起業は勢い!とにかく何か一つ軸になる事業をやりたかった。株式会社ARCSplus・中村社長の起業エピソード

「沖縄の経営者特集!」第26弾となる今回は、株式会社ARCSplusの中村朝武社長をご紹介いたします。

未経験だった美容業界について一から勉強をして、2021年2月現在、脱毛サロンやジムなどを13店舗も展開している中村社長。開業当初は様々な苦労があったと言いますが、なぜここまで事業を展開できたのでしょうか。

沖縄の優しいにーにーという雰囲気の中村社長へ、気になる起業エピソードを伺ってきました。

何か一つ軸になる事業をやりたくて起業した

取材班:はじめに、起業したきっかけを教えてください。

中村社長:もともと何をしたいという思いが無くて、何かいい情報があればと探している時に、ちょうど流行り始めだった脱毛に着目しました。
あと、僕は物件を見ると店舗を出したくなる変な癖がありまして…。浦添に事務所か店舗を出したいと思っていて、ちょうど脱毛が良いという情報と、物件のタイミングが合ったので、脱毛店舗を始めた感じです。

取材班:不思議な癖ですね(笑)それまで美容系の経験はあったのでしょうか?

中村社長:いや、開業前まで美容関係の経験は一切なく、脱毛については開業してから勉強しました。脱毛のメーカーさんを探して、横浜まで直接行って詳細を聞いて。
それで、「脱毛ってこのくらいの金額でスタートできるんだ」というのが分かったので、もう勢いで始めたという(笑)
物件と脱毛の情報を入手してから、3~4ヶ月でオープンしてしまいました。だから、借入れのゴーサインが出る前に工事まで終わっていたんです。

「エステがやりたい」というより、沖縄でのニーズがあることと、脱毛の金額が高かった時期に、低価格で通えるサロンなら選ばれる自信があったというか。
脱毛の価格破壊を起こしたと言いますか、通いやすい金額のサロンの先駆けかなと思います。

取材班:それは凄いですね!ご出身は沖縄ということですが、前職はどのような感じだったのでしょうか?

中村社長:20歳から飲食業をしたり、色々デザインをしたり、独立してフリーでやっていましたが、何か一つ軸になる事業をやりたいな…と、ずっと思っていました。
もともと広告にも携わっていたので、宣伝などは自分で作れるなという自信があり、そうした経験とエステを掛け合わせていくと面白いかな?という感じでしたね。

女性目線が分からず戸惑いも多かった

取材班:未経験の業種だったわけですが、やはり大変だった出来事は多かったのでしょうか?

中村社長:そうですね。やっぱり女性のお客様をメインとする仕事なので、最初は本当に苦労しました。
僕がやっていた広告は、シンプルな男性目線が多かったので、女性が好むデザインは「?」という感じで(笑)あとは女性スタッフの雇用についても、男性とは違うところがあり、戸惑うことも多かったです。

取材班:その戸惑いを、どのように乗り越えたのですか?

中村社長:とにかく親身になって、スタッフとの距離を近づけることに努めました。コミュニケーションを図るということに、一番時間をかけたかもしれません。

最初はスタッフ3名くらいだったので良かったんですけど、一年経つ頃には5~6名になり、3年目には一気に3店舗増えたので、スタッフも10名を超えました。
人数が増えるほどスタッフとのコミュニケーションが大変でしたが、やはり基本が一番大切なことだと感じましたね。

取材班:確かにそうですね。ちなみにですが、店舗数の多さは、物件が空いていたら出したくなるという癖のあらわれですか?

中村社長:そうですね(笑)その地域で育ったスタッフがいて、良い物件があれば出していきたいです。
というのも、基本的な地域情報は僕たちが調べるんですけど、地域住人の様子やローカルな情報を知っているのは地元の子なので、市場調査は現場の声も参考にしています。地域の癖に合わせて集客方法なども変えるので、本当に助けられていますよ。

取材班:沖縄は特に癖が強い地域が多いですからね(笑)

スタッフからも愛される会社に

取材班:多くの店舗を構える、株式会社ARCSplus様のアピールポイントがありましたら教えてください。

中村社長:(女性スタッフに向けて)うちのアピールできることって何かある?

女性スタッフ:お客様にとっても、社員にとっても、日本で一番女性に優しい会社だと思います!!

中村社長&取材班:おぉ~(笑)

中村社長:嬉しい(笑)うちは現在、エステとパーソナルジムをやっているんですけど、県内で一番新しい機械を導入している自信があります。
エステの仕事に就く場合、本来なら資格や学校に通わないとダメだったり、経験がないと難しいことも多いのですが、僕は経験よりも本人の努力で仕事ができるものと考えています。
そのため、8~9割のスタッフは未経験から始めています。10年選手にするよりも、最新の情報を共有して、新しい機械に触っていくということを重視しています。

取材班:未経験の方が多いんですね。仕事を覚えるのには時間がかかりますか?

