GoToで盛り上がる沖縄の飲食店様向け!自動電話注文受付サービス(IVR)とは

沖縄もGoToEATや、GoToトラベルキャンペーンのおかげで、飲食店の活気が少しずつ戻り始めているように思います。これから年末年始に入ると、さらに外食の機会が増えますから、24時間電話対応ができると便利ですね。

ところで、GoToキャンペーンなどで増えた電話の問い合わせについて、飲食店経営者の皆様は何か対策をしていますでしょうか?
「忙しいランチタイムは電話が鳴りっぱなし」「同じ内容の電話対応が多い」といった悩みを持つところも多いかもしれません。

そんな皆様へ、今回は沖縄の飲食店様から好評を頂いている自動電話注文受付サービス(IVR)についてご紹介します。GoToキャンペーンが終わった後も役立つシステムなので、電話の問い合わせを減らしたいとお悩みでしたら、ぜひご一読ください。

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

IVRとはAIが自動で応答してくれるシステムのこと

IVRとは、電話を受けた際の音声自動応答システムのことです。よく聞く「サービスについては1を、解約については2を…」といった音声ガイダンスがそうですね。
事前に用意した音声案内や、用件別に番号を入力してもらうことによって、かかってきた電話を最適な担当者へ振り分けたり、顧客が知りたい情報の音声を流したりするシステムです。

飲食店の予約サイトへ誘導することも可能なため、GoToEATキャンペーンを利用したいお客様からの問い合わせも、直接電話をとることなく行えます。

IVRを使うメリットは?

機会損失の防止

24時間365日電話応対ができるようになるので、機会損失の防止につながります。定休日や営業時間外にも対応可能で、信頼を損ねることもなく、お客様へのアピールにもなります。
チラシやホームページに「24時間&365日受付中!」といった内容を掲載したところ、問い合わせが増えたという声もありますよ。

人手不足の解消

飲食店の場合、ランチタイムは特に忙しく、電話が取れないこともあるでしょう。ただ、この時間帯は多くの人がお昼休みになるため、電話による問い合わせや予約が集中する時間帯でもあります。
IVR導入により、そうした店舗の「手が離せなくて電話に出られない」という状況がなくなりますし、電話に出られるように人員を増やす必要もなくなります。

業務改善につながる

間違い電話やセールスなどの電話対応に時間を割くことがなくなり、必要な電話だけを受けられると、目の前の接客に集中することができますね。
するとスタッフ同士の空気や仕事環境も良くなり、業務改善につながります。

従業員と顧客の満足度向上

電話が鳴っているのに誰も出ない飲食店は、お客様からの印象も悪くしてしまいます。「忙しいと誰も対応しないんだな」と思われるのは損ですよね。
また、忙しい時は図らずとも電話対応が雑になるケースも見受けられます。
その点、IVRを導入すると、自動音声のために担当者による対応のバラつきがなくなり、結果的に顧客満足度も向上します。

おすすめのIVRは、飲食店向けの自動電話注文受付サービス「I-Bot(アイボット)」

機器とシステムを購入して利用するものだった従来のIVRは、導入費用が高額なうえに手間もかかり、中小企業や個人経営の飲食店が導入するには少しハードルが高いのが難点でした。
しかし、時代が進んで技術も発展し、今ではインターネットを通して、安価で気軽に利用することができます。それが、飲食店向けの自動電話注文受付サービス「I-Bot(アイボット)」です。

「I-Bot」の特徴

月額約1万円で、当日予約の電話のみ鳴るよう設定可能!
翌日以降の予約はガイダンスでWebに誘導!
その他のお問い合わせやセールスなどは、必要な問い合わせだけメール通知!(音声がすべて文字化されて届きます)

その結果…

・入電数が1/10まで減り、不要な対応に時間をとられなくて済む
・業務に集中できて、1店舗当たりのスタッフ数を削減できた
・GoToEATキャンペーンのお客様もWeb予約ができてポイントが貰えた
などの、嬉しい声を頂戴しています。

