「勇気を出して1歩踏み出す大切さ」整理収納を通して心の在り方を教える、Ayu’s style代表・森門あゆみさんの起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第52回となる今回は、豊見城市の整理収納コンサルタントオフィス、Ayu’s style代表の森門あゆみさんをご紹介します。

整理収納のノウハウはもちろん、心の在り方までもスクーリングを通して伝えるという事業を行っています。

独自の片付け手法「整理収脳®︎」に定評のある森門様へ、どのようなきっかけや想いで会社を始められたのかを伺ってきました。

パニック障害を整理した

取材班:まずは起業されたきっかけから教えていただけますか?

森門様:私は元々専業主婦をしていまして、32歳の時にパニック障害を発症したんですよ。
何か行動をしたいけど、そんな状態だから何をしたらいいか思いつかなくて。でもとにかく自分を見つめなおして、人生をリセットしたかった。

そんな時に、自分でも片付けならできるんじゃないかと思って、身の回りの整理を始めてみたのがきっかけですね。

取材班:パニック障害になったのですね…。そうした大変な時に、どうして起業をすることになったのでしょう?

森門様:私、その当時から自分の家を建てたいなという夢があって。
そんな時にママ友たちとの会話で、「こんな収納があって後悔した」という声を聞いたんですね。
それを聞いて、絶対自分は後悔したくないと思いました(笑)

そこから、まずは整理収納アドバイザーの資格を取ろうと決めて。整理収納の勉強をしていくうちに、段々自分のパニック障害という気持ちも整理されていったんですよ。
その時に感じた自分の気持ちを、たくさんの人に伝えたい!と思い起業を決めました。

取材班:すごいですね!確かに自身の経験ほど、貴重な情報はないですからね。

森門様:そうですね。整理収納って、例えば本とかには「部屋は心の写し鏡」って書いてあるじゃないですか。
確かにそうだなって思うけど、本ではなかなか上手く伝わってこない。経験がないから。

私には、実際に心が整理されたという経験があるから、それをそのまま伝えようと思って。

取材班:なるほど。素晴らしいですね!もし森門さんが整理収納に出会っていなかったら、どうなっていたと思いますか?

森門様:出会っていなかったら、私は今ここにいないと思います。そのままメンタル不全とかになっていたかも。
パニック障害だった当時、スマホで病気について調べていたら、不安なことがたくさん書いてあって。調べれば調べるほど、ドツボにはまっていくと思いましたね(笑)

なので、その時に「本を読むこと」にシフトしたんですよ。そしたら見事に似たような自己啓発の本ばかり増えていって「あれ?私、買って満足してるな。」って、その時に「行動しないと意味がない」と思いました。

取材班:分かります!自分も本を買って読まずにそのままということが多々あります(笑)

森門様:ですよね(笑)そんな時に、今すぐ自分ができること、行動できることって何だろうって考えたんです。
そしたら「出会う人を変える」ことなら出来るなと思いました。

取材班:「出会う人を変える」ですか?

森門様:当時の私は、近所のママ友とか小児科の先生とかしか関わりがなく、これじゃダメだって気づきましたね。
そこからはイキイキしている女性達が集まる場所に行ってみたり、子育てをしながら自分らしく生きている自営業の方の集まりに参加してみたりと、とにかく行動を起こすことを意識するようになりました。

そうやって色々な方の価値観に触れることで、自分の持っている「凝り固まった固定概念」の存在に気づけたんです。

辛くてもチャレンジをやめない

取材班:凄いですね。辛くて辞めたいと思ったりしませんか?

森門様:正直に言うと辞めたいですよ(笑)専業主婦に戻った方が楽ですし…でも続けています。

きっと、もっと先にいる成長した自分自身に会いたいんですよね。
今苦しんでいることも笑いに変えて、整理収納にこだわらずにもっと幅広い知識を付けていきたいです。

取材班:凄いです…。森門さんはかなりの努力家なのですね!

森門様:私自身が勢いだけで飛び込んだ経営者の方々の集まりも、実は男性ばかりのグループと知ってて飛び込んだんです。
というのも、今まで相談を受けてきたママさんたちの声で、「旦那さんが何度言っても片付けをしてくれない」という声が多くて。
そんな声を聞いて、「相手が変わってくれない時は自分自身が変わってみよう」というアドバイスをしていたんです。

でも、それだけではなく、もっと私に出来ることはないかと考えたんです。
男性の方々に片付けに対する意識改革がしたいと思って、その方法を学ぶために自ら男性だらけの集まりの中に飛び込んでいきました。

取材班:行動力が素晴らしいですね!その時は、事業所の収益向上とかも同時に考えられていたのですか?