中村社長:そうですね、メニューがすごく多いので。
脱毛専門店もありますが、脱毛からダイエット、ブライダル、フェイシャルケアまであるので、マスターするのにだいたい1年くらいかかります。

お客様第一ではありますが、スタッフも楽しんで、うちのサロン・会社に興味を持っていないと意味がない。
新しい情報をまずスタッフに伝え、スタッフにも喜んで受けてもらう。その気持ちをお客様に提供してもらうのが、エステで大事なことだと思っています。
ここが自信があるというか、一番に考えているところです。

取材班:素敵な考えですね!何か、スタッフに向けた独自の福利厚生など、取り入れている制度はありますか?

中村社長:エステとパーソナルジムがあると、普通は社販などの割引があると思うのですが、僕たちは機械も使い放題、脱毛もダイエットも受け放題、パーソナルジムも無料で通えるようにしています。
お金をかけた福利厚生はそこまでないんですけど、うちに入社している以上、うちのグループはすべて通えるようにしています。

取材班:良いですね!我々も通いたいです。羨ましい~(笑)

中村社長:うちに入社したら通い放題ですよ(笑)
あとは、コロナの対策などもしっかり行っています。エステサロンは、お客様ととても近い距離で接触しますし。
検温や換気、消毒、マスクの着用といった基本的なことはもちろん、今後はPCR検査キットも導入して、体調不良などにすぐ対処できる体制を作っていきたいと思っています。会社にとってスタッフは大切な存在なので。

取材班:確かにそうですね。ありがとうございます。

今後は「沖縄」というブランドを県外に出していきたい

取材班:現在も多くの店舗を展開していますが、今後はどのようなビジョンを描いていらっしゃいますか?

中村社長:実は2月に、初の離島店舗となる宮古島店をオープンする予定です。それで合計13店舗になります。
また、タイミングを見ながらですが、フランチャイズのお店を東京の渋谷と横浜の湘南に開きたいという方もいて。

現在、盛岡にも店舗があるんですよ。そこはフランチャイズ契約ではなく、僕たちが機械を入れて、メニューもプロデュースした系列店という形です。「沖縄の脱毛だったら効果がありそう」ということから信憑性が高くなるようで(笑)なかなか人気です。

今までは東京から大手企業が沖縄に来る、という流れが普通でしたが、今後は逆に「沖縄」というブランドを県外に出していきたいですね。

起業したい方へのメッセージ

取材班:最後に、起業したい方へメッセージをお願いします。

中村社長:とにかく行動することが大事だと思います。
僕はオープン前、横浜のメーカーさんに足を運んだのですが、地方から話を聞きに来る人はいないと驚かれました。初対面でしたが、わざわざ沖縄から来たということで、お支払い方法なども融通をきかせてもらうことができました。
通常は現金一括のところを分割にしていただき、それでスタートしやすかった、というのもあります。

自分が興味を持ったところには、直接顔を出してご挨拶し、話を聞きに行くという行動が良かったのでしょうね。勢いで行動することも大事です。

後は…起業して何屋さんをしたいというコンセプトも大事だとは思いますが、僕はずっとアンテナを張って、何だったら自分でも起業できるだろう?という情報を取っていたので、将来何をしたいというのは、あまりありませんでした。
なので、思考を固めすぎてもダメなのかなと思います。

僕は「夢がない」というのは逆に夢のあることだな、と思うことがあって。夢がない分、夢が広がるというか、まったく考えていなかったエステという事業と出会えましたし。

取材班:可能性を自分で閉ざさない、ということですね。

中村社長:そうです。もしかしたら、今後良い情報が入ればケーキ屋さんをするかもしれませんし(笑)

取材班:中村社長、面白い起業エピソードをお聞かせいただき、ありがとうございました!

株式会社ARCSplusの情報はこちら

今回お話を伺った株式会社ARCSplus様には、仕事について楽しそうに語る中村社長がいらっしゃいました。
お客様はもちろん、スタッフのことも大事に考える、中村社長の人柄の良さが伝わるインタビューだったかと思います。

沖縄で脱毛サロンをお探しの皆様は、ぜひ株式会社ARCSplusの店舗情報をチェックしてくださいね。

事業所名 株式会社ARCSplus
HOT PEPPER Beauty estheticsalon anel -アネル-
アンチエイジングサロン umbellir -アンベリール-
body design studioGLOW -グロウ-

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら