円
●版下データ譲渡料・・・3,000円
●裁断料・・・1辺100円/100枚毎

◇印刷料
●片面モノクロ・・・800円
●両面モノクロ・・・1,000円
●片面カラー・・・1,500円
●両面カラー・・・2,500円
●片面カラー+片面モノクロ・・・2,000円

 

最後にC社の名刺作成費は以下の通りです。印刷料だけですが、参考にしていただければと思います。

◇印刷料(100/1セット)
●片面モノクロ・・・800円
●両面モノクロ・・・1,300円
●片面カラー・・・2,000円
●両面カラー・・・3,200円

名刺作成のコストを抑えるポイント

名刺作成の相場は、上述した通りデザイン料や印刷料、選ぶ用紙によって決まってきます。
とはいえ、多くの方が「安く作りたい!」と考えることでしょう。
一番コストがかからないのは、家庭用のプリンターを使った自家印刷ですが、やはり専用の印刷機で作った名刺は仕上がりが違います。
作成会社に依頼する時のポイントとしては、テンプレートからデザインを選んだり、大量発注をかけたりすると、費用を安く抑えることが可能です。
用紙に関しても、こだわらずスタンダードなコート紙やマット紙を選べば、価格が上乗せされることもありません。
どうしてもデザインにこだわった名刺が欲しいということであれば、サブ名刺として100枚限定で作って、普段はシンプルなモノクロ名刺をメインに使う…という方法がいいかもしれませんね。
両面印刷にしたい場合も、表面はカラー印刷、裏面はモノクロにするなど、方法によってはコストを抑えることが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
名刺作成の相場は、デザインや用紙によってかなりの幅が出ることが分かります。
そこでWizショップは、「コストはかけたくないけれど、お客様の記憶に残るような名刺を作りたい」という皆様をサポート中です。
沖縄で安く名刺を作成したいとお考えでしたら、ぜひWizショップにご相談ください。
現在52種類のテンプレートをご用意しており、1企業につき100枚無料でお作りできますよ。
「どうして無料なの?」と聞かれることも多いのですが、理由としては、
・テンプレートを使用しているから
・完全自社制作だから
・Wizショップのオープンキャンペーンだから
という3点が挙げられます。
公式サイトのURLをQRコードにして載せたり、ロゴや顔写真もデータを頂ければ掲載可能です。
シンプルなものから、かわいらしいデザインまで揃っていますので、詳しくはお問い合わせ下さいね。

名刺サンプルを拡大して見たい方はコチラ

 

 

メールでのお問い合せはこちら

 

電話でのお問い合わせはこちら

 

◆◇沖縄起業ショップのSNSも随時更新中です◆◇