森門様:いいえ、全くですね(笑)私の事業の利益というよりも、男性の片付けに対する意識を変えたかった、それだけですかね。
でも実際に参加してみたら、私の方が学ぶことが多かったんですよ。男性も家族や従業員を守るために全力で頑張っている事に気づかされました。仕事で頑張っている旦那さんにとって、家は安らぐ場所なんだって。

当たり前のことですけど、改めて気づかされましたね。とは言っても、奥様達も家事や子育てをしながら毎日大変なんです。どちらか一方ではなく、お互いが思いやりを持ち、支え合いながら居心地の良い場所づくりをすることが良いと考えるようになりました。

取材班:凄いですね。それほどまで辛くて大変な経験をして、何度もなぜ乗り越えようと思えたのですか?

森門様:色々な経験をしていく中で、それを伝えられる人になりたいからですかね。整理整頓コンサルタントという講師業をしているので。
自分自身の人間力を高めていく中で、この経験が必要だなと思えばどれだけ辛くても飛び込めちゃう。
私ってドMですか?(笑)

取材班:そんなことはないと思いますよ!(笑)

森門様:実は私が28歳の時に、不慮の事故で実の弟が亡くなってしまったんですよ。
不安障害という病名のパニック障害も、弟が亡くなったことが原因で発症してしまいました。

人って急に亡くなるんだ、私もいつかそうなるのかなと、ずっと怯えながら過ごしていて、このままだと亡くなった弟に失礼だなって気づいたんです。
もっと生きたかった人は、世の中にはたくさんいる。そんな中私は一生このままでいるのかって。
なので、今この時間を大切にして、自分が本当に最後を迎えた時に後悔しない生き方をしようって思いましたね。

取材班:なるほど。後悔をしたくないからこそ、色々な体験をされ続けているのですね。

森門様:専業主婦からの起業だったので、人脈もない0からのスタート。その体験が沢山の人の励みになるような、道しるべになりたいですね。

事業所のコンセプトやアピールポイント

取材班:Ayu’s style様のコンセプトやアピールポイントがあればお聞かせ願いたいです。

森門様:Ayu’s styleでは、個人から法人までオールマイティに整理収納のサポートからスクール事業を行っています。
他にも法人向けに研修やコンサルティングも行っていますよ。会社の考えとしては「5Sを通して人材育成をする」ということを置いています。

取材班:5Sですか?

森門様:はい。整理・整頓・清掃・清潔・躾の5Sです。
結局どの会社も人が動かしているから、人を変えないと利益って向上しないと思っているんです。その意識改革をするための5Sだと信じて、会社を通して教えています。

取材班:なるほど。素晴らしいお考えですね!

森門様:整理収納を通して人間力が磨かれていくことは自分自身が一番体験しているし、だからこそAyu’s styleでしか伝えられないものがありますよね。
片付けって、当たり前かもしれないけど外からの見た目を良くすることを考えて行うじゃないですか。

でも、本当に大切なのは「何のために片付けをしているのか」という内面の部分なんですよ。それを理解納得することが出来たら周りに笑顔が広がっていくのに、それを疎かにしてしまっている方が多いんですよね。

今後どのように事業を展開していきたいか

取材班:整理収納を通して人間力の向上を伝えてる事業を行っているAyu’s style様ですが、今後のビジョンについて伺ってもよろしいでしょうか。

森門様:一番の目標は「暮らし方教室」というスクール事業を全国展開することです。現在時点で卒業生は43名なんですけど、10年後には3,000名を目指しています。

取材班:3,000名!凄いですね。ちなみに全国展開していくための行動は、もう考えているのですか?

森門様:全国区でのパイプを構成したり、講師の養成もしないとですね。もちろん、こちら(本記事)の力を借りることも重要です(笑)
あとは、インスタでの情報発信にも力を入れていますかね。

取材班:プレッシャーが…(笑)インスタは最近凄いですよね!情報発信の必須ツールになっていますし。

起業したい方へのメッセージ

取材班:それでは最後に、起業したい方へ向けてメッセージをお願いします。

森門様:起業を目指す全ての女性へ伝えます。一度きりの人生で後悔はしたくないですよね。だからこそ、「勇気を出して一歩踏み出してみましょう!」
女性だから無理だとかの固定概念に囚われずに、何事にもチャレンジしてみてください!
私自身、最近は書籍を出したいという新しい行動を始めていますし(笑)

取材班:書籍ですか!本当に素晴らしい行動力です…。
本日はインタビューで伺いましたが、良いお話をたくさんお聞きすることができました!森門さん、貴重なお話をありがとうございました。

Ayu’s styleの情報はこちら

「勇気を出して一歩踏み出してみましょう!」と語る森門さん。
挑戦をすることの大切さ、経験を伝えたいという思いを胸にただひたむきに努力し続ける。そんな経験を経て素晴らしい事業を築き上げた森門さんの姿に、取材班一同強く惹きつけられました。

そんな森門さんが代表を務めるAyu’s styleの事業所情報は、下記よりご確認いただけます。

事業所名 整理収納コンサルタントオフィスAyu’s style
アクセス
住所 〒901-0225
沖縄県豊見城市豊崎
電話番号 090-7923-2701
公式HP https://ayusstyle.okinawa/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら