沖縄を世界に発信するために会社を独立させた。株式会社478COMPANY・與那覇社長の奮闘エピソード

「沖縄の経営者特集!」第36弾となる今回は、株式会社478COMPANYの與那覇仁社長をご紹介します。

現在、ボーダレスに食・モノ・情報・人を繋ぎ、発信することで成長し続けている株式会社478COMPANY。
しかしそこに至るまでには、事業の倒産、業界の利権の壁、海外に活路を見い出すも、なかなか契約に結びつけられないジレンマなど、苦労も数多くあったようです。

そうした困難を一つずつ乗り越えてきた與那嶺社長の考え方、決してくじけずに進み続けた行動力の源などをお聞きしてきました。

両親の事業の倒産を乗り越えて…

取材班:起業したきっかけからお伺いしてもいいですか?

與那覇社長:それでしたら、まず「沖縄特産販売」という会社の話から始まります。
以前両親が事業倒産してしまい、一時的に一家離散のような状態になったことがありまして。そこから、また家族が一つになってできる新しいビジネスを始めようと、沖縄特産販売はスタートしました。
これが約30年くらい前の話で、個人事業主から始まった感じですね。当時は実家でウコン茶や健康茶などの原料を仕入れて、観光土産品店に販売していました。
それが今の会社(478COMPANY)の前身となります。

取材班:478COMPANYができたのはいつ頃でしょうか?

與那覇社長:2018年ですね。歴史としてはまだ本当に浅い会社なんです。
25年くらいやってきた前身の沖縄特産販売においても、海外に活路を見出すと言いますか、積極的にチャレンジしてきたのですが、さらに沖縄を、日本を、世界に発信するために会社を独立させました。
位置づけとしては世界の地域商社と呼んでいます。

取材班:地域商社ですか。凄い壮大な響きですね。

沖縄の良いものを 日本の良いものを

與那覇社長:沖縄県内、日本国内だけのマーケットに限らず、もっと海外に出していけないかとずっと思っていて。
地域の素晴らしい物を、県外や海外に出していきたいという希望は、多分世界中であると思うんです。
その地域ローカルでしか流通してないような良い商品、良いサービスがなかなか外に出て行かない理由は、例えば原材料の確保が難しかったり、製造していても大きい規模にできなかったりと様々です。
そういったものをつなげて発信していくのが、我々の役目だと思っています。

取材班:素晴らしいですね。ありがとうございます。そうした中で大変だった出来事などはありますか?

與那覇社長:常に大変でしたね(笑)
海外に行くのは楽しくてしょうがなかったんですが、最初はなかなかお金にはならなくて。仕事の話を聞いてくれたとしても成約に繋がらなかったのは大変でした。

でも大変とは言っても、海外で現地の人と会ったり、現場を見たり、そこの空気を吸ったりというだけでも刺激が凄いんですよね。
当時は、その中で客観的に日本や沖縄を見つめ直すことができ、「我々がすべきことは何だろうか?」と考えるきっかけになりましたね。

計画するより、まずやってみる

取材班:凄いですね。海外には、どのようなきっかけで進出するのでしょうか?

與那覇社長:我々が沖縄特産販売を創業した1995年当時、ウコンなどを売っていたのですが、我々は後発でしたのであまり相手にされなかったんです。
当時は業界になじみの人たちがいて、新参者は中に入っていけない仕組みがあって。だから我々がどんなに頑張っても難しいところがあり…。

それなら沖縄県外・海外に活路を見出そうとしたというのがきっかけですね。当然アテはなかったのですけど。

取材班:アテがない中、何を基準に進出する国を選ばれたのでしょうか?

與那覇社長:いやぁ、何の基準もなかったですね(笑)最初は台湾が一番近いから、たまに行って、そこからちょっと広がって香港やタイに行ってみようと。それから次はヨーロッパで…というような感じでしたね。

とにかく計画するより、とにかくまずやってみる。行動ありきでした。当時は特に走りながら考えるスタンスでやっていましたよ。

食卓が笑顔になればみんながハッピーになれる

取材班:そんな感じだったんですね(驚)ではそうした大変だったことを、どうやって乗り越えてきたのでしょう?

與那覇社長:そうですね…。当時、私の両親も、妻も兄弟も、給料という給料がない状態で。どうやって乗り越えたかというより、頑張ってそんな状態から抜け出したかったんですよね。

取材班:なるほど…。

與那覇社長:昔は沖縄が差別的に見られるところもあって、バカにされたくないという想いが強くありました。だから海外に出て、様々な方に喜ばれる事業を継続していくことで、「沖縄にもこんな会社があるんだよ」と示したかったんです。

計画性は全くなくて、想いだけでスタートしましたので、最初の頃は失敗はもう日常茶飯時(笑)何をやってもなかなか上手く行かないって状態でしたけど。
銀行にも相手にしてもらえず、いつ潰れてもおかしくないという不安はずっとありましたね。

取材班:ありがとうございます。そうした不安を抱えながらも続けてこれたのは、強い理念やコンセプトがあったからでしょうか?

與那覇社長:色々あるのですが、中でも「世界の食卓を笑顔にする」というコンセプトに支えられたかな。
やっぱり食べることってすごく大事じゃないですか。たくさんの国に行き、色々な食卓を見てきましたけど、あまり裕福ではない環境であっても、怒りながら食事する人ってあんまりいないんですよね。

それで食べる時は誰もが幸せを感じるひと時なんだと感じて。やはり食卓を笑顔にするって、みんなでハッピーになっていくことなんじゃないかと思うんです。
そうした、「食卓を笑顔にする」という想いをコンセプトに、色々なことを挑戦しています。

次世代に何を継承していくのか

取材班:挑戦を続ける478COMPANY様の独自の取り組みはありますか?面白い制度だったり、福利厚生がありましたら教えてください。

與那覇社長:日々「感謝の朝礼」を行っています。毎朝、9時から10分程度なんですが、昨日までの感謝を伝える会というもので。
朝礼って、いろんな伝達事項や今日の予定を話すのが普通だと思うんですけど、そうした情報は現代ではツールで簡単にシェアできますし、朝礼でわざわざ言わなくてもいいと思うんです。

1日1回、朝の始まりに感謝を発表することで、思考が感謝に向くと考えていますよ。感謝をする練習みたいな感じですね。

取材班:感謝から1日が始まるって素晴らしいですね。では、今後のビジョンと言いますか、どのように事業を展開していきたいかも教えていただけますか?

與那覇社長:会社の目的として「全員成長、全員成幸」を考えています。成幸の「幸」は幸福という漢字です。
「全員が成長して全員がハッピーになる」というのが会社の目的ですが、私の人生のミッションは「次世代に継承していく」ということです。
そのために何をすべきか、常に考えています。

先人達、先輩方がやってきたことがあって、我らが今の時代を引き継いでると考えるのなら、次の時代を背負う若者に、うちの事業を通して今の状況をさらに発展させて未来に繋いでいく、継承していくことが使命だと思っているんです。

ビジョンということではないかも知れませんが、「次世代に継承するために何をすべきか」ということを、よく考えていますね。

起業したい方へのメッセージ

取材班:ありがとうございます。では、最後に起業したい方へのメッセージを頂けますか?

與那覇社長:「考えないで直ぐ動け」ですね。まず行動すること。
特に若い方に伝えていたのは、今コロナで海外とかに行けないのですけど、そうでなければ、今すぐスマホでエアチケット取って海外行け!だったんですよ(笑)

要は直ぐに行動しろということ。考えることはものすごく大事なのですけど、時間は有限なので、後々になって振り返った時に「あの時やっとけば良かった」と、後悔しないように。
結果が失敗だろうが成功だろうが、全てが意味のあることだと考えているので、まず行動してみようと伝えたいです。

例えば海外だと英語喋れないからとか、行き方か分からないとか、知り合いがいないとか、目的がないとか、行かない理由を並べているなら、そんなこと考えずにチケット買ってどっか行っちゃえよって(笑)

空港行って迷子なって英語喋れなくても、仮にぼったくりに遭ったとしても、最悪死ななければ、安全に沖縄で過ごす一週間よりも一人で海外行って帰ってくる自分って、ものすごく成長してると思うんです。
そこにチャレンジしていくことで、これからの人生どう生きるかを考えるきっかけになると思いますよ。

海外に行けってことだけを言っているんじゃなくて、やりたいことがあったらまず行動しましょうっていうことです。やってしまえば意外となんてことなかったと感じると思います。

取材班:與那覇社長、深いお話しを聞かせていただき、ありがとうございます。

株式会社478COMPANYの情報はこちら

今回ご紹介した株式会社478COMPANY様には、未開の市場を恐れることなく切り拓いてきた與那覇社長がいらっしゃいました。

成功も失敗もすべてが学びであり、挑戦することが最も自分を成長させると教えてくださった與那覇社長の強い思いに心動かされたインタビューでした。

そんな與那覇社長とスタッフが一丸となってお客様をサポートする、株式会社478COMPANY様の事業所情報は下記よりご確認いただけます。

事業所名 株式会社478COMPANY
アクセス
住所 〒901-0225
沖縄県豊見城市字豊崎3-84
電話番号 098-850-4785
公式HP https://www.478company.com/

取材についてのお問い合わせ

沖縄で活躍する社長取材については、下記または右側のチャットよりお問い合わせください。担当者が折り返しご連絡いたします。取材費用、掲載費用は無料です!

 

メールでのお問い合せはこちら

電話でのお問い合わせはこちら