飲食店特化型IVRのため、初期費用0円、月額約1万円という圧倒的な安さで利用ができる点も「I-Bot」が選ばれる理由の一つ。
電話を受ける携帯電話の端末費用も、弊社では全額負担いたしますので、飲食店様は本当にお得に便利に導入可能です。
(詳細はこちら

受電対応イメージ

<冒頭>
お電話ありがとうございます。〇〇店でございます。自動音声ガイダンスに従って、ご希望の番号を押してください。
当日ご予約の方は①を
明日以降のご予約の方は②を
テイクアウトの方は③を
その他お問い合わせや忘れ物についての方は④を押してください。

👇👇👇

①当日予約(飲食店専用の携帯電話に転送されます)
当日のご予約ですね。店舗にお繋ぎいたしますので、このままお電話を切らずにお待ちください。

000-000-000へ転送

※電話を取れなかった場合
大変申し訳ございません。只今電話が混みあっております。もう一度おかけ下さい。

②明日以降の予約(食べログ・ホットペッパー・ぐるなびサイトに誘導します)
明日以降のご予約は予約専用サイトから承っております。この後、携帯電話番号宛てにショートメールをお送りいたしますので、記載しておりますURLからご予約くださいませ。お電話ありがとうございました。

③テイクアウト(②と同じです。メールでの受付も可能です)
テイクアウトは予約専用サイトから承っております。この後、携帯電話番号宛てにショートメールをお送りいたしますので、記載しておりますURLからご予約くださいませ。お電話ありがとうございました。

④その他お問い合わせ(お客様の話した内容が文字化されて、10秒後に飲食店専用の携帯電話にメールが届きます)
店舗へのお問い合わせですね!お問い合わせ内容をお伺いいたしますので、まずはお名前をお願い致します。終わりましたら#を押してください。

次に、お電話番号をプッシュ入力してください。終わりましたら#を押してください。

次に、お問い合わせ内容をお願い致します。終わりましたら#を押してください。

飲食店向け自動電話注文受付サービス「I-Bot」の導入事例

実際に、飲食店向け自動電話注文受付サービス「I-Bot」を使ったお客様の事例です。店舗名は伏せていますが、かなりご満足いただくことが出来ました。

IVR導入前・・・
営業時間中(17時から23時)のみ受電対応をしていたA店。営業時間前にも予約の電話はあったものの、開店準備のために受電対応をする余裕がなく、徐々にそれが慣例になっていたそうです。
また、ピークタイムの受電対応率はたったの50%程度。これでは、せっかくの予約を逃してしまっていると気づき、IVR導入を決意。

IVR導入後・・・
飲食店向け自動音声受付サービス「I-Bot」の導入により、いつでも受電対応が可能に!
そこでクーポンやWEBサイト、フライヤーなど、すべての広告物に「24時間いつでもご予約を承っております」と記載したところ、入電数が急激に増え、予約件数が3か月間で130%アップしました。
もちろん自動応答なので、ピークタイムも入電の取りこぼしはありません。

沖縄での導入を希望する飲食店様は沖縄起業チョイスまで!

GoToEATキャンペーンのおかげもあってか、沖縄の飲食店も少しずつ予約数が増えているようですね。非常に喜ばしいことと同時に、問い合わせ対応に悩みを抱える飲食店様も多いはず。

今回ご紹介した飲食店向け自動電話注文受付サービス「I-Bot」は、お客様の希望に合わせてオプションを付けることも可能なため、「とにかく安く使いたい」「複数の入電に対応できるようにしたい」といったご要望にも対応できます。

導入から使い方のレクチャーまで、沖縄起業チョイススタッフがお手伝いしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

\コスト削減のお手伝いは新里にお任せ!/


名前:新里
出身:宜野湾
趣味:野球、ゴルフ、ビリヤード
一言:業務効率の改善サポート致します!!お気軽にご連絡下さい。
TEL:070-1517-6007

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

👆098-917-5633👆