沖縄県の補助金の窓口はじめました

「趣味のお店を開きたい!」
「独立してサラリーマン以上に稼ぎたい!」
「自分の力を試してみたい!」
・・・など、夢を持って起業する方の強い味方となるのが、“補助金”や“助成金”の存在です。

様々なケースに対応した補助金・助成金がある中で、今回は沖縄での活用事例を3つと、県内で起業する方に向けたものを5つピックアップいたしました。
これから起業を考える方は、ぜひご覧ください。
「こんなものにまで補助金が使えるの!?」となる内容もありましたよ!

沖縄での補助金活用事例①
~POSレジの導入~

石垣島で石垣焼の器やアクセサリーなどを販売している窯元の事例。
香港や台湾からの来客が増えたことにより、Webサイトでの海外発信や業務効率化を希望していました。
そこで、「IT導入補助金」を活用し、在庫管理と会計を連動できるPOSレジを導入。
商品が焼き上がると在庫データとして登録、販売する際には出力したバーコードを読み込むだけでよく、データを移す作業がなくなりました。

レジ締め等にかかる大幅な手間が省けることで、従業員数が少なくてもミスが減り、かつ正確さを保つことにもつながったようです。
補助金の活用により、既存店舗の売上アップはもちろん、海外展開にも更なる期待が寄せられています。
IT導入補助金2019より引用

沖縄での補助金活用事例②
~技術開発や新設備の導入~

名護市に本社を構え、泡盛製造事業を中心に行う酒造会社の事例。
紅芋を原料とした焼酎製造を行う中で、その副産物を使った商品を作るべく「ものづくり補助金」を活用しました。
繊維質の多い紅芋は、泡盛蒸留粕と比べて濾過にかなりの工程がかかります。

そこで、補助金を活用して自社独自の新しい濾過技術を開発。
栄養分と味を濃縮する機械も、補助金の設備投資費を利用して導入しました。
沖縄県中小企業団体中央会、ものづくり補助金成果事例集より引用

沖縄での補助金活用事例③
~HP・看板・リフォームなど~

「商品開発なんてしないし、事例とウチは当てはまらないな・・・」などとお考えになった皆様、まだ諦めないでください。
補助金の嬉しいところは、小さなお困りごとにも対応可能なケースもある!という点です。

例えば・・・
「起業する時にホームページを作りたい」
・・・それ、補助金が使えます!

「店舗の看板作らなくちゃ」
・・・それ、補助金が使えます!!

「内装が古いからリフォームしたい」
・・・それ、補助金が使えます!!!

補助金の中でも、特に「小規模事業者持続化補助金」は申請ハードルが比較的低く、個人事業主の方も使いやすい補助金としておすすめです。
上述したホームページや看板の作成、なんと内装リフォームなどでも申請することができます。
スマホに対応した拡張性の高いホームページ作成や、通販サイトの新設などは、非常に多い活用事例だと言えるでしょう。

他にも・・・
✔ ヘアーサロンが高機能椅子の導入に使ったり
✔ キッズアカデミーが子供のやる気を引き出すオリジナルアイテムの制作に使ったり
✔ 居酒屋がテーブル席の導入や店舗改装に使ったり
✔ 観光コンサルタント会社が顧客の期待に応えるバスツアー計画に使ったり
✔ カフェが多言語のメニュー表制作に使ったり
✔ 酒屋がワインのセミナーを開催するために使ったり

ある沖縄雑貨のお店では、来店誘致とリピート率向上のために、インスタ映えする外観づくりを行なったそうです。

集客目的で「インスタ映え」「SNS映え」する看板やリフォーム等を計画し、補助金を利用する方が結構いらっしゃるんですね。

今はネットで何でも検索する時代ですから、「インスタ映え」「SNS映え」に対しての設備投資は立派な補助金申請の理由になるという事例でした。

その他、面白い活用内容としては、
✔ 車屋さんが自動アシスト自転車のデモカーを導入し、体験試乗会を開催していたり
✔ キャンプ用品店がインフルエンサーを活用し、自社商品の販売強化を図っていたり
様々な売り上げアップにつながる施策に、補助金が活用されています!

また、チラシ作成やポスティングといった、集客に結びつく広告宣伝にも補助金を活用することができますし、海外販路開拓のための展示会出展費に活用した会社もあります。

沖縄での起業時に役立つ補助金・助成金5つ

まとめ

いかがでしょうか。
沖縄で起業する方に向けた補助金の中で、気になるものは見つかりましたか?
おさらい致しますと、

1.店舗借入や人件費の助けになる
「地域創造的起業補助金」

起業する際に必ず利用したいのが、経産省からの「地域創造的起業補助金」。
沖縄のみならず全国の起業者を対象としており、人件費や店舗借入費などに最大200万円が支給されます。

中小企業庁の補助金等公募案内はこちら
※各認定市区町村等による特定創業支援事業についてはこちらより、認定市区町村の窓口にお問い合わせください。

2.新商品やサービス開発をするなら
「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」

「ものづくり補助金」とも呼ばれる、経産省の補助金制度です。
中小企業や小規模事業者等が、認定支援機関と連携して試作品を開発したり、設備投資したりする際に交付されます。

平成31年度の沖縄県地域事業事務局はこちらですが、継続するかは今のところ未定。

3.地域貢献にもなる
「地域雇用開発助成金(沖縄若年者雇用促進コース)」

沖縄県内で事業所の設置・設備を行ったり、35歳未満の従業員を雇う際などに支給される補助金です。
失業率の高い若年者の雇用改善を目的とし、1人あたり最大120万円支給される内容となっています。

労働局やハローワークなど、沖縄の支給相談窓口はこちら

4.生産性アップ・コスト削減につながる
「IT導入補助金」

沖縄はもちろん、全国の中小企業・小規模事業者を対象としており、昨今特に拡充されている補助金です。
2020年からはITの導入を促進する制度に生まれ変わり、最大450万円と大幅に上限が引き上げられています。
補助金で導入できるのは、ITベンダー・サービス事業者の登録したITツールのみですが、サービス等の生産性向上に直結するため活用しない手はありません。

IT導入補助金HP(サービスデザイン推進協議会)はこちら

5.沖縄起業ショップいちおし!
「小規模事業者持続化補助金」

個人店などの小規模事業者の販路開拓や、広い範囲で売上アップの取り組みを支援する補助金です。
対象事業も多く、上限として原則50万円が支給されることから、沖縄起業ショップでも一押しの補助金となっています。

申請窓口の沖縄県商工会連合会はこちら

このように、起業時に役立つ補助金はたくさんあっても、実際には自分で調べたり、申請したりするのは手間ですよね。
そんな時、「手軽に相談できる窓口があればいいのに」と思うことはありませんか?

実は、沖縄の地域に密着した補助金の窓口、あるんです。

沖縄の補助金の窓口「沖縄起業ショップ」が、補助金活用のお手伝いをします!


2019年、那覇市前島にオープンした“沖縄起業ショップ”では、沖縄の補助金について知りたい方をサポートする窓口を設置いたしました。

どのような補助金があるのか、どのように申請すればいいのか・・・など、起業時の補助金・助成金にまつわるご相談も承ります。

また、グループ会社が行っている「補助金ポータル」では、全国対応も可能です。

「集客につながる補助金ってあるのかな?」
「設備の導入や人材採用に使える補助金が知りたい」
「補助金を使ってホームページを作りたいんだけど・・・」
など、些細なお悩みでも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。

補助金ポータルはこちら

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

 

◆◇沖縄起業ショップのSNSも随時更新中です◆◇